<   2015年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 30日
偶然の誤解
◎自転車が円安と中国のコスト高で値上がりしている
◎パンクしにくいタイヤのママチャリが売っている。

ちょうどこの二つが重なることで
美しい誤解ができてしまうことがある。

ある席で某氏と軽い自転車の話になる。
某氏はパンクしにくいタイヤのイオンの自転車に関心があった。
ただその自転車が3万ぐらいしたので高いからモッタイナイと考えていました。

ここで高い理由が値上げでなく、タイヤが優れているから
高い自転車だと思っていたようです。
つまり最近の自転車の値上げ事情は知らないわけです。

パンクしにくいタイヤというのは、
一般には魅力的に映る性能であるのだと
改めて思ったしだいです。

そのタイヤは重いからという話をしました。
さらに乗り心地が悪くなるからとか、
スポークにも負担が・・とか、
何か説得するようにしゃべってしまいました。
でも、ホイールが重くなるデメリットを理解してくれたかどうか疑問です。

こんな余計なことお店では言いませんね。
販売チャンスを逃してしまいます。
それより本人は性能がいいから高いのだと美しい誤解をしているので
軽く背中を押せば買ってしまうでしょう。

逆に止めておいたら?と強く言えば
むしろお客さまには反感を持たれるかもしれないです。

+++++++

あとでもっと理解してもらう簡単な説明を思いついた。
「そういうタイヤ、ブリヂストンなどの一流ブランドでは使わない」
と言った方が説得力があったでしょう。







[PR]

by anbsakura | 2015-03-30 22:02 | BICYCLE
2015年 03月 26日
0%のお酒
アルコールテイストのノンアルコールカクテル

のんある
のんある posted by (C)So

1%が出たのは最近ですが、
これはそれ以前からあるのは知りませんでした。
こういう製品も出ていたのですねー
キリンでも出しています。

アルコール気分に浸るため?
ーそれにしてもちょっと変わっている。

これは子どもでも可になるのでしょうね。





[PR]

by anbsakura | 2015-03-26 22:40 | 飲む、食べる。
2015年 03月 25日
1%のお酒
アルコールゼロのビールが
「気の抜けたサイダーのようなもの」とか「肉の入っていないカレー」
と考えているあなた、私はすでに古くなっているようだ。

1%
1% posted by (C)So

自分で炭酸や果汁を混ぜる必要がなく「ふたを開ければ、そのまま飲める」という酒類を
RTD飲料(Ready to Drinkの略)と言うらしいが、今それが伸びています

そのRTDにはこれまでの4~8%のアルコール度数ばかりでなく
3%に低くした「ほろよい」などが売れていました。
さらにそれを最低の1%までに下げた新製品です。
(法律的には1%未満になるとお酒の分類にはならないのだ。)
同時期にS社もThe Oneというのを出しました。

20代や女性がターゲットらしいですが
この流れが居酒屋が不景気になる原因というのがわかるだろう。
普段あまりお酒を飲まないのです。

店頭で見るとわかりますが
缶ビールのようにケースで買う人はほとんどいないと思います。
気が向いたら1本、2本、買うといった消費行動だとおもう。








[PR]

by anbsakura | 2015-03-25 20:58 | 飲む、食べる。
2015年 03月 24日
オールフリーにウイスキーを入れたら・・
ノンアルコールのオールフリーにウイスキーを入れたらどうなる?


ALFR
ALFR posted by (C)So

K国ではビールにウイスキーに入れたカクテルを爆弾酒と呼ぶらしいが
こんな無茶をやってもしょうがない。

それよりノンアルコールのビールという存在がよく意味がわからない。
しかしそこにウイスキーを入れるとどうなるだろう?

たまたまワゴンに半額のがあったので一本買って実験してみることにした。
使ったウイスキーは癖のないブラックニッカクリアです。
ウイスキーの味が強ければビールの味とバッティングすると思ったから。

さて、飲んでみた。
んー、ノンアルコールビールの味が意外に強くてウイスキーが消えているな、
それにこのビールの味が…
うまく表現できないがちょっとステンレスを舐めたような冷んやりとした味が…
そういうのが飲んでいると感じてあまり旨くないデスね~

これは失敗だった。

ビール側の風味は意外に強く影響するから
ノンアルコールビールが旨くないとダメなんだろうなぁ。
あるいは味の強いウイスキーを多くしてみるとか。
でも もうやらない







[PR]

by anbsakura | 2015-03-24 20:58 | 飲む、食べる。
2015年 03月 22日
吸水性舗装路と25C
昨日は帰りに手賀沼CRを使って帰ってきた。
残念ながら向かい風で道の駅まで

a0034181_18551743.jpg
今は特に手賀沼まで走りに出かけに行くこともほとんど無い。
その理由は飽きたのか、あるいは面白くないからである。

完成した当初は歩行者やランナーが混在し、
自転車道側を歩いてたり走っていたのですが
今はそういったことも本当に少なくなっています。
ところがそういった走りやすいのに、自転車は少なくなっている。

a0034181_18553094.jpg
久しぶりに25Cのタイヤで走りました。
ホイールが軽い、軽くてホイール下の存在が無いみたいです。
いつもママチャリやMTBだとすごく身軽に感じます。

一般道ではその感覚が強いのですが
ところが手賀沼に入るとちょっと楽しくない。
路面の抵抗があるのですね。

吸水性舗装路なのでザラザラしているため路面抵抗があるわけですよ。
高圧タイヤだと余計に顕著に出る。
タイヤがブロックタイヤの代わりに路面がブロックになっているようなもの。

考えればこれは自転車向きとしてはふさわしい(適した)路面処理とは思えない。
単純に考えて車や歩行者の路面処理じゃないか。
これが楽しくない理由のひとつになっているのだろうなぁ

スーっと伸びるような走行感覚が得られず
むしろ減速効果がある。
それじゃ乗っても楽しくないですよね。






[PR]

by anbsakura | 2015-03-22 19:56 | BICYCLE
2015年 03月 20日
新商品と広告だけでは売れない
広告が上手い企業と言えば
サントリーという名前がすぐに浮かぶとおもいます。
テレビCMでもウイスキーからビール、お茶、コーヒー、天然水など様々。
あらゆる商品を宣伝によって一大飲料メーカーへと成長させたのだ。

その戦略は次々新分野に新製品を出すこと
それに合わせて広告に力を入れる。
その結果、100の新製品を出してひとつヒット商品が生まる。

++++++++++++

では自転車でもこういう方法が可能かといえば、
まず広告費を出す余裕がありませんねー

しかも新商品が広告で売れるかというと・・・
それほど単純ではないわけで
広告費で利益が消えてしまえば、
何のために売っているのかわからなくなります。

サントリーのウイスキーは1980年代から売れなくなり、
かつての1/5ぐらいに規模が縮小します。
新商品を幾つも出しますが成功していませんでした。
広告しても売れませんでした。
その当時に発売したウイスキーも今すべて消えています。
サントリーの広告力を持ってしても縮小に歯止めがかからなかったのです。
そういう長期低迷が20年以上も続きました。
※売れなかった原因には他に重大な訳があったと考えるのだが・・・ここでは省略

2007年頃に市場調査を行ってハイボールを仕掛けたことによって、
それまでの低落傾向に歯止めがかかり反転していった歴史がある。
これって新製品を出して広告するだけでは売れないことを
象徴するようなひとつの事例でしょう。

++++++++++

同じようなことは自転車の場合でも繰り返されているようにおもう。
毎年毎年、新しいデザインや新機能を付けて出しても
常に低価格車によってはね返されて多くは短い期間でカタログ落ちになる。
そのようにヒット商品を創り出すって難しい。

でも、ひとつ言えるのは
製品開発だけしてもけっしてヒットはしないってことでしょうか
イベントや試乗会などの営業との連携などで
いろいろなアプローチをしないでカタログに載せても売れないってことです。

ママチャリなどの一般車の試乗説明会なんて全然ありませんし
ちょっとした乗り方教室なんていうのも無いですからね。
こういう機会を通して自転車の知識や交通ルールを学ばなければ
いつまででも安い自転車しか売れないのです。






[PR]

by anbsakura | 2015-03-20 21:35 | BICYCLE
2015年 03月 19日
値上げ
前から関心が薄くなって
こういった情報もあまり気にしていない。

またシマノが5月から値上げがあるらしい。

まぁ、お金がある人は気にせずに、どーぞ買ってください。
お金が無ければ趣味のものですから無理しないでください。
ってところでしょうね。

今回の値上げもメーカーの利益が最大化になるように計算してるはずですから
値上げすることにより数量が減るだろうと予測すれば
一単品当たりの利益を高く設定しているでしょう。

つまりこれまでよりも購入者は原価とは別にメーカーへのお布施額が増えるわけです。
お金持ちには負担額が多少増えても
売れなくなる分は負担してもらいましょう、
というわけですよ。
高い製品ほど負担金は増えますね。








[PR]

by anbsakura | 2015-03-19 22:37 | BICYCLE
2015年 03月 16日
シティ・トレイル・バイク
すでに使われていそうな名称ですが
Googleで検索しても有りませんでした!

すでにMTBを街中で見ることが極めて少なくなっているこの頃、
MTBのようなスタイルが今後とも復権する見込みは望み薄でしょう。
そこでもっと街で使えるようなデザインを考えていくことが必要かとおもう。
そうなるとMTBという名称も変えていくべきであるとおもう。

そこでタイトルの「シティトレイルバイク」という名称で
新しいカテゴリーが作れるのではと思うのですけどね。

今回のハブダイナモ化から考えたことでした。


※CTBという名称は既にあるのですが
何故かJr.マウンテンのことを指すらしい。







[PR]

by anbsakura | 2015-03-16 21:13 | BICYCLE
2015年 03月 15日
ライトの取付け
ライトを付けてみました、・・ってよくわからない写真になってる。
a0034181_13282103.jpg

斜め正面から見たら、こんな感じです。
上から見るとやや車輪から離れ気味。
a0034181_13283961.jpg
倒れた場合が少し不安があります。
プロテクターが無いので…
何か良いものがあればいいのですが。

++++++++=

先月まとめ買いをしたワインですが
此の処飲んでいない。
やはり食事に合わせることとか、
一度開けると数日続けて飲み終えないといけないことで、
開栓するのをためらわせます。





[PR]

by anbsakura | 2015-03-15 18:27 | BICYCLE
2015年 03月 14日
ハブダイナモライト用取り付けステーを作る
MTBのFサスにはダイナモライト用に特に取付けできるような配慮がない。
そうなるとVブレーキの取付け部分かハブシャフトのどちらかを使うしかない。
Vブレーキにはすでにキャリアが付いているので
クイックからねじ止めになっているハブの場所で止めることにする。

といっても適当な治具を探すもピッタリするのがないので
写真のシフトレバーの一部を使って作ることにした。
a0034181_16301921.jpg
HIGHと書かれているプラスチックを壊して
他に穴の空いている金属板とを瞬間接着剤と糸で止めてビニールテープを巻く。
a0034181_16303688.jpg
これで左側がハブシャフト、右はライト取付け穴にして取付ステーとしよう。
見てくれは悪くとも機能すればヨシの工作である。

+++++++++++

あらためてブラックニッカクリアブレンドの700ml瓶を購入。
ポケット瓶で試した後、これでリピートはしないと思っていたが…
某商品券が一枚残っていたので残り200円弱足して買ってきた。

また何故?

これまでハイボールではほとんど飲まなかったし
飲めば酔いの廻りが早くて自分は合わないものと考えていました。
しかしクリアでは薄割のハイボールにして飲んでみたら旨かった。
これは今までと違う、というわけ。
変にクセがあるウイスキーのハイボールよりイイのです。
それに安いから気軽に飲める。

ジョニ黒ではハイボールには合っていないようにおもう。
それに3倍くらい価格が違うのも気楽には飲めないですからね~
このクリアの瓶、店よりウチでみると中々のグッドデザインで気に入りました。
コンパクトで家飲みにテーブルに置いてしっくり来る、
妙に高級感のあるリッチな瓶よりも普段着のデザインという感じです。









[PR]

by anbsakura | 2015-03-14 17:46 | BICYCLE