<   2013年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2013年 12月 28日
ママチャリの座標軸
最近はママチャリ関係のことをよく書いてきました。
そういったことでママチャリを見る目も大分ついてきたかなとおもう。
どれが安いのか高いのかも雰囲気で区別できる。

ただ何百種類とあっても同じような自転車に見えることには変わりはない。
ここでママチャリのコンセプトって何だろうと考えてみると…
どうしても耐久性というところで高いモノと安いモノに分類されてくる。

しかしそれ以外のコンセプトは無いのだろうか?
この部分が実にわかりづらい。
スポーツ車ではだいたいわかるけれど
ママチャリは似たり寄ったりのデザインで違いがわかりません。

ブリヂストンでは名前から一部類推できるのがある。
ジョブナ(丈夫な)とかカルーサ(軽さ)です。
これも見落とすと何のことかユーザーは気づかないはず。
ジョブナは男子中高生などに向いた自転車、
カルーサは中年女性などに向いた自転車、
たぶんそういうコンセプトであろう。

でもメーカーがそういう意図で作っているって
販売店の店主などから説明されないとわからないでしょうね。
自分もその違いを直感的には理解しえなかった。
あまり自転車が変わったところがないですからね。

ママチャリの多くは座標軸でいうと
一元的な違いに寄っているところがあるとおもう。
それが最初に書いた耐久性(サビも含む)というところの違いです。

でもね〜
これだけでは・・・・
そういうわけで何百種類あったって
同じにしか見えないのは当然だともいえるわけです。
なぜママチャリが同じに見えるかの理由は
そんなところにあるのではないでしょうか。









[PR]

by anbsakura | 2013-12-28 22:28 | BICYCLE
2013年 12月 27日
ノースロードハンドルが使えない
BSのシティー車についてるオールランダータイプのハンドルを
ママチャリのようなノースロードタイプに交換して
ハンドルカバーを付けたいと思っていたのだが…

ずっと前の自転車についていたノースロードハンドルが箱の奥あった。
ステンレスなのでサビもないから取っておいたのが使えるかも…
問題は変速ボックスが付いた右のレバーだ。

試しに右だけやってみると・・・
やっぱりダメです。
ハンドルグリップの長さを足したさらに奥まで入らない。
かなり手前でハンドルのカーブポイントに引っかかってしまいました。

ハンドルカバーはハンドル交換しようとしても出来ないので
BSシティー車には付けられないということが判明した。

++++++++++++

さて、ここでわかったのは(なんとなく分かってはいたが・・)
ママチャリに使われるアップタイプのハンドルには
クロスバイクなどに使われるシフトレバーとブレーキレバー
一体型タイプが使えないってことです。

ラピッドファイヤータイプであるならハンドルは必然的に
フラットバーかオールランダー型にしか使えないのだ。
これはちょっともったいないなぁ
ノースロードでも出来るとクロスバイクのポジションが楽になるのに…

対応するのはママチャリでも使われるグリップ式になる。
そうすると6か7段が主流である。
クロスバイクをシティーサイクル化にカスタムする場合は
ここがネックになるなぁ〜








[PR]

by anbsakura | 2013-12-27 22:29 | BICYCLE
2013年 12月 25日
ダホンシボレーの折り畳みヒンジが引っかかる
帰りに乗って来れなかったため
しばらく某所で駐輪してたのを引き上げてきた。
こういう自転車なので盗難とかの心配も気にせずだが
長いとさすがに気になる。

a0034181_19474277.jpg


その折り畳みしボレーであるが
ちょっとした欠点というか欠陥というのか
折り畳みヒンジ(左側)にズボンの裾を引っ掛けてしまいます。
風で裾が車体側へ流れてると巻き込まれてそうなります。
気にしていたけど破けてしまいました。

写真で見るとわかるように角があります。
そこに裾の内側が入り込み
ペダルを回しているので引っ張られるわけです。
こういう小さな部分っていうのが作り込み不足ですね。

++++++++++

それはそうと最近はミニベロに遭遇することが増えた気がします。
自転車ブームの生き残りが小径車となっているのは意外です。
ただ前にも書いたけれどあまり高価なものって、
どうなのかなぁっておもう

たとえばこのダホンシボレーとブロンプトンの比較
乗ったことないけど凄い差があるとは思えない。
むしろ気楽に使うならダホンシボレーが気兼ねしないで済む。
ブロンプトンを数日間野外駐輪させるようなことはできないだろう。

スピードはそれほど気にせずに使うっていうのが
このタイプの自転車ではないかとおもう。
取りに行く時に歩いてたらたまたま小径車が抜いていったが
ゆっくりでも歩くより数倍早いのだ。

それから小径車は絶対に軽量であることが好い効果を発揮できるとおもう。
低速域で加速をくり返すことが多いため、重いと鈍重になってしまう。
この点ダホンシボレーは合格しているとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2013-12-25 21:32 | BICYCLE
2013年 12月 23日
骨だけ残ったサドル
a0034181_181406.jpg

レールとスプリングだけ残っているサドル…
不思議な景色に折り返して撮る。

これ簡単に外せないはずなんだけど、
どんな理由でこのままになっているのでしょうか。

+++++++++

24日 追記

コメントを頂いて乗車の仕方や取り扱い方によっては
こうなってしまうとわかりました。

で、注意してみると…シートポストが長いです。
これは恐らくロングピラーと交換しているのではないでしょうか。
ということで使用してたのは長身の男性と考えられるわけで、
やっぱり少なからず乗り方がハードだったものと想像できます。
[PR]

by anbsakura | 2013-12-23 20:10 | BICYCLE
2013年 12月 21日
売上げ横ばい、割安な商品に流れる
円安になって10%から20%も自転車が値上がりしたが
その結果どうなったのか?

あさひの今年の決算報告から少し見えてくる。

既存店の売上げは横這いで落ち込みはなかった。
そのかわり値上げして高くなったモデルを敬遠して
ランクを下げて下のモデルを買うという結果になったようだ。

つまり支払う金額は据え置きっていうことですね。

これはだいたい予想してたなぁ・・
何故なら自転車に詳しいわけでないから
金額ベースで決めている人が大多数と考えられるからです。
先日書いた3万円のママチャリの話と関連するが
良質のものはさらに少なくなっていくようだ。

+++++++++++++++

情報は以下のソースから
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNZO6440360020122013000000/






[PR]

by anbsakura | 2013-12-21 20:06 | BICYCLE
2013年 12月 20日
フロントシングルではしんどい
先日クランクを変えたことを書きましたが
あれはフロントをシングルにしたのを3段のものに戻したのです。
本当はダブルのものがいいのですが
ガード付きが手元になかったので3段のクランクを入れ替えた。

で、シングルにした理由もまた別にあるわけだが
それは置いといてやはりシングルだとしんどい。
700Cの前が48Tでリアスプロケットのローが最大で30Tだったけど
少し乗ってみたところでちょっとした坂で売り切れる。
もうちょっと軽いのが足らない。

その結果フロントシングルは早々に辞めることにしたのだけれど
これがもしもルッククロスやシティ車などになると
フロントギをダブルやトリプル化に気楽に交換しようという車種ではない。

+++++++++++

そこでリアのスプロケになるのだけど
ほぼボスフリーのものだけ
ローだけ特別大きいギアが付いてるメガレンジタイプというのがある。

あれ、カッコ悪いなぁってイメージでした。

しかしフロントシングルならばあれは必須でしょう、
最大で34Tでその下が24Tなので10Tも差がある。
でも…
あれはフロントインナーギアの代用なのだ。
そう考えるとけっこう賢いギア配置に思えてきた。

フロントシングルの自転車はメガレンジ付きにした方が
実用性を考えると乗りやすいかもしれない。

追記)
クロスバイクで前がシングルタイプがあるけれど
ギア比のキャパがせまくなるからあまり良くないとおもう。








[PR]

by anbsakura | 2013-12-20 23:10 | BICYCLE
2013年 12月 18日
ママチャリでヒルクライム
自転車の愛好者のサイクルイベントでも
高級な50万、100万円もするようなロードが参加してくる。
これに対して10万以下の自転車で参加する人もいます。

はて?これでレースをしたらアンフェアになるのではと思ってたことがありました。
片方は7kgぐらいのカーボンロードで
一方は10kgぐらいある鉄やアルミのロードですから
これなら軽い自転車が有利でしょう、と。
たぶんそういう思惑があるから参加する人もレース機材は軽量化するわけです。

特にヒルクライムは、軽量化をもっとも意識するレースだとおもう。

しかしです、先日の追い風の話の続きにもなるが
ママチャリにミクのコスプレを着て参加している「キクミミ」氏のヒルクライム、
(どんな方かは検索してみてください。)
彼のレースを見て考えましょう。↓


撮影者さんもかなりの脚力の方ですが16分すぎに千切れてしまいました。
本格派のロードレーサーをかなりのハイペースで追い抜いていきます。
とにかに見ていると笑いが出てきてしまいました。
時間があったらみて損しないですよ。


ママチャリはブリヂストンのマークローザのようです。

純粋なママチャリではないですけどクロスバイク以下であるのには変わりありません。
リアスプロケットもかなりクロス気味なので軽いギアで登ってはいないとおもいます。。





[PR]

by anbsakura | 2013-12-18 21:32 | BICYCLE
2013年 12月 16日
クランクに亀裂が・・
ある理由から土曜日にクランクを交換しておいたものが
今日見てみると、フィキシングボルト付近で亀裂が入っていました!
交換しただけで乗っていません。
a0034181_21185516.jpg

a0034181_21193256.jpg
考えられるのはBBのスクエアーのテーパー角度と
クランク側とのサイズが若干違っていたのかもしれない。
ボルトで締めた時にズレがあって広がる力が働いたとも考えられる。

あとはアルミの劣化があったのかもしれない。
クランクは新しいものでなく7-8年前の自転車からのもの。
SRサンツアーの安いクランクで強度が弱かったのかもしれない。

あまりこういう壊し方しないのですが…
いずれにしろ使うと危険なので外しました。







[PR]

by anbsakura | 2013-12-16 23:05 | BICYCLE
2013年 12月 15日
追い風の研究ー空気の壁
木枯らしが吹くようになってきました。
なぜ冬になると風がよく吹くのかよくわかりませんが、
これが寒さと並んで自転車に乗るのには憂うつにしてしまう。
向かい風になると抵抗がハンパではありません。

しかし逆に追い風になるとこれが何とも言えない快感に変わる。
で、その状態になると自転車も良くなってくるような気がする。
錯覚ではなくてホイール自体が無風の時よりも滑らかに回っている。

ふと、その状態で走っていて気づいてしまった。
これまで追い風って、背中から受ける風の力によるものと漠然と理解していた。
しかしそうじゃない。
これは空気の壁が無くなっているからだって、ことなのだ。
同じようでまったく違う。

++++++++++

そもそも後ろから風に押されたところでたいした力ではない。
それが何となく不思議に感じてたのは…ある。
それより空気の壁が取り払われたことでドンドンと進むわけだったのだ。
この影響力は絶大でママチャリでもロードのように軽く走れるようになる。

この追い風の力…空気が前方に立ちはだからないことによる加速化は
どんなチューンナップよりも効果があるのは乗っていれば実感しているはず。

と言うことは、、
空気の壁に対して自転車の軽量化が役立つか?
そう、まったく関係ないってこと。

つまり高速域になると空気の壁によって加速が抑え込まれてしまう。
いくら軽量化しても空気の壁はどの自転車であっても等しいのだ。
したがって軽量化は空気の壁が比較的小さな低速度では効果があっても、
30km以上になってくるとやはり空気の壁にぶつかる。
そうなってくると軽量化したところで無意味になってくるのではないか。

軽量化の神話みたいなもので
軽くなれば速く走れるというのは低中速度域での話ではないだろうか。

ロードバイクのツーリング等では集団走行で空気抵抗をなるべく少なくするため
よく接近して先頭の後ろに付いて走る。
でもこれって無風や向かい風の時はいいけど
追い風の時も守っている必要性あるんだろうか?
追い風の場合は車間距離をとって走ってもいいはず。
その方が安全ですしね。









[PR]

by anbsakura | 2013-12-15 20:16 | BICYCLE
2013年 12月 12日
ハンドルカバーを着けて試走してみた
やはりフラットタイプはこのハンドルカバーには合っていないのだ。
通常使えるのはママチャリによくある手前まで曲がっているタイプで、
フラットタイプには別に専用のものを選ぶのが正しい。

さらにこれは右にオート変速を操作するBOXが付いている。
現在はマニュアルで使用中なのだが
ハンドルカバーを付けていると
スイッチまで奥に指先を入れにくいという問題が発生。

なのでハンドルカバーは片側使用という変則で使ってみた。

a0034181_19235385.jpg


合わないと感じたひとつは袖口の隙間から空気が少し入ってくること。
わずかですけど手の角度からカバーが開き気味になってしまうため。

保温効果ですが比較的暖かい時間だったので
逆にこれは手が暖かくなり過ぎます!
例えて言えば布団の中に手があるので運動すると汗ばむ状態。
外気温が寒くて手が冷たくなる状況下でないと
ハンドルカバーに手を入れているのは、かえってうっとうしい。

それほど寒くないなら手袋の方がいいとおもう。
空気が冷たい朝晩、8-5度以下になってからでしょう。

反対にそれほど寒さを感じない気温だとかえって必要ないことになる。
これに何らかベンチレーターできる機構がない、
というのは少し工夫する余地がありそうなもの。
このハンドルカバーは外側がレザータイプなので空気を通さないため
ハンドルカバー着けてポカポカ天気だと手に汗をかいてしまう。


とりあえずはしばらくこれで使ってみるつもり。







[PR]

by anbsakura | 2013-12-12 22:12 | BICYCLE