<   2015年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2015年 10月 31日
情報機関が忌々しく思うこと_1
今年に入ってからも日本に来る観光客が激増していますねー
特に中国からの観光客が増えている。
しかも中国人が行ってみたい海外旅行先で1番人気なんだそうだ。

そこで理由を上げると円安になったためとか、
渡航手続きが緩和されたとか、
色々と理由を挙げていますが、
それだけではなくて注目すべきキッカケがありそうです。

日本を選んだ大きな理由となっているのは、
Weibo(微博)などの中国独自の情報サイトから日本の情報を得ていることだ。
もともと官製メディアを信じていないので
中国での口コミの影響力は非常に大きなものがあるそうです。
そこで日本に旅行した印象なども投稿されているわけです。
中国では映画でもメディアでも反日的なスタンスで悪者になっているけれども
実際に日本に行くとそれまで与えられてきた情報とは印象が変わったというツイートに接する、
それでは自分も実際に行ってみたいと興味が沸くわけです。
このSNS情報により日本への関心が急激に深まっていく連鎖反応が起きたわけです。

中国人にとっては、最初に飛行機から下りて感じる澄んだ空気、
ゴミが落ちてない道の風景、礼儀正しい振舞い、日本で食べるラーメン、
日本人の穏やかな表情、デパートでの店員の丁寧な対応など
日本人の日常生活の何でもない体験が重要な観光目的になっている。
それまで抱えていたイメージとのギャップを体験するために来るわけです。
マスコミが話題とする爆買いだけが目的じゃ無いと理解すべきところではないか。

つまりWeibo(微博)無くして、今の観光客激増はあり得ないでしょうねー

+++++++++++

それとは反対のことが少し前の日本でもあった。








[PR]

by anbsakura | 2015-10-31 23:01 | News
2015年 10月 30日
ますます怪しさが増すサイクルモード
今年も11月にあるんだそうな。

すでにほとんどの完成車メーカーはいなくなってしまっている。
ほぼ中身は空洞化しているのが続いているんですねー
今回もスカスカです、いくつかの問屋系の会社が残った。
おそらく販売店向けに出展せざるをえないのかも。
ブランドは聞いたこともない無名なもので水増ししている。

サイクルモード実行委員会って誰がオーガナイズしているのだろうか、
この組織の情報をネットで調べてもよくわからないのです。
どうもテレビ東京系が主催者なので、その関連企業のオーガナイザー?

そうするとイベントをやるのは無料奉仕でも何でもなく、
これで一儲けしようという営利目的化した性格のイベントなのであろう。
これが完成車ブランドが逃げ出した大きい理由になるのか?

自転車業界団体が自主的に運営する一年に一度の祭りではないのだ。
そうなってくるとブース出展費も主催者は高く設定していたとか
試乗車なども色々と無理な要求してくるとかあったんでしょう。

とにかく出展企業が昔と比べいろいろケチりだしました。

以前ならカタログなど当然無料でした。
その他にもステッカーやノベルティーを出すところも多かった。
行けば帰りにそこそこお土産もあったんですが、
そういったことも少なくなっていたらしいですからね。

本来なら入場料収入で出展費用を少しでも相殺させていくべきところ
オーガナイザーが持っていってしまうのかもしれない。
あくまで想像ですけどね。

といことで一般客という立場からしても
すでに主役が逃げた営利目的のイベントに入場料を支払うのも
愚かしいという気がする。










[PR]

by anbsakura | 2015-10-30 21:00 | BICYCLE
2015年 10月 28日
酒粕でにごり酒擬(もど)きを作ってみる
酒粕を溶かして清酒に混ぜると、
にごり酒のようになるというので、
これは安上がり、やってみたくなった。

ちょうど料理酒にも使う安い日本酒を買いたかったところ。
今の日本酒を料理用にドバーッと使えないですからねー
余ったものはにごり酒とか別の飲み方も試せるので丁度いい。

酒粕は吟醸酒のものがいいらしいが、
まず普通のスーパーは種類がひとつだけで置いてない。
そんなにみんなが買う商品でもないようで売り場に無い。
価格は店によりけっこうバラけているので、
安いので試すことにする。(おそらく普通酒の酒粕だろう。)

お酒もパック酒から選ぶことにして
いろいろ見ていたら夏季限定の通常900円程度のものが600円ほどなので、
それ(白鶴)にしました。(HPを見ると定価は1480円)
醸造アルコール、糖類、酸味料添加なのですけどね。

飲んでみたら、安い酒にある喉にキツイ感じがありますが
思っていたほど悪く感じない。
ただ氷を入れてロックにしたら不味い。
でも、ウイスキーの◯◯◯より全然いけます。

酒粕は粕汁も作ってみました。
にごり酒は前に買った月桂冠のにごり酒の200mlカップで試します。
酒粕に日本酒を少し入れて電子レンジで温め、かき回して溶かします、
そこに日本酒を足してから冷蔵庫で一日置きました。

今日出してみるとにごり酒のように粕が沈殿している。
見た目はにごり酒と同じみたいです。
飲んでみる、
あー、これはわるくないですよ。
普通に飲めますね。

これがにごり酒と言えるのかどうかは別にして
元のパック酒より柔らかい感じで飲めました。











[PR]

by anbsakura | 2015-10-28 22:11 | 飲む、食べる。
2015年 10月 27日
ダイエットと自転車の関係は?
体重が76kg台に入った。
おそらく10kgは減量したようだ。
5月から始めたので約半年ですねー

最初はかなり食事を抑えていたけれど
最近はそれほどでもなくお腹がすくようなことはしません。
ただ食べ過ぎないように意識は常に考えてますけどね。

しかしやはり食事量を考えていても
それでも思ったように減量するわけでもないです。
ちょっと多く食べてしまえば0.3kgは増えます。
そのままにすると次の日も0.2kgぐらいまた増える。

++++++++++

そういった時は自転車に少し乗るといい。
少しといっても20分ぐらいじゃほとんど効果ない。
やはり1〜2時間(実動)ぐらい乗ると次の日は少し減量の効果があるようだ。
0.3〜0.4kgぐらいは減っていたりする。
そういうことでリバウンドで増えていかないような意味で、
自転車も役に立っているわけですねー
別に運動なら何でもいいんでしょうが、
自転車は手軽にできることがメリットといえる。

ダイエットの基本はあくまでも食事の量であり、
自転車は痩せることよりも体重を増やさない抑制装置になっていそうです。







[PR]

by anbsakura | 2015-10-27 20:36 | BICYCLE
2015年 10月 25日
ここは何処のサイクリング道かというと・・
日本じゃないんですねー

Cr1
Cr1 posted by (C)So

Cr2
Cr2 posted by (C)So

ストリートビューでたまたま見つけた釜山の自転車道

意外かもしれないが、釜山の主要道路整備をストリートビューで見たら
日本の役人よりIQが高い造りのような気がする。

幹線道路は自動車専用に作ってあり、人や自転車との混合交通を避けてある。
全部の道からすれば一部だろうけれど、
日本の道路は歩道を設置して、
一緒に道を使うような作り方をしているよりずっと安全である。

こういう自転車と人が歩く道を見ても
視覚的に両者を分離するように色分けされていますねー
※ちなみに自転車に関しては韓国人はあまり乗らないのに、この配慮が出来ている。

近くの手賀沼CRでも歩行者と自転車の混合だが
色分けまでしないため初期の頃は全く機能せずに危険でした。
予想される問題に対する想像力が欠如していた為でした。

さらに街灯も設置されていますねー

手賀沼はもちろん、他の江戸川等の土手にも全くありませんので
暗くなったら走れませんね。
道路を使う側の身になって造られていないのです。







[PR]

by anbsakura | 2015-10-25 22:25 | BICYCLE
2015年 10月 23日
踏みに行く
自分の性格はかなり慎重派に入ると思うが、
この反対語を調べたら「軽率」なんだそうだ。

ここら辺が日本人が考える発想のような気がしますね。
軽率って言ったら悪いような受け取り方ですよねー
慎重な方が賢そうに見える。

でも本当に慎重な方が賢明だろうか?

リスクを負わないと良いものも知らないで過ぎ去ってしまう。
だから多少の軽率さというか積極性はあった方が面白くなると思うんです。

現代の消費者行動って広告などで知名度があるものを選ぶことが多い。
お店も同じく知った名前のお店で買う。
コンビニなどはそういう安心感のある選択で選ばれているとおもう。
ファーストフードチェーンやファミリーレストランも。

でも世の中、マスコミで広告を出してるところなどごく一部しかない。
問題は広告を出してるところが必ずしもベストとなり得ないことでしょう。
広告は値段に跳ね返ってきますし、良心的という保証もないのです。
広告の上手な◯ン◯◯ーが実はたいした商品を売っているわけはなく、
そういうイメージでしかないというのが実態だったりする。

ですからいつも同じものを選ぶのではなく
時には未知数のものも買ってみる方がいいとおもう。
たまに地雷を踏んでしまうこともあるでしょう。
でもその確率はそんなに高くないとおもう。
踏んで正解が2割、どちらとも言えないが6割、地雷だったが2割ぐらいだろう。

こういった消費行動って日本全体の経済に考えてもプラスだとおもうんですよねー
発見も無ければ新しい消費行動が起きない。
停滞している経済って、そういった無難化した消費行動も原因のひとつだとおもう。

+++++++
追記)
「慎重」の反対語は「軽率」より「大胆」が相応しいような気がしますね。








[PR]

by anbsakura | 2015-10-23 22:08
2015年 10月 22日
ママチャリを正しく乗るとかっこ悪い?
おそらく男子学生でママチャリを乗っていても
正しいサドル高さにして乗っているのは
ほとんどいないのかもしれない。

というのは…
先日理想的姿勢で乗っている生徒を見て
どういうわけか違和感を感じてしまったのだ。

背筋をピンろ伸ばして乗っていると
正しいけどかっこ悪い…ような感じがする。

これはヘルメットのせいもあるのだが、
あの白いお巡り(さん)ヘルメットで正しく乗っていると、
妙に体制的な優等生って醸してしまうんですねー
これはあの年頃からすると反抗期なので、
そういったポーズというかスタイルは拒否反応があるもの。

何となくわかってしまった気がする。
ママチャリを正しく乗るとかっこ悪いのだ。

これはもうひとつママチャリのデザインにも理由がありそうです。
やはり婦人車の代用品なのが問題なのです。
男子学生には元々似合わないというところからも派生している。

なぜママチャリを代用品にしているのか。
ひとつには適当なデザインの自転車が無いからであろう。
ママチャリの需要は大きく別けると、
女性の買い物用と通学用になるわけだが、
通学用は別に設計した方がいいんじゃない?

ママチャリではなく「学チャリ」ですよ。
これも何故メーカーが作らないのでしょうね。
正しく乗ってもかっこ悪くならない自転車。






[PR]

by anbsakura | 2015-10-22 23:11 | BICYCLE
2015年 10月 21日
利益構造
お酒を飲んでくれないと利益が出ない?

おでんの屋台を出してみると、お酒を飲まない人が多いという。
しかしお酒を飲んでくれないと利益が出ないと店主は語る。
http://www.j-cast.com/2015/10/20248414.html?p=all

なぜか某掲示板でこの話題が盛り上がっている。
居酒屋などの飲食店は客からお酒のオーダーがないと利益が出ないのだそうだ。

確かにお酒の利益上乗せ率は高いですからねー
しかもコップに注ぐだけで調理の手間も掛からない。
そりゃ利益率がいいのも当然でしょう。

でも・・・
最近自分が関心ある問題点として上げている外食でのお酒の値段と質を考えた時、
日本酒では良い質の酒など出ないのに、しかも高いというのに繋がってくる。
せっかくの外食なのに酒の質が悪いのに高いと…は。

これじゃアルコール好きは気にしなくても
本当の酒好きの人は行かなくなっちゃうでしょう?

何かねー
こういうことが酒離れを誘発させたのではないのかなぁ、って。

誰も好んで高くて不味い酒を飲みに行かない、
行かなくなってしまいますよねー
席代と考えても酒が不味いのは許せない。

飲食店の昔からの慣習なのだろうが
酒で利益を出す構造はもう若い消費者には受け容れられなくなっているのです。










[PR]

by anbsakura | 2015-10-21 22:11
2015年 10月 20日
雑酒というお酒
日本のお酒の消費量が年々下がっているという話は聞いているとおもう。

その中で特にビールとか日本酒が減っている。
かつてはこのふたつのお酒がほとんど占めていのに…
(統計のサイトを貼るつもりだったが見失なったのでリンクなし。)

そして逆に増えてきているのが「雑酒」と言われる酒なのですねー

雑酒とは主に酒税法等で用いられるため知られないだけで、
消費者にはもっと差し障りのない表現が使われているのだ。
たとえば「第3のビール」とかも「雑酒」なのです。

これ(第3のビール)、麦酒メーカーは絶対使わない呼称なんですねー
缶に第3のビールとも表示されてないですよね、単にお酒と書いてある。
ビールじゃないから。
第3のビールは新聞社やテレビ局が使っているだけなのだ。
ビールメーカーは苦心して「新ジャンル」といった呼び方をしています。

では麦酒とどこが違うかというと…全く違うのですねー
ビールは大麦を原料とする醸造酒なのに対し、
新ジャンルは蒸留酒に麦酒フレーバーとなる発泡酒を足したものと考えていいだろうか。
体裁良く言うとリキュール酒なんですが
元の酒はあの無色透明の焼酎である。

焼酎やウォッカなどの蒸留酒を横文字ではスピリッツと呼ぶが
それに香料や麦芽の味に偽せた発泡酒を加え、
ビールのようにしたものが第3のビールの正体。
焼酎にホッピーを加えたものと同じと考えてみればいいのかも。
(※注;大雑把な説明になってしまってます
製造方法はかなり複雑で、麦芽以外を原料とした発泡酒タイプのものもあり
各社それぞれに製造方法は違っています。)

したがって第3のビールと同じようなのが、
焼酎に果実などを入れたチュウハイ。
どちらかというと、こっちと親戚なのですねー。
こういうリキュール酒が今増えているのですよ。
それは売り場をみたらわかりますね。

++++++++++

かつて自分はビールぐらいしか飲まないと書いていましたが
新ジャンルのお酒が出てきた最初こそ不味いと飲まなかったのに
最近はビール1に対して新ジャンル3ぐらいの割合で飲んでましたよー
これ、知らないという人はたくさんいるでしょうねー

しかしこの新ジャンルのお酒…
ビールと違うのは、どーも飲み飽きるという性質があるようなんですねー
だから次々に新商品を出しているというのは
そういった訳がありそうです。














[PR]

by anbsakura | 2015-10-20 20:53 | 飲む、食べる。
2015年 10月 19日
久しぶりのMTBは重いのだが・・
最近は全然乗っていない市街地用改造ジャイアントのMTB。
ハブダイナモにしたのに実際に使ったのは一回きりという状況。
もう邪魔なので畳んで仕舞うかと考えていたのだが、
取り敢えず久しぶりに出して、
乗ってから考えることにしました。

前輪空気が抜けていたのは虫ゴムの劣化、
交換して空気を入れてから走り出す。

走り出し・・うわー、タイヤが重いなぁ
ウチの前は微妙に坂になっているので少し走ってからだが…
ジョブナに慣れているので、
その走行感覚からするとかなりモッサリしている。
ジョブナって意外に良かったんだーって改めて感じる。
もっとも自分なりに改造した結果であるんだから当然か。

しかし、5分もすると前の感覚が蘇ってくる。
それほど重いと感じなくなってくるんですねー、不思議と。
絶対速度は速くないのだけれど、悪くない。。

ひとつはタイヤのクッション性がいいこと。
もうひとつはフレーム剛性がシッカリして腰砕けしないことですかねー
ママチャリの剛性に慣れていると気づかないものです。
乗っていてハンドルの遊びが少なくなるというのかー
やはりスポーツライクな反応があるのですよ。
まぁ、アルミフレームでもあるためというのも考えられますけどね。

それで10kmほど走っているとジョブナより疲れないと感じる。(速度は速くない。)
あるいは乗っていることが飽きない。
走ってきた余韻が残るんですねー
残念ながらジョブナにはそういう感覚が起きないのだ。

というわけで、やっぱり畳まないで置いておく?

+++++++++++

ずーっと昔から考えているのですが
シティサイクルにMTB並みのタイヤを履いた自転車って
あってもいいと思うのですけどねー
MTBのクッション性のいいタイヤは楽ですしパンクもしにくい。
変速機とフレームの見直しだけすればいいんです。

さすがにジャイアントをママチャリ化させるのは無理なんです。
基本がMTBなのでやっぱりちょっと違う。











[PR]

by anbsakura | 2015-10-19 20:46 | BICYCLE