<   2014年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2014年 12月 31日
なにゆえママチャリに目覚めたのか-1
12月も最後になりました。

今年はママチャリのことを取り上げることが多かったのですが、
何故乗るようになったのか振り返ってみます。

この生活の道具としての自転車は最も普及しているのに
自分の身長ではサイズが合わないことによってそれまで蚊帳の外にありました。

現実には今でも無理に合わせているものですが
それでもママチャリに抱いていた負のイメージを変えることになりました。
それは前にMTBに初めて乗った時以来の自転車に対する新鮮な発見になりました。

もちろんそれは工夫も必要になりました。
サイズも合わない、ギアも重たいというままでは
ママチャリは単に性能が悪い自転車であるとに変わりないのです。

+++++++++++

まず、そのきっかけを作ったのは・・・

無名の6段自転車(26インチ)に乗ったことでした。
この名無しのママチャリはサイズが小さいことに変わらないのですが
実にソフティな乗り心地に感動したことです。
今まで乗ってみたママチャリのどれよりも快適であったことです。
そして6段変速もあって平地を走る分に問題ない性能でした。
ただ坂は弱かったようです。(サドルが低いので本当のことはわからず)
何度か乗ってみて印象は変わらずに滑るような乗り心地が好印象でした。
これは自分が持っていたラ・クッションよりも快適性で優っていたのです。

そのママチャリはU字フレームタイプでした。(ダウンチューブ下側に補強パイプ追加あり)
そしてフレームは鉄です。
それによって実現される性能なのかと思いを始めました。

できたらU字タイプで鉄の27インチのフレームがあったら
欲しいと思うようになりました。
しかしU字フレームの27インチは実際ほとんど無いわけです。
U字フレームは主に女性向けといった性格の強い商品なわけです。
ですから24インチの小さいフレームには多く存在するが27インチではほとんど無い。

そうして時間が過ぎて偶然に廃車したジョブナのフレームがあったわけです。
これはU字フレームではないことを除けば希望のスペックであったというわけです。
フレームもブリヂストンですから下手な無名のフレームよりもいいでしょう。
そういう経過があってレストアから
無名の6段ママチャリの滑る乗り心地の再現を目指すことになったわけです。








[PR]

by anbsakura | 2014-12-31 20:59 | BICYCLE
2014年 12月 29日
カタン、カタン。。
ジョブナのタイヤを交換したけれど
少し前からの駆動系周りでカタン、カタンという音が多くなった。

ジョブナはチェーン周りがフルカバーになっています。
この自転車を手にしている理由のひとつなのですが、
メリットの反面、カバーに隠れてチェーンの様子がわからないのが盲点である。
チェーンの張りが見えないのです。
たぶん、それがカバーに関係した音なのかなと思っていました。

しかし昨日はそれが酷くなってきて時々歯飛びのような
一瞬抜けることが起きてきたのです。
これはマズいトラブルと思ってあらためて考え始めました。

しかしチェーンが弛んでいるようなことは先日の交換でまずありえない。
そこで・・・もしやクランクが緩んでいるのかも?
という過去のスポーツ車での経験を思い出しました。

帰ってからクランクボルトを締めてみたら・・
やっぱり緩んでいた。
ここはけっこう緩むので組みたてた時はキッチリ締めたと思っていたのですけどね。

たぶん直っているだろう。

++++++++++

ペダルを漕いでいて音がするようならこういう原因が思いた当たるのですが
なにぶんチェーンカバーがあったので何かに当たるのかと思っていました。
何事も最初のケースはわからないもの。






[PR]

by anbsakura | 2014-12-29 17:50 | BICYCLE
2014年 12月 28日
ママチャリのハンドルクリアランスを考える
普通より少しだけ身長の高い男性ならノーマルのままでは乗れないママチャリ。
なぜそれがまかり通っているのか・・
そういう問題ははひとまず置いておき、どうにかしないといけない。

昨夜コメント頂いたachibikeさんがその洗礼を受けてしまいました。
そこで自分のジョブナはどう対処してあるのか?
改めて写真で今の状態を解説してみます。

正面から見たハンドルはやや幅広い
プロムナードタイプですが幅広いです。←★★★★
ハンドルエンド芯--芯で540mmあります。
男性だと肩幅もありこのくらいないと狭いとおもいます。
手が広がるのでクリアランスが広がり余裕ができます。
520mmでも狭い、560mmだとやや大きすぎるかもしれません。
a0034181_17104236.jpg
注)シティタイプのオールランダーもありますが
このタイプでは実用車独特のおおらかに乗りたいという欲求を満たせません。
なので上の写真のようなプロムナードタイプか昔あったスワローハンドルが
合っているという気がします。

ハンドルとサドルの高さの関係はこんな感じになります。
ステムとサドルがほぼ同じくらい、
そこからハンドル高の分だけ手の位置が少し高い。←★★
やや高いぐらいが乗り易いとおもう。
サドルは目一杯後ろに下がっています。←★★★(本当はペダルとの関係で良くないのですが)
シートポストは300mmですが足りません。←★★★★
しかしそれ以上上げると観た目が異常に突き出して見えるようになるので
幾分低いですが妥協しています。
このためペダリングの回転を早くすると上手く回せなくなってきます。
でも低速で走るママチャリはスポーツ車と同じにしなくてもいいと考えました。
a0034181_17093791.jpg
ペダルは金属のフラットペダル、MTBのものです。←★★★
ママチャリのプラスチックペダルは交換した方が踏みやすくなります。
あとルックスの点でも安っぽさが消えるのがポイント高いです。

ステムはスポーツ自転車のスレッドタイプです。←★★★★
ハンドル位置が前に出るので効果的です。
ジョブナの場合ヘッドチューブが長いため
短い胴のステムでも問題なく付けられます。

自転車は27インチを選んだ方がフレームが少しでも大きいので絶対いいです。←★★★★★
a0034181_17105569.jpg
もしハンドルとカゴが干渉しそうなら
下のようなブラケットがあります。

ブラケット
ブラケット posted by (C)So

写真と違いますが何種類かあるので安いのを選ぶといいでしょう
ロング金具アジャスター





[PR]

by anbsakura | 2014-12-28 20:16 | BICYCLE
2014年 12月 27日
内装3段とタイヤ空気圧の微妙な関係
ジョブナのリアタイヤを交換と同時に4.5気圧にしましたが
これによって微妙に内装3段の使い方に変化があります。

先日書いたように3速の巡航が楽になった反面
2速では足が軽くなり過ぎて空回りし出しました。

ママチャリだとケイデンスを上げるペダリングは苦手なようで、
回転が早くなると疲れる感じになります。
そこで3速にギアをスッと上げるというわけで…ペダルがゆっくりの巡航型に変化。
微妙に繋がりがチグハグっています。

++++++++++

ギアが重いと感じる人にとっては空気圧を上げる方法は
ひとつの改善策になるという手段になりそうですが…

ただし4.5気圧とか5.8気圧とかの高圧になれば
英式のような手での感覚では確認できないわけで
正しく入れるには米式チューブに入れ替えるとか、
またタイヤも他は3気圧が標準ですから無理できません。
一般的に誰でも普段できる方法ではないですけどね。







[PR]

by anbsakura | 2014-12-27 19:56 | BICYCLE
2014年 12月 25日
ママチャリ、ハンドルステムの問題
ママチャリのステムと言えば、ほぼこの一種類しか存在しない。
胴が長くて首が短い通称スワン型のステムである…


ステム
ステム posted by (C)So

先日、26インチのママチャリに乗った時に
ハンドルまでの距離が狭すぎるという話をしました。

そこで27インチとのトップ長の差を測ってみました。
自分の27インチフレームはいずれも56cmぐらいでした。
それと比較した26インチはおおよそ53.5cmほどだった。
(ヘッドチューブの上の中心から、水平に伸ばしてシートポストの中心までの長さ)

つまり約2.5cmしか差がない。(それでも影響あるが・・)
しかし自分のジョブナはさらにステムを交換しています。
上のスワンタイプに代えて
日東の突き出しの長いスポーツ自転車のステムに替えてある。
これが突き出し約10cm。
スワンタイプが5cmぐらいならその差が5cmある。

つまりフレームサイズの差と合わせると7.5cmも違っていたからです。
(ラ・クッションのステムもスワンタイプより突き出しの長いステムが標準で付いていた。)

+++++++++++

というわけでフレームサイズも違うけれど
ステムも違っていたという理由もあったわけです。

ここで26インチが狭いとするなら
まずは突き出しの長いステムを交換すれば違ってくるはず。

しかし…
ママチャリにはこの種のアフターパーツ代替品が存在しない。

ママチャリの補修パーツというのは、
タイヤ、カゴ、ワイヤー、チェーンといった消耗品が主であり
ポジションを修正するためのパーツである
長いステムは(長いシートポストと並んで)、用意されていないのである。

これはかなり問題点ですよねー








[PR]

by anbsakura | 2014-12-25 21:35 | BICYCLE
2014年 12月 24日
ママチャリタイヤでは歪みがあっても普通?
チェンシンのタイヤで見られたようなセンターの歪みですが
他のブランドでもあるのかもしれない。
そもそもこれで生産が継続しているのですから基準が甘い。

そしたらありました・・



タイヤ
タイヤ posted by (C)So

ホームセンターで買ってきた共和のものらしいです。
この写真ではまだホイールに入っていない状態のようです。
http://blog.livedoor.jp/mats_1/archives/cat_50048439.html

チェンシンでは素の状態では気づかず
リムに嵌めて空気を入れてみた時に歪んだ状態になっていた。








[PR]

by anbsakura | 2014-12-24 20:27 | BICYCLE
2014年 12月 23日
Newタイヤ、加速は効果なしだが、3速巡航が楽になった
なんとか騙してタイヤ交換終了。
少し試乗してみます。

空気圧はリミット5.8気圧ですが4以上あれば
通常の3気圧よりはだいぶ転がり抵抗が小さくなるはず、
と考えて4.5までにしておきます。
※英式なので正しく測れませんが空気を押し出す時のメーター読みの数値です。

走り出して・・
タイヤの回り方がスムースでなく波打つ感じがする。
前回の記事でコメントいただいたwaさんの場合と同じような症状だとおもう。
100mほど走って一旦自転車を降りて
バルブ付近のチューブがタイヤに噛んでいないか確かめてみました。
しかしタイヤが膨れていることもなく問題ない。

このまましばらく走っていると数キロで初期の症状は感じなくなってきました。

空気圧を高くしたけれど加速は前より重ったるい感じさえする。
また乗り心地もソフトから固く悪くなった印象です。
これはタイヤ自体の重量増加と硬さが関係している感触がある。
路面がざらついたところで走ると前の方が良かったなぁ…と。

しかし5kmぐらい走ってから帰るころになり
路面が荒れていない道路では3速での巡航が自然と可能になっているのを見つけた。
タイヤの接地面が小さくなって路面抵抗が小さくなっているからでしょう。
ここで空気圧を上げた利点が出てきました。
初めて3速が常用できる状態になったような変化である。

つまりチェンシンのタイヤはやや重いので
加速性能は空気圧を上げても良くならないけれど、
比較的高い巡航速度を維持するのは楽になったというのが
今回の試走によって得られたファーストインプレッションでした。

あと、
帰るころには乗り出し直後の波打ちするようなリアからの違和感は
感じなくなっていました。

まだ初期の乗り出しなので、今後タイヤが一皮むけるころ
固さも今より少し柔かく馴染んでくるのを期待したいところである。










[PR]

by anbsakura | 2014-12-23 19:28 | BICYCLE
2014年 12月 22日
交換したママチャリタイヤには問題が内在していた
先日買ってきたチェンシンタイヤを交換した。
少し億劫ですがそのままにしているとやらないので手をつける。

現物を触った時は問題ないとおもったのだが、
装着したら・・・

+++++++++++++

手順も慣れてきているので淡々と作業。
最初はスタンドを立ててナットやネジを緩めたりカバーは外しておく。
途中から倒立させてスタンドと泥除けステーを取って、チェーン引きを緩める。
チェーンを外してホイールを抜く。

ホイールからタイヤを外して新しくしたタイヤを入れます。
そして逆の手順で戻していくだけと思っていたのですが・・
ホイールをフレームに固定したところでホイールを回してみたら、

あれれれ?
タイヤが左右にゆれているじゃない。
(ちょうどタイヤの溝がセンターにあるのでわかりやすい。)
ホイールが振れている状態に見えます。
すぐにリムの振れを確認しますがそれほどブレはない。
とりあえずニップル回しで修正したが
やはりタイヤが横ぶれしてますよ。

どうもこのタイヤはゴワゴワしているのが影響しているのか、また精度が悪いのか、
嵌めて一発でタイヤのセンターが出ないという問題があるようです。
裏返しで作業していれば分かるけれど、
装着して確認せずに戻してると、タイヤが歪んだままになっている恐れが出て来そう。

空気を抜いて何度かタイヤをコネコネ…センターラインがゆれないように修正。
また空気を入れ直して確認。
これを数回繰り返してみましたが完全にゆれが消えたわけではない。
少しブレていますが適当なところで終わりにしました。

++++++++++++++

ということで、このチェンシンのタイヤは製造品質が悪いといえそうです。
全部がそうなのか、たまたまハズレなのかわからないけれども
これはちょっと問題ありですよねー
まずセンター出すのに余計な作業時間がかかってしまいます。
しかも完璧にならない。
ママチャリぐらいですから妥協しますが
これはスポーツ自転車だとNGでしょ?

さらに今後使っている間にどうなるのか、
今はわからない。


さて試走のインプレですが…
リアを4.5気圧ぐらいにしてみて
軽く走って見た感想は長くなったので次回に回します。









[PR]

by anbsakura | 2014-12-22 19:29 | BICYCLE
2014年 12月 21日
いくらぐらいの自転車が売れてるのか?車種別の統計
自転車産業振興協会の調査による
国内100店舗をサンプルにした販売動向調査(PDF)

平成25年 自転車国内販売動向

1店舗で年間平均おおよそ200台を販売
予想よりも価格的に高い自転車が売れているんですねー
(ホーム車は2万円以下が約半分ですが)

ただしこれは大手スーパーやホームセンターではないからなのかもしれません。










[PR]

by anbsakura | 2014-12-21 22:32 | BICYCLE
2014年 12月 20日
小さいシティサイクルで向かい風は三重苦になる
冬になると自転車は辛くなってくる、
寒さもあるけれど風が吹くるから。

今日は雨ですが、数日前に風が吹いた日のことです。
たまたま26インチのシティサイクルを借りて近くに出かけたところ、
とても大変なことになる。

風と、サドルが低いのと、ギアが重たい。
前に進めない。
まさに三重苦の世界です。

++++++++

それで気づいたのですが・・・
26インチのシティサイクル(ママチャリ)ってやけに狭く感じる。
もう漕ぐと膝がハンドルを持つ手とくっつきそうです。
(前からわかっていたけど抵抗が強いのでさらに強調される)
フレーム小さすぎない?

平穏な気候の時に比べ強い向かい風にはそれはもうスゴイ抵抗です。
自分のジョブナもラ・クッションも27インチ。
これに慣れていると明らかに小さいサイズは大変なのです。

ただ、自分のサンプルが少ないのと
実際の寸法を測っていないのでどれだけ違うのか
そこのところがわかりません。

今までママチャリのシートチューブが短すぎることは、何度となく指摘していますが
トップチューブ長(サドルとハンドルの間隔)はあまり調べてこなかった。
あとでメジャーで計測してみようとおもう。

長身の人がママチャリを選ぶ場合には
26と27はかなり違うと考えておくべき重要ポイントになるのかもしれません。
しかし各社、各モデルで違っているでしょうから
実際選ぶ場合はメジャーで数字を測ってみた方がいいのかも。






[PR]

by anbsakura | 2014-12-20 20:07 | BICYCLE