<   2014年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2014年 04月 29日
ジョブナのリアに点滅ランプを追加しました
年代が古いサンヨーのライトですが、使ってないのでコレを付けます。
a0034181_1850443.jpg
固定場所がシートステーに付けるものだが
今のアルミの太いシートステーでは付けられないので丁度いい。
照射面の透明カバーを落として無くしてしまったので
10個入り卵ケースの山になっているところを切り取って付けています。

a0034181_18501434.jpg


これで夕方から夜に使うには一番使いやすい自転車になったかもしれない。




[PR]

by anbsakura | 2014-04-29 20:10 | BICYCLE
2014年 04月 28日
カゴライトのテスト結果
近所を一周しただけですが
舗装路で特にブレるようなことはないようです。
路面が粗くなるとわかりませんが…

さてダイナモライトとの併用の印象はかなり良いものである。
この自転車のダイナモは元はラクッションのもので豆球であることもあるが、
それに比べてワイド照射されていることもあって周りが明るくなる。
安定したライトの明るさはダイナモの比ではない。
止まってたり歩いてる時にも明るいのは照明が無い場所ではすごくメリットがある。

ジョブナはアップライトの姿勢もあり、
夜に走るには走りやすいが
ライトが強化されればさらに安全性は高くなります。

+++++++++

そこで思うわけだが
ママチャリはダイナモとバッテリーのハイブリッドライトにすればいいのに
まだそういうモデルは出ていないのだろうか?
あってもごく一部でしょう。

ハブダイナモとLEDで良くなったところはあるが
やはり停止状態でライトが点灯しないのは問題点ではないだろうか。









[PR]

by anbsakura | 2014-04-28 21:33 | BICYCLE
2014年 04月 27日
バッテリーライトをカゴに移動
パーツジャンクをいくつか集め・・
a0034181_19335814.jpg
この右下の金具は再度折り方を変えてから
カゴの右にライトホルダーを作ってライトを付けてみた。

a0034181_1934950.jpg
a0034181_19341924.jpg
写真だと平行に見えるがカゴに沿って付けているので若干外側が下がっています。
(カゴは上側が広がっているから)
右に付けたのは片足スタンドなので
左に倒れる可能性が高く、倒れるとライトが破損する可能性が高いため。
ただし常時ライトを装着しておくつもりもない。

まだ夜に走っていないのだが
カゴの微振動の影響があるかもしれない。






[PR]

by anbsakura | 2014-04-27 20:36 | BICYCLE
2014年 04月 25日
バッテリーライト追加もすぐにやめることに
桜が散った路面があったので撮ってみました。

a0034181_21344459.jpg
ハンドルにバッテリーライトを付けてみたが
やっぱり荷物があると前を照射できません。
空荷でもカゴの影が映るので外す事にする。

ただダイナモは停車するとライトが消えるので
もうひとつ予備が欲しいのだが…

夜はこのアップライトの姿勢は安全性が高いとおもった。
サドルの高さはぜひ適性な高さにすることを推奨する。
これでまったく違ってきます。

カゴの追加よりギアを軽くした効果の方が大きいのでペダリングに影響はない。
ギア交換は予想以上に乗りやすくしてくれたようです。






[PR]

by anbsakura | 2014-04-25 23:09 | BICYCLE
2014年 04月 24日
ママチャリのカゴとハンドルの位置関係
荷物を載せたカゴ付ジョブナの安定感がすばらしいと感じたが
これはハンドルが以下の図のような関係になっている為ではないか?と考えた。
(写真はジョブナの後継ジョブノ)

a0034181_18115247.jpg
つまりステムのヘッドを支点として手を持つ位置と荷物の位置が
天秤のように釣り合いがとれている。
もしもオールランダーとかトンボタイプのハンドルだと
支点とハンドルを持つ手がほぼ重なってしまうわけだ。

なのでフロントに重い荷物を置く場合はこのようなハンドルがいいのかもしれない。
そういえば郵便局や新聞屋の実用車だってそうなってますよねー
買い物用途にはジョブナのようなアップハンドルが合っているようです。
自分のはプロムナードですが手と支点の距離はアップハンドルと同じ。

++++++++++

それからフレームが柔らかいというのは・・
フレームデザインのためもあるかもしれない。
ジョブナのWループはスタッガードと比べるとどうなのか?
もうひとつ
リアのシートステーも弓形になっているのがジョブナ・ジョブノの特徴です。

ストレートのパイプよりも弓に沿ってたわむようなイメージが湧きます。
ということでフレーム形状も理由のひとつかもしれないと思ったしだい。
実際効いているのかどうなのかはわかりませんが…





[PR]

by anbsakura | 2014-04-24 21:13 | BICYCLE
2014年 04月 23日
ジョブナで買い物に
カゴがあるので買い物に行ってみました。
予定にはなかったけどお米が特売品であったので購入。
5kgだけどカゴが無ければ当然買えないで帰っただろう。
あとは炭酸飲料他で全部で7.5kgぐらいでしょうか?
かなり重いです。
a0034181_16471251.jpg
しかし載せて帰ってきたけど、すごい安定感ですねー
ハンドルを幅広くした効果もあり実に乗り易いです。
やはりカゴ付きのための自転車と言えるのでしょう。

ギアを軽くしたので基本的に速く走れる自転車ではなくなってます。
空荷状態で2速だと前も書いたけどやや軽めでペダルが忙しい。
なので通勤用にはちょっと合わないだろうなぁ、と思われます。
やはり買い物用に使うと1番合っている気がしました。

あと一番軽い1速の使い方ですが
これは歩行者がたくさん歩いているような道、
駅前とか遊歩道などで使うと低速でゆっくり走るために有効だとおもいます。
重いギアだとペダルをゆっくり漕ぐのが難しいですからね。

それからジョブナのフレームはたぶん6年以上前の中古なのだが
もしかして少しだけ柔らかく(ヤレている)なっているのかなー
ラグも付いていて丈夫を謳っているフレームのわりに剛性が高いと思わない。
どうもそんな気もしてます。
新車では少し違うかもしれません。






[PR]

by anbsakura | 2014-04-23 20:20 | BICYCLE
2014年 04月 21日
偽装日本企業ブランド
本日のは自転車の話ではありません。

中国はニセモノ商品が溢れているようだが
単に偽ブランドの商品だけでなく
会社ごとニセモノをつくったりする。
あらゆるニセモノがあるのだ。

以前にもNECのニセモノがあったけれども
これはユニクロとダイソーと無印良品のミックスですよ。
この組み合わせは中々妙なところがあると感心する。

a0034181_1930467.jpg

a0034181_19303322.jpg
メイソウってカタカナで書かれているロゴ
ここは中国なので日本の会社と連想するだろう。
店内のポスターもわざわざ日本語で作っているのだ。
そして本社は渋谷区神社前にあるそうです。…神宮前ではないですよw

ネタはここでまとめてあるのを拾ってます。
http://matome.naver.jp/odai/2139800287435985001





[PR]

by anbsakura | 2014-04-21 22:07 | News
2014年 04月 20日
ジョブナにカゴを付けてみた
カゴをジョブナに付けることにしました。
ステムの突き出しが長いので、
そのまま普通のブラケットだとハンドルにカゴが干渉してしまいます。
そこで写真のブラケットを使用した。

a0034181_19103887.jpg
これは前にクロスバイクで使ったものでヘッドがオーバーサイズである…
そのままでは内径が大きいので考えました。
工作用の皮革を細く切って内側にパッキンのように入れてみました。
カゴ足でも固定されてるので大丈夫だとおもう。

やはりカゴを付けるだけで持ち上げると重さの違いがわかる。
カゴ本体だけでなくカゴ足とブラケットも合わさるのでかなり重くなるからだ。

乗ってみると前方風景に違和感なし、
やっぱりこの方がしっくりするようなところがあります。
何となく不安定と思ったハンドル操作も安定した気がします。

スプロケットを換えて、カゴも付いて、
平凡ではあるが足の軽い良いママチャリになったとおもう。
ギアが重いと自転車の乗り味は全く違ってくるので
適切なギアを入れることは非常に意味があると感想を持ちました。







[PR]

by anbsakura | 2014-04-20 20:30 | BICYCLE
2014年 04月 19日
ママチャリのシートポストの直径も複数あり
スポーツ自転車のシートポスト直径は
決まっておらずバラバラなのは知っての通りだとおもう。
アルミフレームだと27.2mm、鉄だと26.8mmあたりが標準ですが…


ママチャリの場合は25.4mm。
ほぼこれ一択であるとおもってましたよ。
スポーツ自転車に比べて細いですよねー

でもアルミフレームだと27.2mmのが入ってます。
全部そうなのかはわかりませんがブリヂストンの一部はそうです。

そうするとスポーツ自転車とシートポストの互換性があります。
これはメリットですねー
350mmぐらいのシートポストを入れれば
ほぼサドル高さで苦労することがなくなります。

他には28.6mmなんていうのもあります。
自分のラクッションがそうですが
他にもありました。

カタログにも表記されないからわからないですねー








[PR]

by anbsakura | 2014-04-19 21:04 | BICYCLE
2014年 04月 18日
28インチのシティサイクルも売れなかった
前々からママチャリのサイズについて苦言をつぶやいているわけですが、
それでは自転車店はどう考えてるのか?
別件で行った折にこの疑問を別々の2店で尋ねてみました。

まず予想したとおり「売れないから」というもの。
若い人はわざわざサドルを下げて乗るから、
ということなのです。

さらに28インチがあったけどやはり売れなかったということで
そういう要望が少ないようなのですねー
またそうした人にはママチャリでなくMTBなどにキャリアを付けるとか
マークローザあたりを勧めるのだそうです。
a0034181_1901652.jpg
ただオカシイのはフレームサイズが大きいのが欲しいわけで
なぜホイールまで大きくするのか?
という疑問もあります。

これに関しては「それが日本の一般車の流儀だから」
のような説明をしてました。
この辺がよく理解できない。

実のところは大きい車輪だから売れなかった、
というように自分は見ているんですけどねー
27インチLサイズでよかったのではないかと…

ジョブナは27インチでサドルを高くして
ハンドルを幅広いプロムナードにしたら
かなり大柄の自転車に変わっています。
別にそういう大型サイズでなくてもいいので
普通に漕げる高さまでサドルが上げられるようにして欲しいのですけどね。
これがなぜか自転車店でも問題意識されていないのだ。







[PR]

by anbsakura | 2014-04-18 21:00 | BICYCLE