<   2015年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 30日
ウイスキー➡日本酒に変更
近くのスーパーのポイントを500円分もらったので
ウイスキーの足しにしようかと考えて出かける。
しかしスーパーはちょっと割高なのでポイント分の相当額が相殺されてしまいます。
カナディアンクラブなら千円ちょっとでしたので、
コレにしようかと手に取ったのだが、
どうも気乗り気がせずに元に戻す。
ポイント使っても650円も出ちゃいます。
たいして期待しないものに使ってしまうのも勿体無い。

そこで料理酒にも使えて飲めるぐらいに旨い日本酒に目を付けました。
まぁ、パック酒ですが
それでもどれがいいのか分からず一度ネットで調べてみる。

結局、買ったのは五合の月桂冠 純米山田錦。

Yamada
Yamada posted by (C)So

消費税含めて200円ちょっとで買えた。
さっそく帰ってから呑んで見る。
いやー、これは当たりだとおもうよ。
ウイスキー買わなくて良かったよー

日本酒もママチャリと同じく安いのが多いです。
そこで1番安いのは買っちゃダメ!というのを頭の隅に置くことだ。
下から3番目レベルまで上げた方がいいのと同じですね~
ウイスキーでも1番安いのはダメダメです。
同じですね~

ネットでもそこそこ評判はよろしいようです。
そういうモノは個人ブログにも書かれていますねー
反対にあまり安いのはまったく検索にも引っかからずに、
お店のだけということが多い。

日本酒の場合はワインと同じく開栓すると酸化が始まってしまいます。
あまり長く置いておけないのが問題になってきます。
一升瓶などとても無理だろう。
これも一ヶ月も持たせずに使いきってしまわないと…と思っていたが
これなら飲んでしまって無くなりそうです。











[PR]

by anbsakura | 2015-08-30 20:11 | 飲む、食べる。
2015年 08月 28日
やっぱり何も考えてねーな
専門分野のことは素人にはわからない
いろいろなことを考えて作ってあるはず、
あるいは頭がいい人の考えることだから間違えていないだろうと・・

それが正しいこともあるだろうが
そうした根拠が何の裏付けにもならないことも多々ある。

++++++++++++

ロードーバイク(ママチャリ)はなぜ身長が高い人の自転車を作らないのだろうか?
それはきっとわけがあるのだろう
と勝手に推測するのはいいだけれど、
実際は何も考えていないという疑いがあった。

どうもそれは間違っていなさそうだ。

ブリヂストンのサイトから
http://www.bscycle.co.jp/products/#search-condition

自転車を条件から選ぶで、身長を170cm~180cm以上を入力
あとは用途を「日常」や「通勤・通学」など適当に選択して検索GO!



その結果は・・
該当なし、あるいは27インチの自転車が出てくるかと思ったら

なんと驚くことに
26インチばかりか24インチや20インチのママチャリまでが対象。

え、嘘?、絶対無理な自転車でしょう
このプログラム作成して問題にしてないって
何も考えていないとしか言えない・・
(笑…えない









[PR]

by anbsakura | 2015-08-28 23:06 | BICYCLE
2015年 08月 25日
Rodo-Bike?
Rord-Bikeの間違い?
いえ、ローマ字でRODOです。
日本語でママチャリなどの実用車を「労働バイク」ともじってみました。


RODO-BIke
RODO-BIke posted by (C)So

ネットで誰かが書いたのをパクってみましたが
意外と使えるんじゃないかな。

ママチャリって呼ぶにはどうもしっくりしない自転車もありますし
総称的名称としてはママチャリでは限界を感じます。
かといってホーム車という業界内の分類も定着していない。

そこでスポーツバイクが趣味の自転車とするなら
ロードに対抗するような意味で
普段の足に使われる自転車を
「労働」バイクと総称したらどうでしょうかね。
言葉の語呂合わせですが…








[PR]

by anbsakura | 2015-08-25 22:25
2015年 08月 24日
紅茶もノンシュガー
ようやく暑さも一段落
いつも冷やした麦茶を飲んでいたのに
今日の夜はホットで紅茶を飲む。

これも砂糖無しですが
これは去年からそうして飲むようになった習慣。
紅茶で砂糖入りの時はほとんど飲まなかったです。

そこで紅茶をよく飲むイギリス人は日本の紅茶をどう評価するか?
市販のペットボトルの紅茶を飲んでもらった記事を読んだのだが、
やはりほとんどが甘すぎで紅茶の味がわからないという評価を下していた。
評価の高いものは甘くないもの。

これ、やっぱりそうだよなぁ~って思いましたよ。

緑茶でも海外では砂糖が入っているそうだが
日本人だと飲めたものじゃないですよね。
緑茶に砂糖いれて飲む人はほとんどいないでしょ。
紅茶もそうだとおもうんですよねー






[PR]

by anbsakura | 2015-08-24 21:50 | 飲む、食べる。
2015年 08月 22日
ママチャリの夏
久しぶりにYahooのリアルタイム検索をやってみる。
「ママチャリ」を見ると・・
あら?新しい機能が追加されてますよ。

画像ツイートというのがあります。
これでママチャリを見ると・・・

夏休みだなぁ~

いつもと違ってママチャリで旅しているとか
サイクリングしてツイートしている。
あるいは改造したママチャリとかもけっこう出てくる。

写真があるので面白い。

しかしやっぱりママチャリで旅する若者って
けっこういるものなんだなぁという感想を持ったしだい。












[PR]

by anbsakura | 2015-08-22 19:13 | BICYCLE
2015年 08月 21日
商品の種類が多いというのは、逆に売れていない目印かもしれない
最近のアルコール離れの影響で、
ビールの生産量も毎年減少しているらしい。
その割には期間限定やコンビニとの共同開発、糖質ゼロなど
ビールの種類はいくつにも増えていて、
どれを選ぼうか迷うばかりに増えている。

しかし・・こうして種類が増えたところで需要が増えていくのだろうか?

どうもこういう手は悪手のような気がしてならない。
需要が頭打ちなら商品の絞り込みと商品力をアップすべきじゃないのかなぁ?

これって自転車でも同じですよねー
ママチャリなんてみんーな同じにしか見えない。
少し知識があってもそうですよ。
訳わからないですもの。
まして普通の人は迷ってしまうだけなんですよねー

むしろ反対に種類は絞って、きっちりと独自性をアピールすべきで
他社との違いを消費者がわかりやすくした方がいいんじゃないでしょうかね?
とにかく商品数を増やすだけのマーケティングって
考え方を変えた方がいいとおもう。

それが節目が変わり飛ぶように売れ出すと種類を絞ってくるんですねー
ニッカウイスキーはモルトの原酒が少なくなったせいもあるけれど
今までよりも商品数を絞ってきました。
ほぼブラックニッカと竹鶴でこれから展開するようです。
これってウイスキーファンには評判悪いのですが
販売する上では増産体制になってくると
商品アイテムが多いのはかえって効率が悪いことになってくるんでしょうね。
商品点数を絞り込んで売った方がいいとなってくる。

アップルだって商品数はそれほど多くないですよねー
売れている時には商品点数が逆に少ないのです。







[PR]

by anbsakura | 2015-08-21 21:53 | 飲む、食べる。
2015年 08月 19日
ただいまのウイスキーの飲み方、薄~くして飲んでいる。
最近ウイスキーを再び飲み始めているのだが…
以前のようにロックやストレートで飲まなくなっています。
初期の頃は原理主義のようにストレートにこだわったのだけど
そういった味にうるさい拘りを持たずになり、
炭酸で割る気楽さの方へと変化しています。

それもハイボールの基本を外してかなり薄め
炭酸に香りづけでウイスキーって感じでしょうか。
こうするとアルコールもそれほどでなく酔いも軽い。
自分にはこれで丁度いいのです。

問題は炭酸水のペットボトルの量
500mlでは多すぎです!
これだと氷が入って3杯以上になります。
そこで1ℓの安い炭酸水を小分けしている。
スクリューキャップのアルミ缶(ビール)が320mℓぐらい
これに2缶詰めて、残りを最初に使い、あとは次の日に回します。
多少炭酸が抜けるでしょうが、まーそれも気にしない。
そもそも最初から炭酸がそれほど強いって思わないですからねー

+++++++++++

それじゃ、安いウイスキーでも高いウイスキーでも
それほど変わらないじゃないかと思うかもしれませんが・・
これがかなり違う!

ちょっと贅沢にサントリー響でやってみたら、
これがふわりとソフトでいい香りなんですねー
残念ながら12年ではない新しいJHですが・・
これは1000円以下の安いウイスキーとはまったく違うのですねー
ということで薄めても違いはわかるわけです。

+++++++++

炭酸飲料も最近は甘いのはダメになっていますねー
これは砂糖や甘味料の無い炭酸水に慣れてきているためでしょうか。
コーヒーもブラックで飲んでいますから砂糖を入れていません。
これと同じ感覚になってきているようです。
ただ炭酸水だけ飲むと苦い感じがしますので旨旨ではないですが。

味覚に鋭敏になる場合
けっこう普段からの食事が変化する時に関わってる気がします。
今はお弁当にも微妙に砂糖が入っていると感じる。
美味しいと感じるのは砂糖のせいなんです。









[PR]

by anbsakura | 2015-08-19 22:16 | 飲む、食べる。
2015年 08月 17日
サントリーは佐野氏に決まると事前に知っていた疑惑
盗用疑惑にスポットが当たっているけれど
もうひとつ問題になるはずのことが報道されていない。
なぜサントリーが佐野研二郎のトートバックをキャンペーンに使ったのか?

たまたま偶然だったのか?

そうじゃないという疑いがある。
一私企業にインサイダー情報が流れて
すでに決まっていたことを知っていた疑いが濃い。

エンブレムの発表があったのが7/24
新聞社の報道がある。
http://www.asahi.com/articles/ASH7S6JJPH7SUTQP02X.html

それじゃサントリーがトートバックのキャンペーンを発表したのはいつ?
これはサントリーサイトでは見つからないのでちょっと探したら
7/7からキャンペーンが始まっている。
http://matome.naver.jp/odai/2143686759291986701

発表のおよそ二週間前というグッとタイミングです。
発表があれば宣伝効果は何倍にもなり
佐野研二郎デザインのトートバック欲しさでオールフリーも売れるはずだ。
でも偶然かもしれない・・というのもありました。

しかしこれもひとつの事実から崩れていく。

このエンブレムに内定したのは発表よりずっと以前だったのだ。
委員会で内定した時期はなんと昨年11月のことだそうである。
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/700/224127.html

つまり知っていたらかなり余裕を持って準備できるわけです。
当然キャンペーン前にいろいろと打ち合わせがあるでしょうが
わかっていたら問題なく余裕です。

さて何故事前情報が漏れているかというと、
エンブレムの審査員になっている電通のプランナーが
このサントリーのトートバックキャンペーンにも関わっているからです。

関係筋
関係筋 posted by (C)So

これが事実なら審査員という立場にありながら内密情報を漏らし
一クライアントへの営業行為していたことになってくるわけです。



[PR]

by anbsakura | 2015-08-17 21:43 | News
2015年 08月 16日
ジェフ・マクフェトリッジ氏はサイクリストでもあるようだ
先日より取り上げていた佐野氏が参考トレースした泳ぐ人のイラストの
元になったイラストを描いたのはジェフ・マクフェトリッジ氏ですが

画像検索 すると・・・いくつか自転車のイラストが出てきます。

Geoff-1
Geoff-1 posted by (C)So

どうやら関心のひとつに自転車があるようです。
下のリンクは氏の自転車らしく、
フレームにイラストのペインティングが施してあります。

http://www.cycleexif.com/geoff-mcfetridge-parlee-tt






[PR]

by anbsakura | 2015-08-16 21:04 | BICYCLE
2015年 08月 15日
泳ぐ人の絵、クーロンと本物の違い
先日よりのトートバッグの一件、マスコミが動き出しました。
やはり組織と金と媒体を持っている権力が動けば社会問題化に発展する。
いつもの事ですがマスコミは誰が音頭(指揮)を取っているのでしょうか?
報道解禁が始まればほぼ横並びで動きます。
さらに論調までもがほぼ統一されているので共産国のようなんですよね~
反対にマスコミの指揮者が無視すれば重大な問題もうやむやになってしまうのだ。

さて前々回にここで載せた2次加工した泳ぐ人ですが
マスコミの原作者取材によってわかったことがある。
訪れた取材班に絵がいかに作られたのかを解説しています。
それによれば実際に型紙を作って太陽の下で影を再現させているのでした。
水による屈折率で影は型紙とは少し違うカタチになるわけです。
これによって見た印象が水に浮いたような感じに見えてくるわけですね。

光の屈折と影
光の屈折と影 posted by (C)So

反対に佐野氏が描いた絵は、泳ぐ人と影のカタチはまったく同じなんですね。
つまりそこまで考えが及ばなかったわけですねー
これは工業製品をパクっても、まったく同じ品質にならないのと似ている。
製造過程における様々なノウハウまでパクれないのだ。

さらに絵を見れば佐野氏の観察力がいかに粗いのか見えてくる。
泳ぐ女性がロングヘアーですが、これは普通見ない光景であろう。
ロングヘアで泳げば髪の毛が顔に絡みつきますよ。
つまりヘアキャップをしている原画の方が実際の泳ぐ女性に近いわけです。
さらに右足の蹴りもオカシイ、クロールだとバタ足でしょう?

++++++++

こういったところからも佐野氏のデザイナーの実力がどんなものかわかってくる。
他の絵も探せば(探さなくとも)色々とツッコミどころがあるわけだが
なぜそんな実力の人がオリンピックのエンブレムの栄冠を勝ち得たのか???


実はこれこそ問題の本質なんですねー
この出来レースのために50億円が消えているそうです。
そのお金はどこの誰に渡ったのでしょうか。
さらにこのデザインコンペとはオリンピックの審査競技のようなもの。
フィギアスケートや体操のように審査員の判定によって決まってしまう。

しかしフィギアスケートで一回転ジャンプしか出来ないような選手が優勝してしまった。
これが今回のことで不正があるのではと明るみになってしまったわけです。






[PR]

by anbsakura | 2015-08-15 20:50 | News