<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 30日
またひとつ休刊
最近の自転車雑誌ってどうなってんだろう
って気になったのでググってみたら・・

ファンライドが休刊になるそうです。

自転車雑誌といえばサイクルスポーツが古株ですが
次にバイシクルクラブ、その次にファンライドといった順で
一応3大誌といってよかったのじゃないでしょうか。

一時期はずいぶん自転車雑誌が出版されたけれど
やはり今の流れは以前ほど盛り上がっていないっていうのが
こういったところでわかりますね。
ロード中心で紙面を構成していて、
そのロードに興味を持つ人が情報源として購入していたのが
いなくなって来たためでしょう。
ロード以外の自転車に興味があった人はまず買っていないですからね。

さらに月刊誌で有料で購入しても
それほど見るところもなかったりで
ネットなら毎日タダでいつでもザッピングできる時代に
それより有益な情報を提供していくのは
難かしくなっていることもあるでしょう。

ファンライドは紙の発行は休止して
ネットに移行していくつもりのようです。








[PR]

by anbsakura | 2015-06-30 20:21 | BICYCLE
2015年 06月 27日
携帯補給食が自作できるらしい
昨日は自転車の補給食として羊羹を取り上げたけれど
他にも携帯用の補給食として市販されているものがいくつかある。
自転車ショップで扱うものはかなり高いので
ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどでどれくらいあるかー
ちょっと覗いて調べた。

スーパーではあまり扱っていないようで積極的な展開ではないようだ。
コンビニも見たところでは目立たない場所にあって種類も少ない。
やはりドラッグストア系が安いし種類もあるようです。
価格は100円(消費税抜き)ほどで買える。
これで200kcal弱あるが安いかどうかは考え方しだい。

写真の1本満足バーがバサバサしていなくて食べやすいらしい。

満足バー
満足バー posted by (C)So

++++++++++

実はこれを調べていたら
自作でシリアルバーが作れるということがわかった。
グラノーラとマシュマロがあれば作れるらしい。
他にもナッツ類やドライフルーツ、チョコレートを入れてもいい。

これはちょっと試してみたくなりました。
検索すれば出てくるはずです。

そのうち作ってみたい。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-27 22:31 | BICYCLE
2015年 06月 26日
自転車補給の栄養学
体組計で測っているうちに
ひとつの事がわかってきた。

それは炭水化物のカロリー取りすぎもあっただろうだろうが、
それよりも脂質の高い食品をわざわざ!選んでいたところがあったようだ。
たとえば豆腐でも厚揚げが好きだったり…
このため体内脂肪がどんどん蓄積されていたところがある。
食べる量も重要だが、どんな食べ物を多く食べていたのかも関係しているのだ。

++++++++++++

自転車で出かける目的のひとつに飯(めし)ポタ・ツーリングというのがある。

しかしそれが腹一杯食べるような食事処はマズいのだと分ってくる。
何故なら食べた後は体内では食物の消化活動を必死にやっている、
ですから本当は食べた後はゆっくりと安静にしていた方がいいわけ。
それを帰路も自転車を漕いで運動するのは良くないだろう。
ほとんどのスポーツは途中で食事をすることなく終了するのもそのためだ。

目的地が大盛りを売り物にする店とか
トンカツや焼肉などの油物を食べる店とかは、
おそらくふさわしくない食事だとおもわれる。
ハンガーノックをしないためにも食いだめする
という考えでいたら間違うのだ。

でもあまりそこまで考えてないですよねー

そこで、途中で小まめに補給食なのだ。
どうもブルべをやっている人たちはそこをよく考えているようです。
1時間に1回ぐらいづつ200kcal程度の軽い補給をする。


そこで補給食によく引き合いに出てくる羊羹
その中身はとてもエネルギーに変換しやすいのですね~
炭水化物が主な栄養素。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/okasi/yokan.html

それと対比させてみたのがアイスクリーム。
これから夏にはよく食べるでしょう。
自転車のブログにも写真がよく載せてあります。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/nyuuseihin/aisu.html

そうすると栄養素がまったく違いますねー
こちらは脂質が多い食べ物。
同じ甘い物でも自転車の時は羊羹の方が良いみたいです。






[PR]

by anbsakura | 2015-06-26 21:34 | BICYCLE
2015年 06月 22日
体組成計を購入した
古ーい、アナログのヘルスメーターから
何かいろいろ測れるという体組成計というのを買ってみました。
今まで高いと思っていましたが意外に安いのもあるようで…
何件か周ってタニタの型落ちしたのが安いので、コレにしました。
裏ラベルを見たら日本製でした。

a0034181_17562716.jpg
なるべく数字は考えない、そうしていましたが
ここら辺で進捗状況を知りたいということもあるし、
この先の目安もつけないというのもありました。

しかし・・結果は甘くなかった。
まだまだでした、体重は考えていたほど落ちていなかった。
これからもビシッといかないとなぁ~

++++++++++

この体組成計ってオムロンかタニタが取り合えず一流メーカー品らしいが、
高いのはメチャ高いけれど安いのも探せば売っているみたい。
デンキ屋には高いのが陳列されているから高いと思っているなら
そうでもないです。

これ、自転車の商品としても価値があるんじゃないかな
というのもフィットネスバイクの関連商品として考えてもいいとおもう。
下手な自転車アクセサリー買うならこっちでしょう。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-22 20:35 | 飲む、食べる。
2015年 06月 20日
午後ポタポタ
○○市で地域商店商品券を配布するというので買ってこようとミニベロで出かけた。
1万円で2千円余分に商品券が付いているというもの。

しかし…スゴイ行列、写真の後にまだまだまだ蛇行して並んでいた。
a0034181_18132679.jpg
最後尾まで来て整理担当の職員に買えるの?と聞いても「わかりません」
どのくらい待つのと聞くと「2ー3時間ぐらい待つとおもう」
3時間待っても買えないのかって聞いても要領を得ない。
10分ほど並んでいてもわからないので離脱。


これだけ人が来ると普段は見ないくらいたくさんの自転車も。
スポーツ自転車もかなり見かけたので何枚かスナップしてみた。
そのうちミニベロだけ2枚。

これはタイレルかと思ったら、写真で確認すると騙されていた(笑
a0034181_18135256.jpg
こっちは見ての通りのミニベロだった、おそらくドッペル。
a0034181_1814984.jpg
ここで出した写真は自転車少ないが
実際はもっとたくさんの自転車がいました。




[PR]

by anbsakura | 2015-06-20 20:14 | BICYCLE
2015年 06月 19日
水分置換
人間は食事を摂らなくても何週間と生きられるけれど
水を飲まないと3日しか生きられないとか・・
(そのくらい水が重要なのである。)

というわけで、
人間の体重における水分量はどのくらいなのだろう
と気になって調べると
成人ではおよそ60%にもなるんですね。
これは年齢や男女によっていくぶん差がある。

さらに、じゃどのくらいの重さになるかというと
体重70kgで60%なら42kgも水でできているわけです。

で、一日に取る水分はどのくらい必要かというと
およそ2ℓとか聞いていたので
体内の水分が全部入れ替わるのに
およそ3週間ほどかかる計算になる。

+++++++++++++

そこで、考えたのだが…

この水分置換が体内循環の活性化に
影響力があるんじゃないかという気がしてきた。
3週間も体内にある水分は排泄物と一緒になって汚れて排出される。
洗濯機で洗った水のようなもの。

で、その水分を新しく毎日2ℓ入れ替えているわけだが
水分補給が充分行われないと
水分置換の期間が長くなって汚れが酷くなることになる。
これが原因で肥満にも結びつくんじゃないだろうか。

運動をすると大量に水分補給するようになり
そうすることで水分置換の期間が短縮されて
汚れていない水が体内に流れている。
したがって肥満にもなりにくい。

まぁ、こんな理屈で考えると
普段から水分補給が重要ではないのか
って思うわけです。
ちなみに水分は水だけでなくて食物からも摂取しています。
ご飯や野菜からも取ります。
水分を多く含んだ食事が大事になる。

これでひとつ問題。
あまり水分が取れないのが揚げ物ではないでしょうか
何しろ油で水分を飛ばしちゃいますからねー
だから揚げ物の場合は余計に水分取った方がいいのかもしれない。








[PR]

by anbsakura | 2015-06-19 20:51 | 飲む、食べる。
2015年 06月 18日
食べない人
食を減らした分、冷蔵庫が太り出している。
こうなると余っているものをどう食べるかということになるが、
結局、予定以上多く食べてしまう。

ウエスト82のズボンがあと1cmぐらいで、キツイですがはけるはず。
およそ45日で5cmぐらい細くなってきた。
今は体重よりウエストが目標になっている。
最終的にはずっとデフォだった79cmなのですが…これはまだ先のことになるだろう。

+++++++++++

ところで自分がこれまでほとんど気にせずにいた食について
今はセーブしているわけだがー
これでも多いという人たちがいる。
一日一食で済ますという。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/160562/

これが某掲示板のスレッドが立つと
意外とそういう実践者が自分もそうだと書き込んでいるのだ。

実際に自分も少なくして前より悪いということもないので
こういう生活もアリなのかということを
少し想像できるようになった。


ところが
もっと極端な「不食」を実行されたのが俳優の榎木氏。
30日間も水のみで生活。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150617-OHT1T50055.html

これはさすがに理解できないわけですが・・
これもスレッドが立つと
ここまでいかずとも、
絶食経験者はかなり居るってことでした。
それが病気の場合もあるわけですが
定期的に数日間食べないで生活することをやっている人もいる。
けっこうみんな食べない生活しているんですねー









[PR]

by anbsakura | 2015-06-18 20:12 | 飲む、食べる。
2015年 06月 13日
フレームの硬さと体重の関係
だんだん蒸し暑くなってきて
自転車に乗る条件が悪くなってきました。

夕方ルイガノミニベロを選んで少し買い物に出てみた。

+++++++++

乗り出して少し乗っていると今までで一番乗り易くなったと感じる。
フレームが硬い自転車なのだがそれをあまり感じさせない。

んー?
これってわずかであるが体重が落ちたことに関係あるのかも?
乗りながら考えてみた…


あまりアテにできない仮説ですが、
重い人が乗るとアルミの衝撃吸収力が無いので強く響く
反対に軽いとショックが弱いのかもしれない?

これはこれまでイメージしていたことと反対です。
自分は女性はこの硬さに耐えるのが大変だと思っていましたが
体重が40kg-50kg台だと軽く跳ねるので気にならなくなり、
反対に80kgもあると身体に直接響くのかもしれない。

ここのところが興味深いですねー
同じフレームでも体重によって感覚が変わることは十分考えられます。
その自転車のフレームに最適の体重の人が乗れば快適で
反対に不一致の人が乗ると硬かったり柔らかすぎになるのかもしれない。

でもこれって事前にはわからない問題ですよねー












[PR]

by anbsakura | 2015-06-13 21:11 | BICYCLE
2015年 06月 12日
リバウンドの心配
気の早い話ですがダイエットをやっても
後からリバウンドするという話はよく聞きます。
ダイエットしている時よりも
むしろその後が問題なのだと言われます。

そのためには急激な食事コントロールはマイナスで
ゆっくりとしたダイエットの方がいいらしい。

幸いにしてダイエットは今のところ順調である。
数字的な部分は判らないままにしているが
服を着ている状態ならほとんど普通の体型の外見になっているという気がする。
よくみれば後ろ姿とか少しお腹が肉づきがいい…ってところ。
実際はウエストがまだまだ昔よりあるので減量の余地がある。
目標的には50%ぐらいまで来たところでしょうか?

++++++++++

そんなわけで前よりちょっと食事の量が増えている時がある。
もっともダイエット前より注意していますから
前と同じに戻ってはいないですけどね。

とにかく総量を常に頭で考えるようにしています。








[PR]

by anbsakura | 2015-06-12 21:03 | 飲む、食べる。
2015年 06月 09日
横からお腹を見ると・・orz
自分の場合少し身長があるせいで手足が太ってみえないことが
かえってそれほど太っていない錯覚になっていました。
しかしダイエットの見本写真のように正面からでなく横向きで身体を鏡で見たら
樽型の体型になっていて些か自己嫌悪になってしまった。
それほどじっくりと身体を観察していなかったせいでここまで出ていたとは・・

ナルホド、横から見ると完全に肥満でした。
これじゃ機敏に動けません。

というわけで毎朝起きるとお腹を横にして鏡を見て確認しているのだが
ようやくというか、1月にしてはかなりフラットになってきた。
それも明らかに10日前よりも膨れ方が小さくなっている。
脂肪のカロリーは多いということで前途多難と感じていたが
意外と順調に来ているようです。

+++++++++++

ものぐさな自分には摂食という方法が一番楽な方法のようにおもう。
例えば毎日早朝にトレーニングなんて絶対に無理なことですから。

そういうわけでもしも自転車で痩せようなんていうのは
通勤で使うなど強制的条件が揃っていないと難しい。

自転車はあくまでサブの道具として利用する。
1週間に1回でもいい。
そうなるとけっこう速く走れる自転車に乗った方が面白いだろう。
フィットネス・バイクはそういう自転車が向いていそうだ。







[PR]

by anbsakura | 2015-06-09 20:43 | 飲む、食べる。