タグ:メンテナンス ( 36 ) タグの人気記事

2016年 09月 28日
ダイナモ続き…原因は内部のサビ
ダイナモライトを自転車から外して原因を調べることに・・

とはいえ分解できるところは殆ど無くて
唯一ダイナモ本体下部にあるビス2本で裏蓋が塞がれているくらい。
a0034181_19205297.jpg
ここをドライバーで外して裏蓋を取ると(修理後に閉めたので写真を撮っていない)、
ブラシ部品外回りにも錆が発生していました。
それが裏蓋に付いているスプリング(リード線を挟む金属板をバネのように動かすもの)
との接触不良を起こしていたと推測した。
そこでここもヤスリで擦ってからCRCを噴いて元に戻す。

さて…どう?…ライトは反応よくなり軽く回しても点灯しました。
今度こそ修理出来たとおもう。

それにしても内部に予想以上の錆があった。
ほとんど外部から水分が侵入することは無いはずですが、
何分にも中の鉄部品が何もサビ対策されていないみたいでした。
冬など外気温との差で内部が湿気てサビになるのかもしれません。






[PR]

by anbsakura | 2016-09-28 20:43 | BICYCLE
2016年 09月 27日
やっぱり直っていなかった・・
昨日書いたブロックダイナモのライトですが…

直っていなかった。

症状としては最初のスタートで点かなかった。
そこで接点をさわって車輪を回してたら点灯。
しかし走っている時スピードがゆっくりになると消えてしまいます。
ここでペダルを強く踏んで加速するとまた点きます。
どうもスロースピードになると消えるようです。

ん~、接点掃除が完全でない気もするし、
そこが原因ではないのかもしれない。

ここは一度ダイナモライトを外して、
クリーニングすることにしますか。



[PR]

by anbsakura | 2016-09-27 23:55 | BICYCLE
2016年 09月 26日
ブロックダイナモのライトが時々消えたのは・・
先日電池を交換したリアのテールライトは、
本来の光量以上?に復活しましたが…

それと前後するように
前に付けているブロックダイナモのライトが
突然消えてしまう不具合が発生していました。
ただし、また復活するという、断続的現象です。

最初はローラーが空回りするのかとおもい
強く当たるような角度にしたり
Fフォークとの止めネジが緩んでいるのかと締めまししたりしますが
やはり時々消えてしまいます。

どこか接触が悪いようなので
一度外そうか・・と考えていたのですが
つい面倒で誤魔化していました。

で、もしや
配線コードがライトから一本ダイナモに繋がっていますが、
ここの接触かもしれないと思い、
昼間外してみると金属端子側に赤錆が付いてました。
雨などで錆が進行したらしい。

というわけでサンドペーパーで落とします。
リード線の穴まではペーパーだと無理ですが
とりあえずコードと金属端子を磨き、
ライトが点灯するか確認したところ点灯を確認。

おそらくココの接触が悪かったんでしょう。
それにしてもココの箇所が裸で外に出ているのって、
こういうトラブルになりますよねー







[PR]

by anbsakura | 2016-09-26 20:13 | BICYCLE
2016年 08月 31日
タイヤの横からつまむ
人がやっているのを見ていたつもりで
間違っていることがある。

ゆで卵を半割してラーメンなどのトッピングにする時、
いつも横から半分に切っていたのだが
こうすると中の黄身が上手く半分に別れず
お店のようにならないままでいたのだ。
ある時に卵の上下に切り込みを入れることだと気づいたが
こんな簡単なこと、それまでずーと気づかずにいた。

ママチャリの空気圧
いつもタイヤの上、接地面を押して確認していたが
この方法だとゴムの厚みがあるので
軽く押すと入っているように誤解する場合がありました。
したがって強く押して確認するのがテクニックだとずーと思っていたわけです。

でも…気づいた。
そのやり方より
写真のようにタイヤサイドから指先でつまんでみる方が分かりやすい…
というコツを。(今更


空気圧確認
空気圧確認 posted by (C)So ※きゅうべいさんの写真

タイヤサイドはゴムが薄いので凹みやすいのです。
空気が少なくなっているとつまむと分かります。
ママチャリの場合、つまんでわずかに凹むまで空気を入れればOK。
この方法だと接地面を触らないので手もあまり汚れずに済みますねー

*ロードバイクやクロスバイクはカチカチ(高圧)まで入れるため、
このやり方は適用外です。








[PR]

by anbsakura | 2016-08-31 21:18 | BICYCLE
2015年 12月 30日
虫ゴムって溶けるんだ…いろいろとあるものだ。
ジョブナで切れた前ブレーキのインナーワイヤーを交換した。
ついでにアウターを少し長くして、
太鼓のところとインナーワイヤーには
シリコングリスで錆の予防をしておきました。

ワイヤーが切れてしまった理由はいろいろと考えられるが…よくわからない。
1)製造したものの中のひとつがたまたま強度が弱かった?
2)太鼓部分はレバーから見えるので、外に置いているうちに錆が発生していた?
3)ハンドル交換して若干アウターワイヤーが短くなっており、引っ張られていた?
4)過去に倒れた時に、ハンドルとワイヤーに何らかの衝撃があった?

ともかくそれほど頻繁に起きるトラブルではないとおもう。
またブレーキもこういう時のためにも2系統になっている。

++++++++++

それから年末で少し物置の整理をしていて、
自転車のパーツなども触っていました。
使用してないホイールの空気が抜けていたものがあったから、
空気を入れてパンクしていないか見るつもりで、
空気を補充っと・・あれ、入らない!?

英式なので、そのままで入るはずなんですが…
そこで虫ゴムを確認する意味でバルブを抜こうとしたら・・取れない!
ペンチで回して引っ張ると抜けた。

バルブを見ると虫ゴムが溶けて接着剤のかわりになっていました。
うーん、虫ゴムって溶けるんですね。
ちなみに黒い虫ゴムではなくアメ色のもの。
長い期間放置しているので劣化したのですねー

トラブルの原因になるものはいろいろあるものだ。

ちょうど年末、この機会に自転車の虫ゴムぐらい
交換しておくといいかもしれませんねー






[PR]

by anbsakura | 2015-12-30 21:51 | BICYCLE
2015年 12月 11日
ママチャリはわずかな調整がいちいち面倒に出来ている。
ママチャリの内装3段。
変速の時にギアの入り方が甘くてスッと落ちない。

こういったワイヤー調整をする場合、
わざわざベルクランクカバーをドライバーで外して・・
10mmのスパナを用意し・・
アジャスターボルトを回して・・調整、
再度ベルクランクカバーをドライバーで止める。
工具が必要でこれだけ作業手順がある。


乗っている時に調整が出来ないのですよね~
恐らく…
一般ママチャリユーザーが自分で直しているとは考えにくい。
いちいち自転車屋に持っていくとも思えない。












[PR]

by anbsakura | 2015-12-11 22:05 | BICYCLE
2015年 11月 22日
ステム交換…
お酒の看板って昔は多かったと記憶があるが
今は少なくなっていますねー
a0034181_18111116.jpg

この写真を撮った後にトラブル発生。
ハンドルが緩んで回ってしまいます。
前に増し締めしたのに、また…

少し距離がありましたので
スピードもゆっくり、力をかけずに帰宅。
(空気入れのみで工具は携帯してなかった。)

原因は・・十中八九
イレギュラーな組み合わせのため。
ハンドル径とステムの内径が違うもので組んだことにある。
「自作シム」で噛ましてあったが、
これが理由であろう。

まぁ、普通なら起きないトラブルです。
こういうことやってはダメという結果です。

ということでステムを交換しました。
在庫は少々長いステムだけしかない。

サドルは後方まで目一杯下げてあるので、
数センチ前に移動させたらポジションが決まったみたい。
むしろ前より自然に乗れるかもしれない。

=========

看板の富久寳 酒蔵元を調べると廃業しているようです。
住所 京都市伏見区中町622の場所は
今は公園になっていました。




[PR]

by anbsakura | 2015-11-22 19:33 | BICYCLE
2015年 09月 12日
パンク修理と利根川と・・
ようやく晴れたのでサクッとジョブナのパンク修理・・
と行きたいところだが、そうは問屋が卸さない。
作業の中ほどでバルブの口金を落としてどこかにいっちゃった。。。
小さい部品だが無くなれば困ることになる。
ナットやネジ類を入れてあるタッパーの中に予備がなく、
他を探して古いのがなんとか一個見つかりました。

どうも自転車の分解作業やるとよく小物を落とします。
本来は落としても見つけやすい場所でやりたいのだが・・

さて、タイヤを外してみるとチューブが大分よれていました。
押し歩きの距離が長かったのが原因だろう。
バルブの辺りで三重のように重なっていました。
長い押し歩きはチューブに負荷がかかってしまう。
その重なっているバルブの近くに穴があいていたので、パンクでした。
しかしタイヤの裏を手で摩っても尖ったものは見つからず、
パンク理由はよくわからない。
チューブ交換は非常にメンドウなのでパッチを貼って終わらせよう。

しかしここでいつも作業手順で悩むことがある。

パッチ貼りの手順は、
水の中に入れてパンク場所を確認→手でその場所を押さえる→
周りをウェスで拭く→マジックで周囲を囲む→紙ヤスリをかける
という作業の中でマジックも消えて穴の位置を見失ってしまうんですよねー
そもそも油性マジックでもチューブが水に濡れているとよく着かないですよね。
あれ?何処だったけ・・ってなる。
本当は穴の空いているところを中心に正確にバッチを貼りたいのに
だいたいこの辺だったかなーってことになる。
まー今回もそうなんですよねー
これってもっと上手いやり方があるんだろうなぁ。

というような感じでパンク修理は終わった。

++++++++++++++

昼過ぎに利根川も水がいっぱいですよー
という話なのでジョブナで観に行く。
あー、確かに。河川敷にある設備が沈んでいる。
でも、すでに水の流れは静かなもの。
日差しもサンサンと照り、何かかえって穏やかな時間が流れている。
ただ取り残されている車が一台・・
タバコをくゆらせ眺めている人がいたりする。
自転車もそこそこ走っている。

この辺の堤防は台形の底辺が広いので、
まず決壊はないだろうなぁっておもう。

このあとやまやと地酒の店に行く。











[PR]

by anbsakura | 2015-09-12 21:33 | BICYCLE
2015年 07月 20日
ナットで止めないネジ
少し乗らなかったらジョブナのリアが、また空気抜けです。
ありゃ~、またパンク?
その前に虫ゴムかな…

で、調べたら虫ゴムでなくスーパーバルブ入れてあったわ!
忘れてました、なので虫ゴムじゃない。
しかしチューブを出して調べる前にもう一度空気を入れ直してみました。

数日経っても空気漏れ無し。

どうやら口金が振動で緩くなって空気が漏れたらしい。
調べる際に回すと抵抗なく動いたので、もしかしたらというカンが当たった。

+++++++++++

自転車ってネジの緩みっていうトラブルが意外と多いです。
でもそれは自分がメンテしているせいなんだろうなぁ。
後で外せなくなるような鬼のような締め方をしないから。
工場やショップではより強いトルクで締めているんだろうとおもう。
だから外せないくらい固いってことがある。

そして気づいたことがある。

自転車ってナットを使わずにボルトだけで固定する部分がかなりあるのだ。

この前に緩んだクランクのフィキシングボルトもそうです。
あるいはステムのハンドルを止める箇所もそうですし、アヘッドだとフォーク側も。
Vブレーキをフレームに固定するネジもそうです。
リアディレーラーを固定するのもネジ込むだけ。
さらにボトルケージもそうです。

反対にナット側だけのような止め方が
英式バルブの口金やペダルじゃないでしょうか。

つまり自転車ってフリーメンテナンスという機械じゃないってこと。
走ればいつか緩んでしまうことがあるわけですねー
いくらメンテナンスする人が経験豊かでも
100%完璧な組み立てができるという保証はない。

それにしても口金って、それほど注意して締めなかった。
反対に英式バルブは虫ゴムを切らないように
緩めて締めるという説明を聞いていたのが仇になった。
スーパーバルブはキッチリと締めるべし。






[PR]

by anbsakura | 2015-07-20 21:08 | BICYCLE
2015年 04月 19日
チェーンへのドーピング
自転車は様々な抵抗を抱えて走っている。
風の抵抗、路面の抵抗、坂の抵抗、ダイナモの抵抗、重量物を運ぶ抵抗etc…

その中のひとつにチェーンの抵抗もあるのだが
それほど大きなものでもないからか意識として気づかない。

ところが外装式チェーンに応急的にシリコンスプレーをかけると
チェーンが軽く回ることを実感でき、とても軽く感じる。
といってもシリコンスプレーだと一日で効果は消えてしまいますが
ドーピング効果はあります、
密閉式でないから常に外の空気に触れるので汚れの付着が早く
何時の間にか抵抗が増えているのですねぇー

チェーンの清掃などそれほど小まめにするものでないので
日常使用する自転車にはやはり外装式は不利なんだと感じました。
チェーンが錆びる以前に抵抗を増やしています。

そういう点でママチャリはフルカバーの自転車が絶対優位だと思える。
ジョブナは今でも抵抗感が前とさほど変わらない感じでよく回ります。
ママチャリはフルカバーによって車重が重くなるより
抵抗が減る利点の方が大きいとおもう。



++++++++++++

最近炭酸でハイボールを飲むようになって
これまでの三ツ矢サイダーのような炭酸飲料の砂糖が気になる。
砂糖が多くてウイスキーにはダメなんです。

いったいどれだけ砂糖が入っているのか・・
すごく入っている気がします。
それまで気にならないでいたことが気になり出します。

微糖コーヒーのような
微糖炭酸ソーダって有ってもいい商品だと思うのですけどねー
今のは甘すぎです。







[PR]

by anbsakura | 2015-04-19 20:30 | BICYCLE