<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2013年 04月 30日
柏の葉にもあさひが…
置いてある自転車は到って平凡な、T国立大学にて。

a0034181_1872698.jpg


退屈なCRをパスして柏の葉公園を抜けて走っていると
またここにもあさひが出来ていました。

どこの店も同じだろう、
と思いながらも一応見てみる。

a0034181_1810137.jpg



いや、同じではなかったですねー
ここはフロアーが板張り風に作ってあるせいか
他のお店に比べてシックな雰囲気です。
さらに入口から奥に細長いレイアウトになっていて
これまでのように数だけは多く展示するスタイルと違って見やすい。
さらに二階があってこちらはスポーツ車コーナー
道路側はガラス張りになっていてこれまでの空間処理よりずっと良くなっていた。

同じ安いあさひの自転車も何だか高級品に見えてくる
包装紙がいいと良いモノに見えてくるのだ。
出来たばかりでもあるのだろうがお客がけっこういました。

これで近くのHODAKA店はかなり影響するだろうなぁ
どちらかというとこっちの方があさひよりいいと思う商品だけど
雰囲気であさひに負ける。
このままだと苦戦するだろうなぁ。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-30 21:34 | BICYCLE
2013年 04月 29日
今日のミニベロは30%ブーストアップ
暖かくなってカラダオイルの潤滑がよくなったから?

a0034181_18203450.jpg

これまでどうも面白くないと言ってきましたが
これを少し訂正しないとマズイ。

実は出かける時にちょっと距離があるためタイヤの空気を継ぎ足しして出発した。
それから妙に軽く走れることになる。
サイコンも付けたので見ていると25km/hぐらいで走っている。
微風の追い風だと30弱まで出している。
暖かいせいかなって最初は思ってたけど
こりゃ空気圧だろうなぁって原因を予想しながら
約65Kmほど走りそれほど疲れもせず帰ってきた。

このミニベロは英式バルブなので
これまで空気圧を測っておりません。
そこで正確ではないと聞くけれどゲージの付いた空気入れに
英式の時に使う金具を差し込み空気圧を見たところ…
フロントが約4.5、リアが約4.8入ってました。

つまり英式では3気圧ぐらいが標準というのが頭にあったが
今回はもっと入れて走っていたのだ。
けっこう重大な事実を見つけた気がします。

ミニベロがママチャリのような3気圧程度だと走りは重くなる。
特にドロップにしたらパフォーマンスが引き出せない。
ということで英式であろうと仏式であろうと
スポーツバイクのスピードを出すには空気圧が3気程度ではダメってこと。

この方程式を当てはめると安い折り畳みの自転車であっても
ママチャリより空気圧を上げればスピードが出るかもしれない。
この場合注意したいのは安い自転車はリムの強度とか弱いとか
リムテープが貧弱なので交換しないとチューブを痛めるだろうから
その点は注意が必要になると思うが試して損しないだろう。

これまで英式は3気圧ぐらいって呪縛に囚われていたことに気づかされた。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-29 20:42 | BICYCLE
2013年 04月 28日
フロントセンターにライトをつける
ミニベロにライトを付けた。

a0034181_1552640.jpg

折り畳みのトランジットもココに持ってきてあるけど
ここが一番しっくりする位置だとおもう。
この場所はヨーロッパ車では定位置。

日本の自転車はカゴがあるから右サイドでしたが
最近ブリヂストンでもカゴの前に付けるようになってますよね。
ホイールの陰が出ないような場所がこの位置ですから
至極当然なわけなんだけど…
これも所謂前例主義っていうのか、考えないまま右に付いてましたね。

+++++++

フロントディレイラーはシートチューブ径が違っていたので
バンドが割れていた別のを代用にした。
捨ててしまわずに置いておいてヨカッタ。

カギはカーボン柄のがディスカウントで200円弱で買っておいたもの。
まだリフレクターが付いてない。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-28 20:23 | BICYCLE
2013年 04月 27日
ミニベロに装備品の追加
この前に組み立てたルイガノと同じドロップハンドルのブルーノ、
おいらの乗った印象と似たようなことが書いてあった。

http://ohmura.blog29.fc2.com/blog-entry-813.html

走ってもどうも面白くない、と
やはりそうなんだなぁ、
って自分が感じたことと合っていたから一応間違ってはいなかったようだ。
イメージではもっと走りそうってところがあるけれど
20インチのミニベロをドロップハンドルにしても
実際にはあまり得るところがないのかもしれない。

++++++++++

とはいってもバーテープまで新しくして組んだから
これを変更してしまうのはしばらくやらないつもり。

なので、別のところで少しいじっていきます。
◯ボトルケージが先日手に入ったから付けてみた。
◯サイコンを別の自転車から移してきた。

さらにライトを付けることにしょうと、
眠っていた古いダイナモと電球のライトでやってみることに。

a0034181_19282466.jpg



フロントディレイラーもあるけれど前を2段にするわけでなく
チェーンガードの代わりです。
というのもこのディレイラーが無いまま使って
ズボンの裾にチェーンの油がついて真っ黒いになってしまったから。
フロントギアにまったくガードが無いのは
ミニベロのような軽く走る自転車ではやめた方がいいです。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-27 21:10 | BICYCLE
2013年 04月 26日
ママチャリ内装3速のシフトワイヤー交換について
ママチャリ内装変速のシフトワイヤーって
インナーが両側がタイコになっています。
したがってインナーだけ交換は出来ずアウターとセットになっている。

で、もし動きが悪くなって交換するとしたら・・・
このワイヤーだけを交換するのでなくて
シフターを買えばついでにワイヤーが付く
絶対にそっちを選択した方がいい。

a0034181_19311398.jpg


というのもワイヤーだけでも結構な値段
この価格に関してバラけていて900円近いのもあれば600円ぐらいで売ってたりする。
けっこういい加減なところがママチャリパーツにはある。

で、シマノのカタログ(2012年)を見るとどうもシフターを選ぶとワイヤーも付属する。
ワイヤーの長さはいくつかあるから販売店で指定すればいいらしい。
そのセット価格が1100円〜1400円ぐらいなのでワイヤーだけ交換するよりいいとおもう。
特に写真上のレボシフトはグリップのゴムが劣化してベタベタになっていずれダメになる。
前と違う新しいシフターにすれば気分も変わるし動きもさらに良くなる。

これはシマノパーツを買う場合のちょっとした裏ワザですよね。
スポーツ車のブレーキレバーを買うとブレーキワイヤーが付いてくるのと同じ。
でも知らない人が多いとおもう。
店でもシフトワイヤーは什器のフックにあっても、シフターセットは見かけない。
たまたま某ホームセンターで3つ置いてあったが
シフターとアウターがセットになって袋に入り1200円ぐらいでした。
Amazonより安い、というかこのパーツAmazon高いです。


この下のはシマノでなくダイアコンペのシフター
シマノだけでなくダイアコンペもあるのですねー

a0034181_19315188.jpg



++++++++++

ママチャリって白いフレームのが少ないのです。
不人気の色らしい、
ちょうど6段のママチャリは白いのですが確かに他に見ません。
どうも安っぽい感じがするような気がしてましたが・・
今日白いママチャリと遭遇、
いや、そんなに悪くないぞっておもった。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-26 21:52 | BICYCLE
2013年 04月 24日
内装3段、これまた情報が少ない
自転車の販売台数のほとんどがシティサイクル、いわゆるママチャリの部類なのだが
それに関してネット上ではスポーツ車と比べようがないほど情報量が少ない。
検索すれば知恵袋か楽天のサイトばかり。

内装3段についても製品に関して調べてみると出てこない。
リアのベルクランクに新しいタイプがあったので
それを検索してみたら販売店でさえも登録されてないし、
詳しい説明の記載もなかった。

シフター部分の近年の変遷などが
http://dt6110.web.fc2.com/parts/naisou1.html
ここを見ると少しわかった。
自転車のシフト部分を見れば自転車の古い順が
だいたいここからわかることになる。

この他にもピアノ式のシフターもあるし
今は廃番となってしまったラピッドファイヤーもあったんです。
これはレアなパーツで探してる人もいる。

ベルクランクで新しいのはSM-BC06という型番。
上のサイトの最後の方にある。

a0034181_22264217.jpg


このデザインはママチャリでなくてスポーツ車に似合う。
これなら内装3段のクロスバイクみたいになりそうですよね。
※古いベルクランクとの互換性がないらしい


もう少し続き4/25
上の写真はハブがシングルのように見えるので、もしかするとダミーだったかもしれない。
いずれにせよこういったベルクランクがあったことは知らなかった。
ママチャリに付けてるのはプレスエンドに合わせて金具が作ってあるし
キャリアや泥除けステーと一緒に共締めするのでこれは使えないだろう。

このベルクランクは写真のようにシンプルに単独で使う時に合っているようなので、
ママチャリ以外に内装3速を使わない日本の自転車事情では見かけないのだ。
このベルクランクは外す時が後ろにあるネジを緩めれば外れるようなので、
車輪を外すのがママチャリより簡単というメリットもあるように見える。

こういった製品の存在は海外では内装3段の利用が
日本のママチャリと使われ方がまた違っているからだろうと推察できます。

さらにもうひとつ
カセットジョイント式っていう内装3段もある。
これはインター8などのハイグレードと同じ出っ張りが無いタイプ、
これも日本のママチャリ市場ではまず見かけることがないだろう。
いつも我々が見ているママチャリのはプッシュロッド式と呼ばれるタイプである。

これまでママチャリの内装を全く気にしてないため知らなかった、
これから少しは注意して見ていこうとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-24 22:30 | BICYCLE
2013年 04月 23日
変ったリフレクターだなぁ
きっかけはそんな軽い感じで撮っておいた自転車
このリフレクターも何か別のものを利用したんだろう、
ぐらいに思っていたのですが
どこの自転車か確認してみようと拡大して

ダウンチューブとフロントフォークから読み取ると・・・

STEVENS

a0034181_18445456.jpg



へー、ドイツの自転車でした。
これは珍しい、こんな片田舎で…
よくみるとフロントライトもアチラのデザインだし
リアのカゴも横置きという日本の定石とは違ってますねー
[PR]

by anbsakura | 2013-04-23 21:16 | BICYCLE
2013年 04月 22日
内装3段はママチャリ専用ではないはず
どうも日本の特殊性でしょうが
内装3段って非常に手軽に買えるわけですけど
考えて見たら機構的には精密機械なわけで
それなりのコストがかかっている贅沢な自転車部品であるはず。

ところが使われるのがママチャリばかり
下の写真のような自転車って皆無ですよね。

a0034181_21224263.jpg


http://khsbicycles.com/bikes/2013-khs-models/green/

こういった自転車が男向きなわけで
スポーツ車でないにしろ片道10kmぐらいならこれで十分なはず、
これぐらい各会社でひとつのモデルが出ていてもおかしくないスタンダード。
何故作らないのか自転車業界七不思議のひとつではないか。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-22 21:53 | BICYCLE
2013年 04月 21日
オバチャン乗りをする理由
オバチャンがペダルの片足乗せて
助走しながらサドルに座るオバチャン乗り、
どうして中年以上の女性に多く見られるのだろうかという疑問。

それが昨日リアのスプロケットについて書いたことで何となく掴めた。
あれが14Tとか16Tってスタート時に使っていると考えれば…

たぶんゼロスタートの乗り出しが重いから。
簡単に言ってしまうと若い頃より体重が重くなって体力も衰えている、
さらに自転車のメンテナンスも苦手で空気圧も少なくなっている。
内装ギアもほとんど固定して使っている。

したがって通常でも重い感覚があるママチャリのギア比では
立ち漕ぎしないとスタートできない。
したがって助走しながら走り出すとちょうど楽に漕ぎ出せる。

っていう理由かもしれない。

走り出すと平地だとママチャリが重くてもそれほど力は必要ない。
そのかわりちょっと緩い坂になっても降りてしまいますよね。

・・・って翻訳しないと
女性は理由が分からないのかなぁ?
リアのギアを大きくしてもらいましょう。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-21 20:33 | BICYCLE
2013年 04月 20日
ママチャリのシングルギアを買うのは今はちょっとパスしたい
ママチャリは内装3段よりもシングルが潔いと
以前から考えていたのですけど

そのシングルギアについて
ココを見たらこれはマズいと考えの修正をすることとなった。

http://www.myring.jp/charepair/kaizou15.htm
最近の自転車の後輪ハブはフリー(スポロケット)が一体型になっているため
歯数比の調整をする場合はリム組を全部ばらし、目的の歯数のフリーに交換する必要があります。


ここの写真にあるような作りなのか?
参照:http://urekko-cycle.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=912446&csid=0
a0034181_1650994.jpg



このように一体化した製品になっているらしい。
そうなると自分にはギア比が合わないから変更したいと思ったとしても
変更することができなくなっているのだ。
しかもギアも14Tか16Tの2種類しかないようです。

これはおいらのブリヂストンのシングルのハブ(10年以上前のもの)
構造が全然違っています。
a0034181_16522799.jpg


a0034181_16525245.jpg



写真だと爪の下にOリングの割れ目があるから、
そこを引っ掛けて外すと下の写真のように外れる。
したがってリアのギアも交換できるのだ。
これは内装式と同じだ。
ちなみにこのギアは19T、フロントが通常のより歯数が大きいためである。


もっとも交換する人がほとんどいないのも現実なんだろうけど、
それでもやはり換えたいと思っても換えられないのはよくない、
ここを固定化させてしまうのは合理化の行き過ぎではないかと思う。

※内装3段はおいらのシングルと同じになっているから交換可能
したがってギアの重さをスライドして変更できる。

ということで内装タイプを高くても選んだ方がいいとおもう。
あるいは外装式の6段。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-20 18:34 | BICYCLE