<   2013年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 28日
ストレートハンドルの疑問
もともとストレート(フラット)ハンドルが急速に広まったのは
MTBという新しい自転車からではなかろうか?
フロントタイヤを地面に押し付けるようにするために…採用したハンドル。

それが今度はクロスバイクへと移った。
ここがよくわからない。
地面を押し付けて走る理由がない。
単純に前傾姿勢が採れるといったところかもしれない。

しかし、すでにおいらは純粋にフラットと呼ぶハンドルは使ってない。
MTBもクロスタイプもシティー車も
全てライザータイプとかベント角のあるハンドルに変更しています。

さらにこのようなアップタイプにしてみたら・・・

a0034181_17242017.jpg



これが想像よりも快適なのですよ。
手首とかが自然でとてもラクなんですね。

ただスピードは出さない、そういう前提ではある。
ゆっくり走るにはすごく合っているハンドルである。

そもそもどうしてそんなに急ぐのか?
多少上がったところで5km/hほど速くなるくらいじゃないか…
それが大したことと思わなくなったらアップハンドルにしてみるといいのでは?
クロスバイクならそれが一番違いを体感できるとおもう。

a0034181_1725772.jpg


本来とてもスタンダードなハンドルであるとおもうけど
スポーツ自転車専門店ではほとんど在庫も無い。
これもシティーサイクルのもの。

「ここが変だよ日本の自転車事情」ですね。


注) アップハンドルではブレーキレバーと変速機の一体式コンポでは無理が生じる可能性があります。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-28 21:17
2013年 02月 27日
Myシティーさいくる、ハブダイナモ+LEDライトにする
ママチャリの進化に遅れること幾年月…ようやく装備してみることになった。

a0034181_21292065.jpg


LEDライトは
http://www.amazon.co.jp/Panasonic-パナソニック-3LEDハブダイナモ専用ライト-SKL093-ブラック/dp/B0060ER6RA/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1361968799&sr=8-4

ハブダイナモは中古のサンヨーのホイール、J1端子。

使ってみた印象は確かに明るい。

けど…光の拡散はそれほど広くない。
最近の明るいバッテリー式と比べると光量もそれほどでもない。
ですがチョットそこまで使う用途としてはこれはイイ。
これまで使用してたリムダイナモの電球タイプよりは明るくなった。
(一応ハロゲン球は入れてあったんですけどね)

++++++++

で、それなら付いていないママチャリに
ハブダイナモ+LEDライトを交換したらいいの?
となると微妙ですね。
ハブダイナモって停止すれば当然ライトが点灯しなくなる。
だからサブでバッテリーライトってやっぱり必要。
となると光量の強いバッテリー式でも問題ないことになります。
点滅式にもできますし。

しかし新しいママチャリを買う場合は考慮すべき装備でしょうね。
この時にハブダイナモ+LEDライトにした方が後々買うより全然お買い得ですからね。
今は新車の時ならちょっと高くなるだけで、ほぼ標準装備品になっています。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-27 22:26 | BICYCLE
2013年 02月 25日
日本の自転車は自立を求められる
春の嵐なのか、ここ数日風があります。
片足スタンドの自転車はあっという間に倒れやすい。
まさかこういう日のためにみんな両立スタンドの自転車選ぶのだろうか?

実のところママチャリの両立と片足の比率って
両立>片足と思ってはいたけれど
その割合って6:4ぐらいかなぁ、と漠然としか想像していませんでした。

しかし改めて駐輪場やその他のところに置いてある自転車を見て…。
両立>片足どころか、もっともっと、両立>>>片足ぐらいの割合のような気がした。
とにかく片足はあまりに少ない。

こんなに差があったなんて思いませんでしたよ。
みんなママチャリ買う時は両立をしっかり選択するんですねぇ。。

これほど両立スタンドの自転車が多い国ってあまり無いのではないだろうか。

やっぱり駐輪施設が貧弱であると言うことですかねぇ?
自衛手段でしっかり自立させるスタンドが無いと困るという結果なんでしょうか。
両立スタンドは重い荷物をいつも持って歩くみたいなモノなんだけど。

動物も環境に合わせるため何世代に渡って生態が変化するように
これが日本で使いやすいスタイルになっているのかな。


+++++++++

a0034181_19574377.jpg


ちょっとデザインされていてカジュアルなママチャリ。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-25 21:28 | BICYCLE
2013年 02月 24日
ママチャリには矛盾とギャップが内包
昨日書いた作業着と一昨日書いたサンダル、
どうも自分の中で矛盾したことを書いてます。
サンダルのように気楽でいいと書きながら
作業着のようではツマラナイと書いてます。

UPしてから気づいたんだけど
書き直しせず矛盾をそのままにした。

ママチャリっていろんな矛盾にまみれている気がする

たくさんあるママチャリだが
そのほとんどが使いっぱなし。
そういうものとも言えるがそれではいけないとも言える。

誰でも乗れるけど
ほとんどは正しい乗り方で使っていないっていうのもある。
でもスポーツ車と同じようにというとそうとも言えない。

とても身近にあって
なにかずいぶん希薄なもののような存在。

ノーブレーキピストを社会問題にするけれども
ママチャリの安全な使い方は誰も気にとめない。

++++++++

2013年のブリヂストンのカタログを手にした。
小売店向けの(量販店向けでない)冊子だが、
オープン価格の安い自転車は載せていないですねー

もう安い自転車自体が存在してないみたいな扱いです。
しかし現実にはカタログ載ってないのがいっぱい売れている。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-24 21:35 | BICYCLE
2013年 02月 23日
自転車の顔がわかるようになるのが大事
人間というには興味の無いものについての識別はかなり大雑把にしかできない、
反対に興味があるものについては細かい部分にまで目が行きます。

もしもママチャリを選ぼうとするなら、ここの部分をもっと鍛えてからになる。
そのためにしばらく見ている時間を持つべきでしょうね。

ママチャリの大部分(・・・だとおもうのだが)
それは作業着のような自転車ではないかとおもう。
会社などで支給される作業着ですね。(高いのはグレーのスーツ?)
で、なんで自分のお金なのに作業着を買うのか
おいらはその心理がイマイチわかりません。

やっぱり自分の物には人とは違ったものが欲しいわけです。
これはスポーツ車であろうと実用車であろうと違いがあるわけではないはず。

・・なのですが、今の日本には大量の作業着自転車ばかりがあるカンジです。
だからツマラナイのではとおもうのです。
ママチャリがツマラナイわけではないのです。

しかし数としては少数としても
乗っている自転車の中にも使いこんだ自転車に味わいがあったり
またちょっとデザインされたママチャリも存在します。
けっこういいセンスを感じるものもあります。
そういった顔がある自転車のママチャリを探すことが大事。
ママチャリを機能と価格だけで考えてしまう選び方はツマラナイ。

+++++++++


a0034181_1704889.jpg


あさひのディアリオ(旧型)なのですが
実はこれをよーく見ればブリヂストンのマークローザの設計思想をコピーしてます。
クランク後ろのチェーンガードがマークローザタイプですね…
意外にあさひの自転車ってこういうインスパイアが多いようです。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-23 20:50 | BICYCLE
2013年 02月 22日
ママチャリは趣味と成り得るか?
だいぶママチャリに関する知識もついて来た気がする。
そうなるとこれまで見てなかったものも見るようになってくるもの。

ふと周りを走っているママチャリを見てしまう。
これはこれで面白いものである。
スポーツ自転車っていうのはそれほど見かけないけど
ママチャリはどこでもいますからね。
スポーツ自転車ほど関心のなかった分だけ新発見もあったりする。

そういったところから趣味にも成り得るとおもうわけです。

これまではママチャリをスポーツ自転車に変えるにはどうすればいいか?
こういう視点で見ていたので
おいらのシティー車であるBSでもサドルやタイヤなどをスポーツ車と同じように改造している。
つまり亜スポーツ自転車になっている。
それでもパーツの互換性からするとママチャリをスポーツ自転車のように改造するには限界がある。

こういったスポーツ自転車思考を清算してママチャリをスポーツ風味に改造するのでなく
スポーツ自転車の知恵をフィードバックしながら、
ママチャリの世界を創るのが面白いのではなかろうか?
かなり・・・やることはかなりいっぱいあるのだ。
レンタル自転車のようなダメママチャリでない自転車へと変化させられるはずです。

a0034181_17594571.jpg



ママチャリを趣味とする利点も大きい。

まず場所取りがスポーツ自転車より楽だということ。
スポーツ自転車だと室内保管が基本ですからどーしても保管スペースがいる。

それから実用的な側面があるから盆栽化する恐れもない。

ママチャリはスポーツ車と別の風景を楽しめる。

自転車の入手性が楽で、デザインも色々ある。
外見のデザインとか色とか、ママチャリを選ぶ上ではとても重要である。
どこかピンと来る自転車を選ばないと愛着が持てないことになってしまう。

しかし古ーいママチャリをレストアするっていうのだけは止めた方がいい、
昔おいらはそれで失敗して手を出さなくなったトラウマがある。
ここだけはやっぱり程度がいいものを選ぶべき。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-22 21:20 | BICYCLE
2013年 02月 21日
自転車1キロ、95.55円で販売
「撤去自転車で詐欺」 京都市、引き取り業者告発
2013.2.7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130207/crm13020714490022-n1.htm

 京都市から放置自転車を引き取っていた業者が、重量に応じて市に払い戻す代金をごまかしていたとして、
市が詐欺容疑で京都府警に告発していたことが7日、市への取材で分かった。

 市は昨年9月下旬の5日間で数十万円の損害が確認できたとして告発。業者は2010年度から契約をしており、
被害額は数百万円以上に上るとみている。業者は重量を過少申告していた。

 市によると、所有者が名乗り出なかった放置自転車は、リサイクルで処分し、それでも残った自転車は公募に応じた選定業者に引き渡している。

 12年度は1キロ当たり95・55円を市に払い戻す契約を業者と締結していた。


++++++++

なんと大雑把な契約なのだって、そっちの方に呆れます。
自転車だって色々ある、自転車を冒とくしている気さえする。
しかもこの価格って高い、高すぎないだろうか
リサイクルでも売れない自転車を1台1500円〜2000円で売っている計算になる。
これでどうやって利益が出せるのか、
業者を責められない気がする。

ちなみにふつうは引きとって貰う方がお金を払って処分するか
下取りで自転車屋に無料で引き取ってもらいますよね。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-21 21:06 | BICYCLE
2013年 02月 20日
外装6段のシティーサイクルに乗ってみた(2)
考えてみるとママチャリの外装6段に乗ったのは初めてです。

日頃スポーツバイクを趣味とする人の中にも
ママチャリについては軽く否定的に意見されたりするのも散見するが、
これまでのシングルや内装3段のママチャリより
外装変速に慣れてる人は使い易いから
見直してみるといいのではないだろうか?

仮にこのタイプをサンダルと考えてみたら
サンダルを否定的に言うのはバカげている。
日頃ちょっとそこまで出かける時にサンダルは重宝するものであり
スポーツシューズや革靴には無い使い易さがあるのだ。
そういったことを考えさせてくれた気がする。

その後

自分のBSのシティーサイクル、ラクッション内装4段に乗ったところ
今まで知らずにいた違いを感じ取ることになった。

それはBSの方が重厚感のある乗り味なのだ!
今回の6速ママチャリはそれこそサンダルのような軽い感覚。
どちらもフレームは鉄だし車重だって同じようなはずなのに
・・不思議です。
BSを2000ccの車とすると今回の自転車は軽自動車って感覚に近い。

だけども軽自動車であったからと言って否定するつもりは無い。
考えたら軽自動車の方が気楽に使える場合もある。
だから同じママチャリでも違うのだ。
このタイプの安い自転車を好む人の深層心理って
この辺りにもあるのかもしれない、
って何となく理解できる気がした。

++++++++

最近とても多くなった外装変速のシティーサイクル

a0034181_212821.jpg


※写真の自転車と記事に関連はありません。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-20 22:36 | BICYCLE
2013年 02月 19日
外装6段のシティーサイクルに乗ってみた(1)
丁度いいタイミングで乗れる機会があったので乗ってみた。
だけど自転車のメーカー不明・・・です。
ダウンチューブにあった名前は単にモデル名のようで後で調べても出てこなかった。
言ってみると本当にみんなが乗っているようなありふれたママチャリ・・です。

まだそんなに使い込んだモノでないので程度はいい状態。
パーツなどを見るところ1万3千円くらいと予想、
だけどアッセンブルはかなりバラバラな感じがする。
クランクは鉄だがシートピラーはステンレスだったりする。
ハブに無名の中華製でなくSUZUEが入ってたりしているのも
その時にある部品で組み立てしているせいなのかもしれない。
幸いピラーが25cmぐらいあったので異常に窮屈な漕ぎを強いられずに済んだ。
これがちょっと上げるとすっぽ抜けるような短いのでは試乗も難しい。

乗ってみた感じ・・・ん、まぁまぁいいんじゃない・・思ったよりいい
と言っても10分くらいだったんですけど…あくまでその範囲の中での印象。
ターニーはカチンカチンと変速するけど確実。
それでギアを小まめに変速していれば重いとか軽いとか文句も出てくることもない。

あと少しふらふらするなぁって、思ったのだが
これはプジョーの時にクイックだと感じたのと同じだった。
いつも乗っている乗車姿勢がやや前傾なので
それをアップハンドルでも合わせようとしてふらふらしてたようです。

ママチャリの場合は背中を垂直にする、という意識に変更しないといけないようだ。
だが、そうやって乗るとこの自転車のサドルが薄っぺらいのが気になり出す。
高いママチャリと比べ最低ランクのが付いていた。
ママチャリのサドルは意外と重要なポイントなのかもしれない。

とりあえず、これはこれで下駄として十分使えるなぁって
乗っていてそう感じました。
スピードも速いわけでないけど遅くもなし。
大きな坂が無かったので重いというのも意識せずに走れた。

+++++++++++

a0034181_2051743.jpg


[PR]

by anbsakura | 2013-02-19 21:44 | BICYCLE
2013年 02月 17日
J2端子はまだまだ少なかった・・でした。
昨日書いたハブダイナモ端子について
実際はどうなんだろうとホームセンターまで現地調査してきた。

またまたちょっと勇み足だったようです。

シティー車ではまだまだJ1端子が主流のようです。
シマノのネクサスのハブダイナモはJ2端子でしたが、
それもライト側が1線式のものが付いているのはマイナス端子は使ってません。
結局J2になっているライトシステムは2車種だけしか見つけられなかった。
まだ過渡期の段階にあるようです。

しかしシティーサイクルのLED化については
リムダイナモ含めほぼ全て切り替わっているようだった。
あまり変化しないようなママチャリでも時代の変化が起きていた。
もう豆球ライトは特価品の自転車ぐらいしか採用されていないのかもしれない。

a0034181_19345493.jpg


LED豆電球

上の写真は従来型電球のライトをLEDライトにしてしまう豆球。
こんなニッチ商品が出ているのだ。
ただちょっと高いので本体一式買った方がよさそう。
これは100円ショップで商品化して欲しい。


+++++++++

a0034181_19354785.jpg


チラッと見たときラーレーのような…って思って近づいたが
ダウンチューブの文字は、TOP ONE ?
わかりませんので帰って調べた。
画像検索で下のページを見たら、MCR-276という型式
http://item.rakuten.co.jp/kyuzo-shop/to-mcr276/

通販で送料無料 14,800円也
正直パッと見た目ではそんな安い自転車であると予想しなかった。
[PR]

by anbsakura | 2013-02-17 20:45 | BICYCLE