<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 30日
かなり似ている・・
細かく見ればいろいろと違うけれど、
今乗っているビアンキコンセプトと似ているのが、
マークローザのホリゾンタル。

※写真は画像検索より
ホリゾンタル
ホリゾンタル posted by (C)So

非常に平凡なスタイルなんですが
今ほとんどこういったスタイルの自転車を見ることがない。

たまたまこの自転車が走っていたのを見て
似ていると思った。







[PR]

by anbsakura | 2016-03-30 21:22 | BICYCLE
2016年 03月 29日
お洒落な自転車は絵にならない
広告写真というのはリアリティのないものです。
どうかすると、そーゆー商業写真をみんな真似していますよね。

でも存在感のある自転車ってそういうお洒落な自転車ではなく、
もっと泥臭くて、どこかまとまりの無いような自転車なのだ。
そういう自転車が商業写真とは違う、
その人となりの想像をかきたてるような
空気を映した絵になる写真になる。


a0034181_201328.jpg








[PR]

by anbsakura | 2016-03-29 21:09 | BICYCLE
2016年 03月 26日
ママチャリと立ち漕ぎとハンドルの関係
セミアップハンドルのビアンキに乗っていると
座ったままで立ち漕ぎを殆どやらないことに気づいた。
そこでやってみると、
出来ないわけではないけれど、
ハンドルが内側に曲がり過ぎているんですねー
そのため、自然な動作で立ち漕ぎに移り難い。

ハンドルはママチャリに付いていたモノですから
ママチャリでも似たようなものだ。

++++++++++

しかし日本の道って平坦でなくあちこち坂があるわけですよねー

ですからシングルはもちろん、3段でも坂は苦手になります。
そこで少しぐらいの坂は立ち漕ぎでカバーするのもテクニックなのだ。
ところがママチャリだと座ったままで登ろうとしてますよねー
そして登れず途中から降りてしまいます。
(学生はやっていますが・・)

これはママチャリのハンドルが
実状にマッチしていないとも考えられます。
こういった場合、
少しぐらいの坂なら立ち漕ぎでカバーしないとなりません。

となると、
どういったハンドルがいいかというと
今よりベント角を小さくして開き気味に、
そして少し幅を広げ、
フラットハンドルに近いオールランダーより手前に曲がっている
いわば中間ぐらいのが使いこなすにはいいんじゃないか
そんなコトを思ったしだいです。











[PR]

by anbsakura | 2016-03-26 21:57 | BICYCLE
2016年 03月 25日
居心地の悪い空間
昨年開店した大手珈琲チェーン店、
相変わらず駐車場にはクルマが多く停まっています。
今のご時世にこれだけ人気とは珍しい。
a0034181_19382881.jpg
少し調べてみると、特に安いとか美味しいとかではなく、
いわば休憩するには居心地がいいからという理由がウケているようです。
つまり食については二の次なのですねー

+++++++++++

これと対照的なのが、
この通りの先に前からある、
某ハンバーガーチェーンではないだろうか。

最近いろいろと話題にはなっているが、
食の安全性で客離れを起こしたと言われてます。
でも・・それが大きな理由だとも思えない気がしますね。

それよりは店内で食べる場所が
わざわざ居心地を悪くさせていたのも客離れした原因でしょうねー
これは客席が硬かったり、テーブルが狭かったり、
あるいはインテリアがけばけばしい色だったりして
心理的に長い時間占有されないようにしていたわけです。
これはファーストフードとして
回転率を上げる工夫だったにしろ、
その結果が客離れを招いているのでしょうね。

あいかわらず新規メニューとかで、
宣伝やっていますが・・
答えはソレじゃないでしょうねー






[PR]

by anbsakura | 2016-03-25 20:39 | 飲む、食べる。
2016年 03月 22日
ネイキッド・アシストサイクル
カバーを外してもいいことは何もないし、
返って汚れるだけなんですが・・

だけどこっちのがメカっぽく見えて、
こういったデザインの方向性もアリではないかと思った。

a0034181_21155520.jpg

a0034181_21154152.jpg
偶然同じ場所に2台止まっていたので、おそらく友人同士でしょう。
このアイデア、わざとカバーを外して乗っているんでしょうねー

アシスト自転車はモーター駆動部をカバーで隠すようにしているが、
むしろこうやってむき出しのエンジンのようにデザインした方が
オトコの琴線に触れるデザインになるんじゃないかと思った。








[PR]

by anbsakura | 2016-03-22 20:51 | BICYCLE
2016年 03月 21日
リアリフレクター移動
シートポストキャリアにリフレクターを付けたことで、
泥除けに元からあるリフレクターと縦に2つ並んでいた。

機能より見た目のデザインが悪いのを少し気にしてたから、
シートステーへ移動させました。

a0034181_2115316.jpg

泥除けに残った穴はアルミテープで目隠し。

今回取り付けたリアリフレクターは
太陽充電タイプなのだが、おそらく充電池が弱くなっているため、
点滅動作が続きません。
ただ充電池交換より問題は点滅の照度が弱いんですねー
これならこの前のビアンキの100均の方がまだ全然明るいため、
充電池を買ってまでしないでこのまま使う。










[PR]

by anbsakura | 2016-03-21 21:46 | BICYCLE
2016年 03月 17日
造ってはみたものの・・
駅前に昨年末完成した貸ホールやトレーニング・ジムなどがある文化施設。
人の出入りが少ないようだ。
a0034181_18233627.jpg
駅前というのは地域でもっとも賑やかな雰囲気を醸す中核になっていないと、
過疎化によって経済的にも落ち込んでいく。

おそらくこの施設が駅前に建設された目的もそのためでもある、であろう。
しかし…文化施設で活性化できたのか?
他の地方都市での街づくりの数々の失敗を先例にすれば、
ある程度予想された結果であったといえるのでないか。

市長は駅前の高い土地にたくさんのお金をつぎ込んでしまいました。
経営者なら失格でしょうねー








[PR]

by anbsakura | 2016-03-17 22:17 | BICYCLE
2016年 03月 16日
行き方がわからない〜スーパーの機会損失
少し前に新しいスーパーが出来た話を書いたことがあるが
その後も自宅付近から自転車で行く人を全くと言っていいほど見ない。
時々近所で見かけるビアンキに乗っているシニアの男性を見た程度。
さすが日常乗っているからわかったんでしょう。

で、ふと思ったことは
おそらく新聞しか見てない人は地図がないからだ、と。
チラシ広告では場所はわかるが(ママチャリでの)行き方は教えていませんよねー

GoogleMAPでもいいので、
ちょっと付近の道のつながり方を調べればいいのだが、
女性の中高年者はネット使わない人が多いでしょうからね…
a0034181_1925499.jpg









[PR]

by anbsakura | 2016-03-16 20:26 | BICYCLE
2016年 03月 12日
震災と自転車
震災の時には自転車がプチバブルで飛ぶように売れたのに
(あの時はガソリンの供給がストップしてクルマが使えない事態になりましたよね。)
今はウソのように忘れ去られてしまったようです。
売れるのは電動アシストや小径車やロードバイクでは
その時に使えるかどうかの自転車ではないですねー

半径20kmぐらいの距離を走れるママチャリを持っていれば
何かと役に立つだろうにと思います。

県道7号線が自転車で走れるような道ではないので
ここから抜けていく。
a0034181_19531769.jpg

田んぼを通って登ったところにある柏の吉田邸、今は柏市が管理している。
a0034181_19533270.jpg
帰路に通った道にすり鉢のようになっている運動場で小学生がサッカーしていた。
a0034181_1954011.jpg
黄色の建物をズームしたら、柏レイソルのToy'sCiubでした
a0034181_1953491.jpg







[PR]

by anbsakura | 2016-03-12 20:22 | BICYCLE
2016年 03月 11日
ボトルデザインの作り出すもの、続き
昨日は途中で切ってしまいました…

ウイスキーの瓶と化粧品の瓶とは多少近いと言えるかもしれません。
中身にコストがかかっているのは消費者は見ただけではわかりませんが、
瓶のデザインが与えるイメージというのは大きいと言えます。

ブラインドテストすると間違えたり分からないことがあるように、
瓶によって味を記憶するほどに重要なものである。

したがってスコッチの有名銘柄は瓶のデザイン管理には、
とても神経をつかっていると感じます。
ラベルなども時代ごとに少し変えて新しくするけれども、
基本、大きく変化することはないですからねー
ほぼずーっと同じ瓶のデザインを続けています。
しかも統一されたデザインコンセプトにしている。
ジョニーウォーカーは赤だけでなく、黒や緑も同じデザインにしていますよね。

まぁ、こういったことを感じると、
メーカーの製品に対するひた向きさっていうのか、
そういう一途に積み上げていくポリシーも伝わってくるものです。

ここで国内メーカーのウイスキーを見ると、
各ブランドごとに瓶のデザインがバラバラなのですよ。
どっちかというと場当たりマーケティングで
次々と新しい商品を作り過ぎた結果ですね。
そして次々と消えていく。
これが瓶のデザインにも表れているように思います。


ウイスキーに限らず日本ブランドの問題なんですよねー








[PR]

by anbsakura | 2016-03-11 21:41 | 飲む、食べる。