<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 30日
ポップカルチャーとしての自転車

「少女自転車解放区」という本が出ている。
お固いマジメな自転車本とは毛色が変わっています。
アキバ系萌えイラスト風の
ポップカルチャーの流れの中で自転車が捉えられている異色の本。

どんな本なのか写真を載せてくれたサイトがありました。
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1619.html

これは面白そうな本ですね。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-30 21:04 | BICYCLE
2011年 09月 29日
複雑化するジャイアントのモデル体系
2012年度のジャイアントのカタログがあったので貰ってきた。

さすがにスポーツバイクのリーディングメーカーに成長しただけに
モデル数がとても多くなっています。
今年は女性向けモデルを多数用意したことで
これまでにないモデル名で出ています。
その他にもクロスバイク系の派生モデルがいくつもある。
しかしMTBの普及タイプはROCK1車種と29er1車種と大幅に絞り込んである。

と言った特徴があるけれど
どうも複雑化して位置づけが分かりにくくなっていますね。
この体系の意味を自転車屋でも簡単には理解できないと思う。

++++++++

ひとつ解ったことは
この体系には販売店別で考えると分かり易くなるだろう。

それはジャイアントディラーで多くなっている
あさひやデポやセオなどの量販店向けである。
これらの店舗向けを無視していたら数をさばけません。
そこでそういった店向けにクロスバイクに派生する
たくさんの種類を出していると考えたらいいでしょう。

一方でGPDになっている専門店には利益率の高い高級バイクを提供するため、
こちらもかなり多くのモデルを用意していると考えられる。
特にMTBは普及モデルが2車種とは対称的にたくさんのモデルがある。
当然ロードレーサーもGPD向けと考えていいだろう。

こうやってカタログ内容を見ると理解しやすいかとおもう。

でも先日書いたように
クロスバイク系はすでに伸びる余地はあまり無いと思うんですよ。
それと女性向けも期待しすぎるような気がする。
やはり車種の特徴はもっと分かり易くしないと
ユーザーは迷い過ぎることになってしまうとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-29 22:06 | BICYCLE
2011年 09月 27日
サドルは大きいのは良くない
サドルを交換してまだ長時間乗っていないので評価は早いですが、
今回のサドルは当たりでしたよ。

前に買ってみたVELOよりピタッとお尻に合います。
そしてこれまで使っていたのは合っていなかったとハッキリ違いを理解した。
どうも下手に大きなサドルは漕ぎに悪影響しますね。
だから今度の交換で妙に下半身が軽くなった感じがする。
足が回しやすくなりました。

このセラ・イタリアのサドルはちょっと小ぶりで見栄えは地味ですけど
裏側を見るとホッチキス止めのような粗い仕上げでなく丁寧な仕上げです。

セラ・イタリアは1万円~1.7万円ぐらいする高級サドルですけど
これは6,000円以下の普及品です。
さらに検索してみたら特価商品にもなっているようですね。
どうやら在庫が多かったようで、さらに安くして売っている。
それでおいらも3,000円未満で購入できたというわけだ。

もし今のサドルが薄くて堅いので辛い人とか
おいらのようなクッションが厚めの大きなサドルの人には
ちょうど良さそうなサドルになりそうです。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-27 22:12 | BICYCLE
2011年 09月 26日
遅かった巡航速度
この際だからサドル交換することにした理由は
サイコンを付けて走ってみたところ
やはり遅かったからである。

感覚的には20km/hぐらいかと踏んでいたのが17-18km/hでした。
ほとんど20Km/h以下の速度で走っていたということになりますかね。
どうりでママチャリにも抜かされることが多いわけで、
しかしこのくらいの速さでちょうど良い具合になっていたわけで
これ以上の速さで無理なく漕ぐにはホイール関係などに手を入れるなどが出てくる。
ですけれども、もっと気になっていたのがサドルでした。

元々キャノンデールのコンフォート系女性向けバイクですのでサドルも幅広のものでした。
今のサドルもGTから引き継いだジェル入りのコンフォートサドルで使っています。
これまで堅めのスポーツ系サドルは付けたコトが無い。
というわけでちょうど安くて良さそうなのを見たので交換というわけです。
XOのFLOWというのはセンターが穴あきタイプで、
表面もけっこう柔らかめなので純粋のロードタイプと比べたら
緩いサイクリングなどには丁度良さそうです。

さっそく交換することに…
実はシートポストも当初からサス付きタイプなのでこれも交換しました。
手持ちの27.2はひとつだけ余っている。
どちらももっと早めにやっても良かったけれど、
新しくパーツを買うのが惜しいのでそのままにしていたわけである。

さて交換してもうひとつ大きな変化がある。
これまでのサドルとシートポストがかなり重いものだったので
自転車を持って見た感覚でかなり軽量になったということだ。
前のはスポーツバイクのものとしてはとても重かったんですよ。
というわけで車重から見ても走りの影響にややプラスになるかもしれない。

これで前のサドルより力の逃げも少なくなって来るから
巡航速度にも多少の変化を期待したいところです。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-26 23:22
2011年 09月 25日
クロスバイク時代の終わりかも
ようやく気温が下がって自転車で快適な季節ですね。
ところがどうも以前より乗っている人の数は減っている気がする。

先日の6号迂回のルートの途中でイオンの自転車売り場に寄ったり
手賀沼の帰りに少し走っている自転車を見たり、
今日もちょっと周辺ポタと守谷の店で自転車みたりとしたけど
クロスバイクは少なくなってきている。

江戸川もそうですが手賀沼もロードというかドロップハンドルのバイクが多い。
クロスバイクは少なくなって、あれほど売れていたエスケープを見ない。
むしろ意外に目に付いたのはフルサスのルック車でした。
すでに消えていくタイプかと思っていましたが
あのスタイルは普通の人の琴線に触れるみたいで
買う人がいなくなることは無いようです。
それに反してクロスバイクの方が少なくなっている。
まぁ、たまたまその時間だったのかもしれませんけれどね。

さて売り場の様子からだとどうか?
イオンではTakedaのクロスバイクやロードが主体となって
やはり以前よりはっきりと低価格路線に変わっている。
守谷のデポでもコラッテックやルイガノの割引が始まって
3万円ぐらいでも買えるようになってきていました。
見ているお客さんがいません。
セオはクロスよりもロードが主になってきているような展示。
目立つ壁掛けはほぼロードレーサーになっている。
お客さんはボチボチいます。
モールの駐輪場もクロスバイクは少なくなっています。
どうも最近いろんな駐輪場でのスポーツサイクルの姿が少なくなっている気がします。
増えているのはブランド不明のクロスルック車ですね。

この傾向は今後どうなるのかもう少し観察して見ていくことにしようとおもう。

+++++++++

さて、そんな脇見をしながらポタをしていたのですが
偶然に安いセライタリアのサドルが特価であったもので手に入れてしまいました。
XOという一番安いタイプですが
これを今のキャノンデールに付けてみようとおもう。
どうもサドルというのはタイヤと同じくらいに
自転車の速度を左右しかねないパーツのような気がしている。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-25 20:15 | BICYCLE
2011年 09月 24日
スタンドを交換する
先日書いたように両立のセンタースタンドを
サイドスタンドに交換する作業をやっておく。

保管してあったのはミノウラのアルミのリアに付けるサイドスタンド。
ずっと前からのシロモノですが、汚れもなく軽量。
…のはずだったけれど問題発生です。
ネジを外して合わせようとすると付けられない。
フレームのステーがスチール用の細い径にしか対応していませんでした。
それでなくてもキャノンデールのアルミは太いので全く合いません。

そんなことで、かなり外観が薄汚れたESGEのサイドスタンドにすることに。
このスタンドには欠点があって、
ボルトが一本絞めなので緩みやすく、スタンドがだんだんズレることです。
でも、手持ちはこれしか無いので贅沢は言わない。
両立のもESGEでしたから同じなのですが、
こちらの方はあまりズレることも少なかった。

さてこれも古いがアルミ地肌がむき出しで黒ずんでいるこのサイドスタンド、
そこでツヤ消し黒のラッカースプレーを塗ってみた。
そのうち剥げるでしょうが気にしないコトにする。

クロにしてから付けてみるとピッタリで
少しぐらい重いものをバックに入れても大丈夫でしょう。
フロントがリフトする事も無くなったのでこれで良しとしよう。
しかしミノウラのスタンドはまたお蔵入になってしまいました。

++++++++

今回は同時にペダルの交換です。
前回のお台場の帰り、踏むと異音がするようになっていたのだ。
クランクも絞め直したけどペダルにガタもあったので交換。

あとサイコンを付け足す。
CATEYEの一番安いのを他の自転車から移植。
一応どの程度の距離と速度で走っていたのか確認はできますからね。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-24 19:41
2011年 09月 23日
線路沿いの道
松戸にある21世紀の森から6号線まで出て
また6号線で取手まで帰ることになったのだけど
北小金から少し南柏に向かう途中で新しい進路を行ってみることにした。
常磐線と立体交差してるところにある平安閣付近から6号線を離れて右に折れる
その先の線路沿いで行けるのか確かめてみた。

結果から言うとこの道は使えた。
これまで6号線の狭い歩道を走っていたのがバカバカしい。
南柏駅からイオンの裏を通って柏の手前まで行ける。
もしも松戸から坂川を北上して北小金まで出て
常磐線の線路沿いから6号線に出るとちょうど平安閣。
これで6号線を使わずに松戸→柏まで行けることになる。

さて問題はこの道を使っているスポーツ自転車は皆無でした。
危ない6号線の車道を走るくらいならよっぽど安全に走れる。
ロードレーサーで飛ばす道では無いけれど
ほとんどの人に知られていないんでしょう。
線路から若干離れるところもあるが、
まず道に迷わないのもいいです。
柏で行き止まりになったら下を通る道から常磐線の反対側に出て
旧道6号から柏公園に出て→手賀沼→道の駅→市役所上がる→我孫子警察手前まで行くと
ほぼ千葉県は6号を通らずに走れることが出来るのだ。

スピード的には遅くなるけれど
いろいろ道の変化に飛んでいるから自転車には向いているわけだが
どうしてこういう道の紹介って無いのかとおもう。
ロードレーサーは6号線を走っているけど危険と隣り合わせである。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-23 22:15 | BICYCLE
2011年 09月 22日
不要になったサイクルパーツ
スポーツ自転車に凝り出すとパーツ交換を始める。
その一歩が軽量化であるわけだが、
そうなると無駄だと思うパーツを外すことをするもの。

手っ取り早いところでは高い自転車では最初から装備されていない
スタンドとか泥よけ、あるいはカゴとかですね。
これは外すだけだからお金のかからない軽量化です。

おいらもクロスバイクなどでスタンドは要らないじゃないかと
ココで言っていた時期がある。
ところがですね、
最近はもうちょっと鷹揚に考えるようになっています。
パニアバックを付けてあるキャノンデールのクロスにはスタンドを付けた。
バックがあると寄りかかるより自立していた方がスマートだと思ったからです。
さらにキャノンデールには泥よけもキャリアも付いている。

しかしスタンドは両立のセンタースタンドを選択しました。
サイドスタンドよりも見た目スマートですからね。
ところがこれが厄介な問題を引き起こすことになりました。
通常だとフロントタイヤと両立スタンドの3点で立っていて
リアホイールは浮いている状態なのだが、
パニアバックにちょっと荷物を入れるとリアが重くなって
そのバランスが崩れフロントが浮いてしまいます。
そしてハンドルが右か左に切れてしまうのです。
これが他の自転車にも触れたりするから最近気になっています。
どうも具合が悪いのでセンタースタンドを外すべきか考えている。

そうなるとサイドスタンドですよ。
幸いサイドスタンドは持っているので
それと交換すべきかどうか考えているところです。
要らないと思っていたものも
こうやっていろいろな変遷を経てまた使うようになるかもしれないのだ。

+++++++++

今日見かけた自転車に
ルックのMTBにママチャリのアップハンドルを付けていました。
そう言えばこういうスタイルをたまに見ますよね。
ママチャリという自転車も不要になったら
そのまま丸ごと廃棄してしまう人がほとんどだけども
こうやって次にハンドルだけでも使うこともあるのだ。

安い自転車パーツだと不要になるとすぐに捨てることもあるだろう。
特に最近スポーツ自転車に興味を持ってグレードアップすると
安いパーツなどに対する価値を見下げてしまったりする。
しかし時がたてば捨てずにおけば良かった思わないように
その時の思いだけで処分しない方がいいとおもいますよ。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-22 22:24 | BICYCLE
2011年 09月 20日
企業の品質
あさひが「フォーブス」で「2011年、アジアの中小企業200社」に選ばれる

  米経済誌「フォーブス」(アジア版、2011年8月31日発売)
「2011年 アジアの中小企業200社」
日本はあさひただ一社のみ。
http://www.j-cast.com/2011/09/13106976.html?p=all

++++++++++

評価はあさひの自転車の品質や整備技術ではありません。
本当は商品やサービスでの品質が高いことと
ビジネスとしての経営が優秀なことと
一致することが望ましいのでしょうが
最近の企業評価ではむしろ一致していない気がしますね。

あさひが特に悪いと言うわけではなく
サービスなどは一般の顧客満足度は高いかもしれません。
しかし多少自転車にこだわりのある人ならば、
この評価を素直に受け取れるかといえば
ちょっと複雑ですよね。
[PR]

by anbsakura | 2011-09-20 23:52 | BICYCLE
2011年 09月 19日
チンドン屋のようなデモ
今日も自転車は買い物のみでした。

ところで本日は反原発デモがあったようです。
何故かこのデモはニュース検索するといっぱいあるw
メディアで63件も扱っている。
フジテレビ、花王はゼロなのに
この差が今のマスメディアの問題なのだ。

さてこのデモの様子をYoutubeで見たけれど
一言で言って変な違和感を覚えるデモです。
どうもマジメにやっているような真剣さが感じられない。
妙に市民を装うカジュアル感を演出しているところがある。
アト日の丸が全く見つけられず、どこかの団体の旗というのも特徴的です。

革マル

三里塚

緑の党、他。

革マル派、全港湾、他。


百聞は一見にしかず、
興味のある人は検索して見てみるといいとおもいます。

参加者の人数も街頭デモの様子をYoutubeで見たけれど
お台場の方が多く見えても3千人-5千人。
2万7千-6万人は相当な水増しかなと思える。

※毎日新聞社が5万人と書いている上空からの写真
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110919/

分かりにくいですね。
新聞社は常に大きな写真をアップしません。
しかし木々の大きさからすれば
それほど広い場所ではないのがわかる。
どうも5千-1万人くらいでしょう。

[PR]

by anbsakura | 2011-09-19 22:21 | News