タグ:自転車と統計 ( 60 ) タグの人気記事

2015年 04月 08日
ママチャリ輸入単価の推移
中国から輸入する自転車の単価が今年になりさらに上昇しています。
軽快車でも13,000円近くになっている。
10年頃の安い時の6,000円台と比べると2倍にもなっていますね。

値上がり
値上がり posted by (C)So

このグラフで面白いのは春に上昇して、秋にかけて値下がりしていますね。
毎年そういう傾向なので、今年も秋口から下がるかもしれない。
といってもこの価格上昇ほどの値上げはしていないので
小売価格が下がることはないでしょう。

最近の決算であさひは減益になっています。








[PR]

by anbsakura | 2015-04-08 21:54 | BICYCLE
2014年 12月 21日
いくらぐらいの自転車が売れてるのか?車種別の統計
自転車産業振興協会の調査による
国内100店舗をサンプルにした販売動向調査(PDF)

平成25年 自転車国内販売動向

1店舗で年間平均おおよそ200台を販売
予想よりも価格的に高い自転車が売れているんですねー
(ホーム車は2万円以下が約半分ですが)

ただしこれは大手スーパーやホームセンターではないからなのかもしれません。










[PR]

by anbsakura | 2014-12-21 22:32 | BICYCLE
2014年 03月 11日
埼玉自転車保有率の謎
日曜に大宮まで走った後で
いろいろな反省とかしてたが
考えると全く坂がない地形である。
ゆるやかな坂も無い。

新利根大橋を渡り野田から武里、岩槻、大宮まで
ずっとフラットな道でした。
埼玉は全国一平坦な県らしい。
そういうところはオランダのような?

で、それなら自転車はどうかというと
統計上では埼玉県は100人当たりの保有率で全国一となっている。

しかし…本当にそうなの?という疑問。
それにしては見かける自転車は少ない。
別に自転車が多いという感覚は走っていても全く感じなかった。
それに、自転車店って記憶だと一カ所しか見なかった気がする。
場所も県東部なのでそういう事情もあるのかもしれないが。

ということで実際はそんな数字はアテにできないのではないような…

とにかく平坦であるのは確かであるが
だからといって自転車で楽かというと
道路とかの影響でちっともそんな感覚は得なかった。
むしろ幹線道路で乗りにくいし風景もつまらないので気がまぎれない。
ということで平坦だけではオランダのような自転車王国にはならないのだ。






[PR]

by anbsakura | 2014-03-11 21:23 | BICYCLE
2013年 12月 21日
売上げ横ばい、割安な商品に流れる
円安になって10%から20%も自転車が値上がりしたが
その結果どうなったのか?

あさひの今年の決算報告から少し見えてくる。

既存店の売上げは横這いで落ち込みはなかった。
そのかわり値上げして高くなったモデルを敬遠して
ランクを下げて下のモデルを買うという結果になったようだ。

つまり支払う金額は据え置きっていうことですね。

これはだいたい予想してたなぁ・・
何故なら自転車に詳しいわけでないから
金額ベースで決めている人が大多数と考えられるからです。
先日書いた3万円のママチャリの話と関連するが
良質のものはさらに少なくなっていくようだ。

+++++++++++++++

情報は以下のソースから
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNZO6440360020122013000000/






[PR]

by anbsakura | 2013-12-21 20:06 | BICYCLE
2013年 03月 01日
シティーサイクル・折りたたみサイクル試買テスト
自転車振興会で行なったテストのpdfです。↓
平成21年度自転車試買テスト結果報告書

それほど意味があるとは思えない内容もあるように感じます。
リフレクターの緩みなどは組み立てた人による差であって品質の差とは違う。

それよりも11ページにある納品業者と製造業者の名前に興味を持った。
知らない名前がたくさん出てきますよ。
ママチャリって実にたくさんの会社から販売されているんだなぁ
って改めて感じる。

12ページ以降は各テスト車の試験結果。
ママチャリ選ぶ時におおよその参考になるかのかなぁ?
あまり参考になりませんね。
このテストだけでは・・・自転車の価値をほとんど評価できていない。
乗り心地とか走りやすさは全くといって頭に無いテストです。
[PR]

by anbsakura | 2013-03-01 21:10 | BICYCLE
2013年 01月 17日
ブリヂストンサイクル〜 GOOD DESIGN ヒストリー
ブリヂストンのサイトをみたら
ブリヂストンが過去からこれまでに受賞したグッドデザイン車の一覧がありました。

通産省のグッドデザインは申請すればほとんど通るものですが、
これを見るとブリヂストンサイクルのおおよその歴史を見ることができて
時代考証的にこういう変遷だったんだなぁって
ちょっと見ていると面白いかもしれませんヨ。

http://www.bscycle.co.jp/design/archive/index.html
[PR]

by anbsakura | 2013-01-17 21:27 | BICYCLE
2013年 01月 05日
中国のスポーツバイク 喜徳盛
以前より時々中国の自転車事情をネットから捜して
ここで紹介していますが今回も、

中国のスポーツ自転車はほぼ3大メーカーによって市場が占有されているらしい。
誰でも知っているGIANTとメリダ、そうしてもう一社は?
これが日本ではほとんど無名の喜徳盛という中国国内メーカー。
車体のロゴはXDSと表記された自転車です。

喜徳盛のHP、山地車の項

その他にロードレーサーもトレッキング(旅行)車もあり
特に旅行車については日本では売れないけど魅力的です。
(ブレーキがディスクでキャリアが前後についている仕様)

喜徳盛という会社も中々しっかりした会社のようです。
ジャイアントに負けず劣らず社員の待遇がいいようです。

最近の中国自転車事情に関する資料の中に喜徳盛についても書かれています。PDF形式
2011 中国自転車・電動自転車産業概況

中国の場合、富裕層も多いことから高級自転車店も出没するようになってきたみたいです。

その他、
北京の自転車事情について

+++++++++++

50万アクセス、アリガトウゴザイマシタ
a0034181_18231887.jpg


[PR]

by anbsakura | 2013-01-05 20:26 | BICYCLE
2012年 11月 26日
おばちゃん乗り観察調査
誰でもちょっとは何でだろうと思っている疑問、
片足をペダルに乗せて助走しながらサドルに座る女性独特の乗り方。
なぜこういう乗り方を身につけたのだろうか?
この割合をわざわざチェックしてみた人の記事


自転車のおばちゃん乗り東西比較調査


関西でも関東でも割合については大きく違わなかったようである。

なぜ、そういうスタイルなのかは観察を通して見ていくうちに
自転車に対する考え方で乗り方が変わってくるのでは?
と著者は仮説を立てている。
[PR]

by anbsakura | 2012-11-26 21:33 | BICYCLE
2012年 10月 11日
自転車保有台数の根拠は?
ふと、自転車保有台数の統計の調査方法は?
って疑問になった。
統計は日本自転車産業振興協会が出した資料を根拠に
いろいろな報告書やメディアで引用されるのだが、

しかし・・・
登録も抹消もわからないのにどうやって調べたのでしょう。
最初の販売台数の統計っていうのも
実際はメーカーからの出荷台数もわかっていないわけで
全くの推計なんですよ。
業界自体でさえ他の会社の数字を知らないんですから…

a0034181_23233247.jpg



実際おいらの自転車の台数は誰も知らない。
いつ増えたか減ったのかもどこに書類を出すわけでもない。
まったく不確実な推定数字である。

※この統計平成20年以降出してないで終了してます。

+++++++++

ということは
スポーツ自転車の台数だって
相当に誤差がありそうです。
あまり統計を信用しても合っていないんじゃないかと思える。
[PR]

by anbsakura | 2012-10-11 23:26 | BICYCLE
2012年 06月 11日
ジャイアントの戦略
中国での自転車ブームについてだが
ここでもジャイアントは絡んでいるのだ。
ジャイアントが中国に進出した場所は昆山というところだが
華南の深センではなくて上海の近くに工場を建てているのだ。
これは輸出するだけでなくて中国市場でも売る為であったと先日の本にも書いてある。
そして実際に一番売っているのが中国大陸なんですね。

その「ジャイアント〜マーケティング戦略の分析」なる表題の資料がネットにあった。
簡単だが要点がまとまっているのでジャイアントの考え方を知る参考になるはずです。
※HPは南台科技大学:拡張子はppt、少し待つが開きます。
http://eshare.stut.edu.tw/EshareFile/2010_5/2010_5_c20ba254.ppt

+++++++++

この資料は2008年までのものだが
その中の資料のひとつを抜き出すと

台湾で生産される自転車はほとんどが輸出向けであり、
2008年は生産量650万台の内、
輸出が540万台、83%を占めた。
輸出先は欧州(361万台)
米国(72万台)
日本(24万台)
の順となっている。

これを見ると欧州でのジャイアントの存在感はすごく大きいのですね。
台湾全体の数字をジャイアント一社と読み違えました。
[PR]

by anbsakura | 2012-06-11 23:08