タグ:シングル車 ( 52 ) タグの人気記事

2013年 04月 20日
ママチャリのシングルギアを買うのは今はちょっとパスしたい
ママチャリは内装3段よりもシングルが潔いと
以前から考えていたのですけど

そのシングルギアについて
ココを見たらこれはマズいと考えの修正をすることとなった。

http://www.myring.jp/charepair/kaizou15.htm
最近の自転車の後輪ハブはフリー(スポロケット)が一体型になっているため
歯数比の調整をする場合はリム組を全部ばらし、目的の歯数のフリーに交換する必要があります。


ここの写真にあるような作りなのか?
参照:http://urekko-cycle.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=912446&csid=0
a0034181_1650994.jpg



このように一体化した製品になっているらしい。
そうなると自分にはギア比が合わないから変更したいと思ったとしても
変更することができなくなっているのだ。
しかもギアも14Tか16Tの2種類しかないようです。

これはおいらのブリヂストンのシングルのハブ(10年以上前のもの)
構造が全然違っています。
a0034181_16522799.jpg


a0034181_16525245.jpg



写真だと爪の下にOリングの割れ目があるから、
そこを引っ掛けて外すと下の写真のように外れる。
したがってリアのギアも交換できるのだ。
これは内装式と同じだ。
ちなみにこのギアは19T、フロントが通常のより歯数が大きいためである。


もっとも交換する人がほとんどいないのも現実なんだろうけど、
それでもやはり換えたいと思っても換えられないのはよくない、
ここを固定化させてしまうのは合理化の行き過ぎではないかと思う。

※内装3段はおいらのシングルと同じになっているから交換可能
したがってギアの重さをスライドして変更できる。

ということで内装タイプを高くても選んだ方がいいとおもう。
あるいは外装式の6段。
[PR]

by anbsakura | 2013-04-20 18:34 | BICYCLE
2011年 12月 06日
シティーリムから130g軽量化になった
昨日書いたリムの入れ替えをやってみる。
バラして組まない方法、
やり方はカンタン。

最初にホイール全体のスポークのテンションを緩めておき
組んであるホイールの横にこれから入れ替えるリムを並べます。
そのリムが右手にあるならハブの右側にあるスポークを順番に移し替え、
それが終わったら今度は残っている左側のスポークを移せば移動完了。
一応ここまで、
どうやら長さは問題なく使えそうです。
マビックのリムはダブルウォールなので少しならスポークがニップルからはみ出ても使えます。

さてこの交換方法で注意したいのは片側が移し替え終わった時に
もう片側のスポークの位置をひとつズレて間違えると組んでもゆるゆるになります。
最初に隣り合う一組だけマーキングしておいた方がいい。

++++++++

今回シティーサイクルのホイールがけっこう重たいのでリムの重さを調べてみた。
といっても軽量化にそれほど熱心でもないので秤は1kgまでのキッチン用しかない。
まずリムだけのマビックがおおよそ470gでした。
そして外したシティー用のリム、ARAYAのアルミですが600g。

やっぱり重いですねー
これだけで130g軽くなりました!
シティー用になるとだいたいこのくらいの重さなんでしょう。

++++++++

あと気付いたんですけど
リムハイトの高いディープスタイルのリムで安いのは重いんですよ。
つまりカッコはいいけどシティー用と同じ重さになっていたりする。
そうなると初動の加速性能に影響しますね。

つまり今流行のピストなどに付けるアルミのハイトリムは
性能的にはカッコいいだけってことになりそう。
だからディープリムはカーボンになってくるんですねー
[PR]

by anbsakura | 2011-12-06 22:50 | BICYCLE
2011年 12月 05日
10速化はシングラーに無縁
ティアグラが10速化したことで
ドライブ系をデフォルトの8段や9段から10速化に変更するヒトがかなり多いみたいですね。

しかしシングル系に目覚めてしまうと
それって意味あるのかな〜っていう受け止め方になって来ちゃうのであります。
昔に8段→9段にわざわざ変えたコトもありましたが特別何かの感動もなかった。
それからはやっていません。

今のところシングル系のリアホイールはビアンキの一本だけ。
それで十分なわけですが
ふと自分の在庫で無駄なのを見ていると
BSのシティー車のリアホイール(27インチ)とマビックの700Cのリムがあるのだ。
どちらも36Hでリムの高さも僅かなのでリムの履き替えが可能と思われる。
現在のは固定とフリー両方使えるが固定で使用中
今度のは当然フリーギアのみのシングルですね。
ギアは19Tでナット止めになる。

どうせ使っていないんだから入れ替えてみようかな。

++++++++

☆調整ナットを長いものに交換して移動を固定しシングルギア用に改造したディレイラー

*「ぶろぐであさひ」さんから借りた写真
[PR]

by anbsakura | 2011-12-05 21:13 | BICYCLE
2011年 11月 01日
久しぶりのシングルが重い
キャノンデールのマッドガードのネジが取れたままなので
久しぶりにビアンキのシングルを使ってみました。

ところが覚えていた感覚よりも漕ぎが重い気がする。
どうもこれまでの運動量が少なくなっているので身体がなまっているようだ。
ギア付きはギアを変えて走るから気づかないことなのだが、
シングルだとギア比1つなのでダイレクトでわかるんですね。

主にロードレーサーに乗っている人がシングルに乗ったら
何てつまらない自転車だと思ってしまうことだろう。
ロードレーサーのトルク感覚が染みついてしまっているので
軽い力で走ることに慣れきっているのです。

しかし自転車に乗るにも最低限度の体力は必要とおもう。
最初っから軽いロードレーサーに乗ってしまうと
体力がか細くてもそこそこのスピードで走れてしまうことになる。
これは本来あまり好ましくないコトだとおもう。
基礎体力を付けていかないとロードレーサーだって
充分な能力を使いきれないで疲れるはずです。

少し乗っているうちにシングルの楽しい部分を思い出すようになる。
シングルはカラダ全身で走る自転車です。
しだいに漕ぐコトだけ集中するようになるのです。
坂道ならダンシングでグイグイと登っていく、
登ったら疲れる。
それが自転車に乗っている充実感となってくる。

本格的にロードレーサーを乗っている人は別にして
ホビーでロードレーサーに乗っている人が本当に自転車で体力を付けたいなら
シングルに乗ってみた方いいんじゃないかとおもう。
ただし最初の印象は最初に書いたように落胆するでしょうけどね。
[PR]

by anbsakura | 2011-11-01 20:10 | BICYCLE
2011年 05月 21日
カゴ付きピスト、ブレーキ付きの出来上り
先日から作っていた固定のビアンキにカゴを付ける。
フロントキャリアの上に載せてタイラップで止めるだけ。

乗ってみると前に大きなカゴがあって
今まで見たことの無い光景なので違和感を感じる。
それにしてもかなり大きいカゴですねー
付ける前はこれほど大きいとは感じませんでした。

付けて走るとブレーキレバーに時々当たって音がする。
サスが沈むとクリアランスが無くなって当たるんです。
ということでブレーキ角をやや水平方向に調整してから
スレッドステムも少し上に上げて直しました。
こういう問題があるのでカゴ付きは難しい場合もありますね。
おいらのは上向きのスレッドステムなのでクリアランスを取れました。

さらに後ろのタイヤを交換しました。
偶然に半額ぐらいに下がった安いのが見つかって、
この際なので購入してしまう。
ただしサイドカラーが青の23C。
かなり派手になったけど、こういうのもイイかなと…。

+++++++

さて少しだけ実走、カメラ屋まで往復。

この固定という非実用性+カゴ付きという最も実用性の高いアイテムの組み合わせ。
こういう変態っぽいの面白くて好きですねー。
それでもってかなり普段でも使えそうですヨ。
最初大きいと思っていたカゴも気にならなくなるし、
このカゴがあればどこにでも行けそうな気がしてきました(喜w

少し遠出をすることも考えるとタイヤを変えたのも正解かもしれません。
前のはサイドにヒビがはいっていたザフィーロでしたからね。
今度のは少しだけ上になるトパージオ・プロ、同じビットリア。
案外と評価は悪くなさそうなので買ってきた。
乗ってみて直ぐわかるほどではないが
ゴツゴツした感じもしないのでこれぐらいでヨカッタとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2011-05-21 20:03 | BICYCLE
2011年 05月 14日
一応完成、試走、バックが踏める安心感
ホイールとクランク交換だけだったけれど
少し寄り道しながらどうにか走れるまで出来ました。

意外といろいろなパーツを買ったり使ったりしました。
去年某クリーで手に入れた中古(※)が多いです。
リム MAVIC ※
ハブ ? ※
スポーク&ニップル ホシ
フリーギア18T シマノ ※
リムテープ パナレーサー
固定ギア 18T ? ※
ロックリング ※
チェーン引き ※
スペーサー用のワッシャー
クランクアーム スギノ ※新品同様
サドル ビアンキのチェレステ色 ※
==手持ちのパーツ==
フロントギア44T スギノ 新品同様
チェーンリングボルト スギノ 新品
クランクボルト 新品
BB シマノ 新品同様
チェーン 継ぎ足し
ペダル シマノ
フロントホイール GIANT←MARINから
タイヤ 25C ビットリア、ユッチソン←MARINから
カゴ ステンレス

+++++++++

出来栄えはかなり満足です!
サドルがチェレステなのがイイです。
これまでよりおカネもかけたからなー

乗り出しは前にも乗っていたから特別新鮮っていうのは無かった。
やはり前に乗ったのと同じ感覚を思い出した。

しかしもっとも違うのがバックをしっかりデキること。
これが使う上で大事なのだと分かりましたよ。
上手く使いこなせていないけれど
それなりに減速する時には使えるのがハッキリ分かる。

以前のはなんちゃって固定でしたから強くやると外れそうなので出来ませんでした。
というコトは固定はちゃんとした固定用のハブを使うのが安全ですよ。

乗ってみるとやっぱりシングルって楽しいですよ。
何処が?っていうのは分かりにくいけど単純にそう感じます。
いつもより漕ぐのが楽しいんですねー不思議と、

さてチョット気になるのは
キャリアが共振するのかそれらしいところからの音がする。
原因がどこにあるかわからないけれど直さないと気になる。
カゴはまだ付けていないのでその後で付けようとおもう。
[PR]

by anbsakura | 2011-05-14 20:50 | BICYCLE
2011年 05月 13日
ステッカーレス・チューン
結局フォークの交換は元も方がバランスがいい、という結論になった。

さて先日書いたフロントホイールについてだが、
これも今ひとつ似合わないという理由でどうしようかと考えていた。
どうも見ているとリムサイドに貼ってあるデカールが目障りじゃないかという気がしてきた。

そこで剥がしたらどうか?という案が浮かんで
最初は片面2枚のうち1枚を剥がすことにする。

こういうのは一度剥がすと元には戻らないので、
もし取ったら見た目が余計に貧弱になるかもという心配をするものです。
しかしジャイアントのスピンフォースですから、
コイツをアピールする理由もないのでやってみた。

そしたらむしろクールなカンジになりましたよ。
ハブの安っぽさはどうにもなりませんけどね。
それで全部剥がしちゃいました。
ということで、
このホイールを使うことに決定。

++++++++

といってもフレームや何やらとの組み合わせなので
剥がさないでおいた方が高かそうに見える場合もあるのですけどね。
MARINの場合は最初のままでも違和感なかったし。

ちなみにリアはマビックCXP-22の32Hを手組みしたホイールを使いました。
手組みについてはスポークはふつうクロは置いていないらしい、
ですからシルバーで組むことになります。
このホイールもハブとリムはクロですがスポークは♯14ステンレスになりました。
[PR]

by anbsakura | 2011-05-13 19:25 | BICYCLE
2011年 05月 12日
フロントフォーク交換の目論み…しかし思わぬ結末
さて、Fixedホイールで組むビアンキへと
このまま順序よく組み立てると完成するのだが
ひとつ交換したいパーツがあります。

それはフロントフォークがサス付きなこと
いわくのあるRSTという理由ではなく
単純にサスが軟かいから踏み出しで力が吸収されてしまうためです。
安いモノなのでバネ調節ダイヤルも付いていません。

というコトでフォークを換えたいなぁって前々より考えていたのだが
これは1インチのネジ切りで700Cという古い規格なんですよ。
しかしよくよく考えてみるとバラしてあるプジョーもそうだったなぁと気づき
ヘッドチューブの長さを測ってみたら同じくらい、
これなら使えそうかも、
と思いついてビアンキのフォークと交換してみた。

++++++++

仮付けでフォークを入れて前後のホイールを付けてみました。

しかしナンカ変になってしまった。

一応付けるのは問題もなさそうです。
トップチューブも前下がりになってもいないのです。
でも前よりカッコわるくなった。

それでナゼなのか見ていたら、ある所に問題ありと気づいた。
リアのチェーンステーが長すぎて
シートチューブとタイヤのクリアランスが空きすぎです!
それでロードタイプのジオメトリーと比べると冗長さが出てしまったわけです。
どことなくシティークロスっぽい感じなのは、
そういうワケだったんですねー

ということで、いいアイデアだったけれど元に戻しました。
このフレームにはサス付きが似合っているので
ずっとこのまま使うしかないようです。
[PR]

by anbsakura | 2011-05-12 22:35 | BICYCLE
2011年 05月 10日
余っていたステンレスカゴの嫁ぎ先
先日直したステンレスカゴですが、
ビアンキに合わせてみたらソコソコ似合っている。

すでに前からフロントキャリアが付いていたので
ここに載せてみたらちょうどいい具合の位置で、
さらにキャリアのアルミ棒とカゴのステンレスの針金が重なるので、
タイラップで留めてしまえばいいかもしれない。

このステンレス製カゴというのは
目のつまった黒いメッシュのものとか樹脂製のカゴに比べれば
カゴがあまり強調されないのでイイですヨ。
考えれば最近はこのタイプのカゴがシティークロスでは標準ですねー

+++++++

フロントホイールは試しにジャイアントのスピンフォース4x6を入れてみたが、
もうチョット強調されるかとおもったら案外と地味でした、
それとなくカスタムっぽい雰囲気には今ひとつ。
[PR]

by anbsakura | 2011-05-10 23:14 | BICYCLE
2011年 05月 08日
シマノ過渡期の珍しいBBを外す
危なかったです。
外れないかもしれないと思ったことは二度ほどありました。
見たことがない構造なんで取り外しを考えてしまいました。

カンタンに言うと
カップ&コーン型+オクタリンクのシャフト構造になっていて
右クランクは2ピース構造、左のクランクと同じクランクにギア板となっています。

オクタリンクのクランクはコッタレス抜きで問題なく取れたのだが
BBがややっこしい!
普通のカップ&コーンタイプとはかなり違います。
まず左側のシャフトのネジを外さないとBBの左ワンも回らないのがわかった。
そのシャフトに付いたナットサイズが22と特殊で
ハブ調整と同じように2つのナットを使って固定してある。
外側はモンキーで掴めるが内側が問題です。
スパナがありません、
・・・・長くなるので略・・・
結局、右のクランクをもう一度付け直してテコにして外側のナットを回すと外れました。

ようやく解決かとおもったら、今度は右ワンを外せない問題が発生…
外側はネジ山だけで引っかけたりして回すことができません。
よく見ると中側がギザギザに切ってあるので
ここに工具を入れて回すのだろうというのが解った。
似たような径のスプロケット抜きがあったので、
これを入れて見たけど当然違うので合わない。
これは困ったなーって、
この工具がある専門店で外すしかないかとおもいました。

シリコングリスを吹いてしばし考えていました。
とりあえずタオルを巻いて上から可変プライヤーで時計まわりにまわしました。
最初滑ったのでもう一回…と、
するとスルッと回ったような気がしてタオルをどかして手で回してみる。
動きました!
ラッキーなことに固着していないので手で回して取れましたよ。

+++++++++

当然今までグリスアップはしていないので、
シャフトはグリグリ状態でした。
このBBはメンテナンス性を考えると最悪ですねー
自転車店でも知っていないと直せないかもです。

カップ&コーン型との互換性もありませんので一部を使うこともできません。

ようやくカセットBBを入れて
スギノのXDクランクを装着できるようになりましたョ…
[PR]

by anbsakura | 2011-05-08 21:39 | BICYCLE