<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2015年 09月 30日
半合で、丁度いいんじゃない
日本酒のペースってどれくらいか
見当もつかなかったけれど
どうも食事と合わせるなら
半合(90ml)くらいでほどほど丁度いいのかもしれない。

ご飯だと一合がお茶碗2膳くらいなので
半合ならお茶碗一膳というぐらいで軽い。
一合飲むとご飯2膳のようなもので上手く出来ている。

日本酒が15度でアルコール換算すると
ビールの約3倍、
半合(90ml)飲むとビールなら270mlほど
そこそこ丁度いいではないか

そうするとワンカップタイプでも少し多過ぎという気もする。
まぁ、あれはやっぱり飲むために存在しているということなんだろう。

日本酒は酒の匂いがどうも・・・って思っていたけど
冷やで飲んでる限りまったく気になってこない。
あの匂いってやはり糖類など添加した安酒の匂いだったのだろうか…

+++++++++++

先日居酒屋のメニューで、日本酒はどうなのか調べてみたが、
では、最近のファミ呑みとか定食屋チェーンはどうなのか?
少し調べるとやっぱり日本酒をメニューに入れていないところもあります。
※参考サイト http://クーポンまとめ.net/faminomi-2-1291
ほとんどビールが前提になっている。
食中酒とするなら日本食なら日本酒が合っているのに…

ただまともな日本酒を出すとビールより高くなり、
メインの定食と同じくらいになってくる。
このあたりの価格設定を変えていかないと難しいのかもしれない。









[PR]

by anbsakura | 2015-09-30 23:06 | 飲む、食べる。
2015年 09月 29日
道路の側溝は自転車に危険性がある
午後からミニベロで龍ケ崎まで。
a0034181_22204923.jpg

旧市街はかなり久しぶり。

目的地往復、
途中で店に立ち寄ったりして帰ると
すでに5時過ぎで薄暗い。

そして…いきなり
道路に敷設してある金属製の側溝蓋が壊れていたので
前輪をガツーンとヒット。

倒れなかったけどホイール壊したかと思った。
どうやら大丈夫のようだが…

今日は詳しく確認していない。








[PR]

by anbsakura | 2015-09-29 23:32 | BICYCLE
2015年 09月 28日
安い=売れる=人気≠美味しい
日曜日の夜にお酒売り場の棚を見ると
売れた酒のところが凹んでいます。
あー、これが売れ筋なんだというのが何となくわかる。

そこで気をつけないといけないのは
売れている理由である。

人気の理由は、やっぱりどうも価格なんですねー
前にウイスキーでも千円以下というのが目安じゃないか?
と書いたことがあるが、
日本酒の売れ筋もそれに近いですねー
2ℓパックで600円台から800円台後半というのが売れ筋のようです。

そして競合品となりそうな中で少しでも安い方が売れている。
今月のお買い得というようなカードがある商品ですねー

ということは特にこだわって飲んでいないのかなぁ…
これがちょっと自分の拘りからすると、どーなの?それ?
って思うのですよ。
まるで他の食品と同じじゃないですか。
まぁ、酒もそうだと言えばそうなんですけどねー

糖質ゼロなんていうパック酒も売れてる。
これネットを見ても評価が低いんですけどねー
全然、気にならないのかなぁ
それから米だけの酒っていうのも同じようなのが多いです。
アルコール添加のものより良さそうですから。
しかも大手の赤パックより安いというのもあるんでしょう。
600円台になるとかなり落ちると思うんですが・・
これいつも飲んでいるんでしょうか?

++++++++++

180ml紙パックの菊正ピンを半分飲んでみました。
ネットでは紙パックの中では、まぁまぁ飲める酒という評価。

かなりメリハリがあると感じますねー
そして少々アルコールを感じます。
しいてパンに例えれば、山崎パンのようなものかな。
評価としては食べれるけれど、やっぱ自家製パンの味じゃない、
って感じ。

※菊正ピンは900ml紙パックまでは糖類添加していないが
2ℓパックになると糖類添加となる別物になるので注意。







[PR]

by anbsakura | 2015-09-28 21:54 | 飲む、食べる。
2015年 09月 27日
ようやく見つけた
いろいろなスーパーや安売り量販店など
日本酒を置いてある店を見て周ったけれど
ようやくココでいいと思える店を見つけた。
何か解決策を見つけたようでスッキリした気分になった。

駅の中に入っているセイジョー・イシイです。
店はコンビニの1.5倍ほどの広さしかないのだが
これがけっこう酒が置いてある。
そして何より日本酒は冷蔵陳列してあります。
さらに各地方の知名度がある銘柄を
それぞれ選んでに置いてあるという考えてある品揃えです。
なぜ多いのかは、紙パックが無いから。

まぁ、ここでいつでも選んで買えばいいと思えた。
あとは怖いのは閉店しないで欲しいということだけだ。

日本酒ならこのお店をメインにして
あとはもう一軒の地酒店とヤオコーをみればいいかなぁー
他の店はブラブラと紙パックなどを見ていればいい
っていう感じ。

とは言っても今はちょっと飲み疲れ、お疲れ状態。
まだ残っているお酒もあることだし・・
見つかったはいいけど利用するのは当分先に持ち越しだ。







[PR]

by anbsakura | 2015-09-27 21:49 | 飲む、食べる。
2015年 09月 26日
シルバー色のママチャリは目印があると便利
ジョブナはシルバーなので、
時々他のシルバーの自転車に埋れてしまうことがある。
そういう時に目印になってくれるのが、
白のシートポストキャリアなんです。
※少し前に載せた写真
a0034181_19112836.jpg
鉄のリアキャリアは重いから外してしまったけれど
アルミなら多少軽いだろうと、余っていたものを後で付け足したものだ。
これがキャリア本来の役目はほとんどしていないのだが、
ママチャが多い場所で見つけ易い目印になっているんですねー
思わぬ使い道になっているのだ。

シルバーのママチャリの場合、
とても同色のママチャリが多いために停めて置くとわかりにくくなる。
何か特徴のある付属品などがあった方が探しやすくなります。
あれだ!ってすぐわかって便利。

+++++++++

それから最近、駐輪場に駐輪機の設置が増えて来ている…
これを使う場合には両立スタンドを前提にした造りになっている。
「世の中の自転車は片足スタンドやスタンド無しもあるんだぞ!」
と言ってみたところで、お構い無しで造ってあるのである。
これに対応するにはやはり両立になっていないと不便なんですねー

ということで今やシティサイクルには
両立スタンドが標準装備品として必須でしょう。







[PR]

by anbsakura | 2015-09-26 22:54 | BICYCLE
2015年 09月 26日
居酒屋のお酒
以前にも書いているが自分は外で飲むならビールぐらいである。
そもそも自分は行かないので
焼酎もウイスキーも日本酒も注文したことは恐らく無い。

そこであらためて居酒屋のドリンクメニューを調べてみた。
大手チェーンの幾つかを見たのだが…

これでは日本酒が売れないわけだ。

これだけたくさんのお酒が日本にあるのに極めて貧弱。
そもそも居酒屋チェーンでPBの日本酒など飲みたくないだろう。
そんな自社ブランド開発しなくていい。
たとえば家飲みでイオンのお酒を選ぶ人がどれだけいるのか。
ウイスキーもブラックニッカクリアとサントリーの角ぐらいしか選択幅がない。
それもビールメーカーと繋がっているのでどちらかひとつ。
そのため酒の選択幅が極端に狭くなっています。

日本酒は巨大なビールメーカーに押されて
弾かれているというのもあるのでしょう。

しかし、居酒屋ですから<酒>が何なのかって重要じゃないの。。
つまみのメニュー開発ばかり考えていても、飲みたい酒がないという現実。

しかも店で出す場合に酒の価格が元の2-3倍になるから
もし地酒を置くと一杯が600円ぐらいと高くなってしまう。
※庄やは地酒メニューがありました。

それならコンビニで惣菜を買って帰り、
家で酒を飲む人が増えているというのも当然というものである。
家で飲むなら居酒屋より良い酒を自分で選べ、
しかも安く飲めるのですからねー







[PR]

by anbsakura | 2015-09-26 00:00 | 飲む、食べる。
2015年 09月 24日
ワンカップ酒は劣化していた?・・その味は。
先日取り上げた「只今、放置中」の自転車は、まだ同じ場所に放置中だった。


ところで昨日飲んだワンカップ酒についてだが・・
たびたび自分が問題にしてきた賞味期限等の劣化について書いてみます。

先日ドンキで購入の越乃寒梅の場合は
飲み比べの経験も浅いけれども問題なく美味く飲んでいました。

しかし・・
そのワンカップ酒は別のディスカウント店で手に入れたもの。
同じく新潟の酒蔵メーカーだが名前はよく知らないところ、
ラベルを見たら「純米酒」なのに120円ほど!?
製造日は去年の12月でやはりちょっと在庫期間が長い。
ワンカップは透明瓶。
で、液体が水のように透明ではなくちょっと色がついている。
これは酒質なのかもしれないが、ちょっとイヤな予感もする。。

しかしずいぶん安いので試したいという欲求が上回りひとつ購入。
あとでネットで検索すると300円ぐらいしていました。
ずいぶん安くしてあるなぁ。
ディスカウント店のお酒は特に安いわけではないのだが、
時々こういった問屋などからの処分品が並ぶことがある。
やはり賞味期限の問題からだろうか・・

とにかく気になったので冷蔵庫に置いてある中で最初に手をつけた。
飲んでみると・・
なんだか雑味があるゾ?…これはこの酒の特徴?
よくわからないが越乃寒梅よりも引っかかるなぁ。
あと若干酸っぱいという気もします。
しかし飲めないわけではないのです。
酒質としてはそんなに悪いものではないと見たのだが、
これが、いわゆる酸化という奴なのでしょうか?

+++++++++++

調べてみた。

http://www.bunbuku.net/nihonshu/hozon.html
日本酒については老(ひ)ね香とか日光臭とか言われる劣化があるようです。


臭くはなかったですが・・
やはりワンカップの透明瓶は、褐色瓶の越乃寒梅よりも劣化が早かったのだろう。
それに小瓶ですから、内容量に対して瓶に触れる表面積が大きくなりますからねー







[PR]

by anbsakura | 2015-09-24 21:22 | 飲む、食べる。
2015年 09月 23日
誤解
今夜は季節として早いがおでんと一緒に1.5合ほど飲みました。

越乃寒梅は昨日半分ほど飲み終わり、残りの分は五合瓶に詰めてある。
本当ならこれから片づけてしまうべきなんだろうが、
別のお酒を飲んで比較したくなってしまう・・

先日から買っておいたお酒。
a0034181_1774710.jpg
キクヨイは静岡の酒蔵
シュンは福岡県
スイシンは広島県

特に選んだものというわけではないです。
周った店に置いてあって、ちょっと見かけない、比較的安く買えたものです。
一応ネットでチェックはしていますけどねー
しかし偶然に選ばれているものであります。

このうちのスイシンを開けてみました。
他にここに載せていないカップ酒も開けてます。
ということで合わせると1.5合になったわけ。

うーん、日本酒ってご飯に合うねー
いや、本当にそう。
今まではそう思っていないで来たから飲んでいませんでした。

呑兵衛のお酒ってイメージが付いてしまっているが
これはワインよりずっと日本人に合っている食中酒といえるのだ。
お酒だけを飲むのではない飲み方。
残念ながらアルコール添加に加え糖類添加した日本酒が多かったので、
この結びつきを破壊させてしまった。

何かの行事で主催者からお土産に出されるようなワンカップ酒や
あるいは飲み放題などで出される安い日本酒などなど、
これらを飲んでキライになってしまうのだ。
ワンカップ酒の場合は、基本缶ビール(350ml)よりも高いものを選ぶべし。










[PR]

by anbsakura | 2015-09-23 20:52 | 飲む、食べる。
2015年 09月 21日
パウチパック酒の利点とは?
結局は手に取って買っていないのですが、
大吟醸酒では最も格安だろうとおもわれる、
パウチパックに入っている黄◯の500mlが売っています。
500mlで税込600円ぐらいなのでお試しに飲んでみたいと思ったわけです。
この価格帯で選べる日本酒はけっこうギリギリの普通酒がほとんどなので、
一応高級酒と分類してもいい大吟醸は希少な商品のように思える。


しかしなぜパウチパックなんだろう。
紙パックも安っぽいけれど、これはシャンプーや洗剤のようです。
飲み物にシャンプーの容器は違和感を感じるわけです。
利点としては冷蔵庫にしまいやすいということのようだが…

・・・・・
あー、これは注ぐ時に注意すれば中に空気が入らないですよねー

ということはお酒が空気に触れて酸化することを
防ぐ意味もありそうです。
自分のように少量で満足する人は飲み切りしません。
これなら残っているお酒をすぐに飲まず
数日、間を置いても劣化が少なくてすみそうな気がします。
紙パックだと空けた分だけ中に空気が入ってしまいますからねー

2ℓの紙パックなら最後の方は空気が充満しているようなもの。
これ、ウイスキーでもすごく気になって来ますからねー
気にならないのは甲類焼酎ぐらいじゃないでしょうか。






[PR]

by anbsakura | 2015-09-21 21:07 | 飲む、食べる。
2015年 09月 20日
お店巡り
ひとつ趣味を始めると、その関係のお店巡りを始めたりするものです。
自転車に興味があった時も色々な自転車店を訪ねて行ってみました。
その他趣味でもそういったお店巡礼はよくありますよねー
ラーメン店巡りとかパン屋巡りとか食べ物系は多い。
その他にはハードオフなどのジャンク巡りとか・・

日本酒でもそういったお店巡りをしている人は多いようだ。
はるばる遠くまで訪問する人もいる。
これは日本酒の数が多いことによって
一つの店では限度があるということも関係があるでしょうねー

自分も近隣を自転車で一通り周ってみました。
こういったことも面白くなるもの。
まだ飲み始めたばかりなのにすでに数種類のお酒が家に・・

まぁそんなに深入りはしないだろうが
たくさん種類があるのでみんな飲めるものではない。
見ているだけで愉しむこともひとつの遊びになるのだ。

ワインの時はまったく名前が頭に入ってこなかったが
日本酒の場合は比較的覚えやすいですねー
やっぱり漢字で読めて意味もわかりますから。
それに地方の地名と雰囲気もわかりますからねー
これがワインだとそうはいかない。
そもそも行ったことも無いわけですからイメージも無いわけです
こういったこともとっつきやすい。

スーパーで品出しを見ていると
日本酒などは、小口配送のようです。
一つの箱に数種類入れた箱に入っている。
そんなに多く売れないので
補充は一本とか二本なんていう少ロットもあるのですよ。
うーん、まるで個人が通販で買っているみたいですw










[PR]

by anbsakura | 2015-09-20 21:30 | BICYCLE