タグ:自転車と食 ( 39 ) タグの人気記事

2015年 10月 27日
ダイエットと自転車の関係は?
体重が76kg台に入った。
おそらく10kgは減量したようだ。
5月から始めたので約半年ですねー

最初はかなり食事を抑えていたけれど
最近はそれほどでもなくお腹がすくようなことはしません。
ただ食べ過ぎないように意識は常に考えてますけどね。

しかしやはり食事量を考えていても
それでも思ったように減量するわけでもないです。
ちょっと多く食べてしまえば0.3kgは増えます。
そのままにすると次の日も0.2kgぐらいまた増える。

++++++++++

そういった時は自転車に少し乗るといい。
少しといっても20分ぐらいじゃほとんど効果ない。
やはり1〜2時間(実動)ぐらい乗ると次の日は少し減量の効果があるようだ。
0.3〜0.4kgぐらいは減っていたりする。
そういうことでリバウンドで増えていかないような意味で、
自転車も役に立っているわけですねー
別に運動なら何でもいいんでしょうが、
自転車は手軽にできることがメリットといえる。

ダイエットの基本はあくまでも食事の量であり、
自転車は痩せることよりも体重を増やさない抑制装置になっていそうです。







[PR]

by anbsakura | 2015-10-27 20:36 | BICYCLE
2015年 06月 27日
携帯補給食が自作できるらしい
昨日は自転車の補給食として羊羹を取り上げたけれど
他にも携帯用の補給食として市販されているものがいくつかある。
自転車ショップで扱うものはかなり高いので
ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどでどれくらいあるかー
ちょっと覗いて調べた。

スーパーではあまり扱っていないようで積極的な展開ではないようだ。
コンビニも見たところでは目立たない場所にあって種類も少ない。
やはりドラッグストア系が安いし種類もあるようです。
価格は100円(消費税抜き)ほどで買える。
これで200kcal弱あるが安いかどうかは考え方しだい。

写真の1本満足バーがバサバサしていなくて食べやすいらしい。

満足バー
満足バー posted by (C)So

++++++++++

実はこれを調べていたら
自作でシリアルバーが作れるということがわかった。
グラノーラとマシュマロがあれば作れるらしい。
他にもナッツ類やドライフルーツ、チョコレートを入れてもいい。

これはちょっと試してみたくなりました。
検索すれば出てくるはずです。

そのうち作ってみたい。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-27 22:31 | BICYCLE
2015年 06月 26日
自転車補給の栄養学
体組計で測っているうちに
ひとつの事がわかってきた。

それは炭水化物のカロリー取りすぎもあっただろうだろうが、
それよりも脂質の高い食品をわざわざ!選んでいたところがあったようだ。
たとえば豆腐でも厚揚げが好きだったり…
このため体内脂肪がどんどん蓄積されていたところがある。
食べる量も重要だが、どんな食べ物を多く食べていたのかも関係しているのだ。

++++++++++++

自転車で出かける目的のひとつに飯(めし)ポタ・ツーリングというのがある。

しかしそれが腹一杯食べるような食事処はマズいのだと分ってくる。
何故なら食べた後は体内では食物の消化活動を必死にやっている、
ですから本当は食べた後はゆっくりと安静にしていた方がいいわけ。
それを帰路も自転車を漕いで運動するのは良くないだろう。
ほとんどのスポーツは途中で食事をすることなく終了するのもそのためだ。

目的地が大盛りを売り物にする店とか
トンカツや焼肉などの油物を食べる店とかは、
おそらくふさわしくない食事だとおもわれる。
ハンガーノックをしないためにも食いだめする
という考えでいたら間違うのだ。

でもあまりそこまで考えてないですよねー

そこで、途中で小まめに補給食なのだ。
どうもブルべをやっている人たちはそこをよく考えているようです。
1時間に1回ぐらいづつ200kcal程度の軽い補給をする。


そこで補給食によく引き合いに出てくる羊羹
その中身はとてもエネルギーに変換しやすいのですね~
炭水化物が主な栄養素。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/okasi/yokan.html

それと対比させてみたのがアイスクリーム。
これから夏にはよく食べるでしょう。
自転車のブログにも写真がよく載せてあります。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/nyuuseihin/aisu.html

そうすると栄養素がまったく違いますねー
こちらは脂質が多い食べ物。
同じ甘い物でも自転車の時は羊羹の方が良いみたいです。






[PR]

by anbsakura | 2015-06-26 21:34 | BICYCLE
2015年 06月 22日
体組成計を購入した
古ーい、アナログのヘルスメーターから
何かいろいろ測れるという体組成計というのを買ってみました。
今まで高いと思っていましたが意外に安いのもあるようで…
何件か周ってタニタの型落ちしたのが安いので、コレにしました。
裏ラベルを見たら日本製でした。

a0034181_17562716.jpg
なるべく数字は考えない、そうしていましたが
ここら辺で進捗状況を知りたいということもあるし、
この先の目安もつけないというのもありました。

しかし・・結果は甘くなかった。
まだまだでした、体重は考えていたほど落ちていなかった。
これからもビシッといかないとなぁ~

++++++++++

この体組成計ってオムロンかタニタが取り合えず一流メーカー品らしいが、
高いのはメチャ高いけれど安いのも探せば売っているみたい。
デンキ屋には高いのが陳列されているから高いと思っているなら
そうでもないです。

これ、自転車の商品としても価値があるんじゃないかな
というのもフィットネスバイクの関連商品として考えてもいいとおもう。
下手な自転車アクセサリー買うならこっちでしょう。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-22 20:35 | 飲む、食べる。
2015年 06月 09日
横からお腹を見ると・・orz
自分の場合少し身長があるせいで手足が太ってみえないことが
かえってそれほど太っていない錯覚になっていました。
しかしダイエットの見本写真のように正面からでなく横向きで身体を鏡で見たら
樽型の体型になっていて些か自己嫌悪になってしまった。
それほどじっくりと身体を観察していなかったせいでここまで出ていたとは・・

ナルホド、横から見ると完全に肥満でした。
これじゃ機敏に動けません。

というわけで毎朝起きるとお腹を横にして鏡を見て確認しているのだが
ようやくというか、1月にしてはかなりフラットになってきた。
それも明らかに10日前よりも膨れ方が小さくなっている。
脂肪のカロリーは多いということで前途多難と感じていたが
意外と順調に来ているようです。

+++++++++++

ものぐさな自分には摂食という方法が一番楽な方法のようにおもう。
例えば毎日早朝にトレーニングなんて絶対に無理なことですから。

そういうわけでもしも自転車で痩せようなんていうのは
通勤で使うなど強制的条件が揃っていないと難しい。

自転車はあくまでサブの道具として利用する。
1週間に1回でもいい。
そうなるとけっこう速く走れる自転車に乗った方が面白いだろう。
フィットネス・バイクはそういう自転車が向いていそうだ。







[PR]

by anbsakura | 2015-06-09 20:43 | 飲む、食べる。
2015年 06月 05日
新陳代謝と冷たいもの
食事制限をやり出してから一ヶ月ほどの間
少ない量でもほとんど空腹感がなかったけれど
ついこの間から空腹感を感じるようになってきました。

これは体内ストックが少なくなってきたからだろうか

ここでさらに空腹感を我慢すべきなのか?だが
ムリに体内欲求を抑えるのはかえってよくないと考える。
急激に痩せるというのは身体に無理がかかってくるように思える。

ここで第二段階に入ってくるのだろうなぁ

これまで食事制限で減らしていたもの
お米は1/3
パンは1/2
お肉は1/4
揚物も1/5
炭酸飲料、ゼロ
お菓子類、1/10
コーヒー、1/2
ウイスキー、少々

増えたもの
水分
野菜、サラダ、
スープ類
レモン水

これを継続するのではなくて
いろいろバリエーションを加えていくのがいいとおもう。
カロリーに気をつけていけば体重は増えないはずです。

カレーとか辛いものは刺激になって食欲をそそります。
しかし発汗作用のあるものも良いのではと考える。
食べてる間に身体が熱くなってくるのは好いものだとおもう。

反対に最近気になるのは冷たいもの。
中国人は冷たいのは身体に悪いといって食べないそうです。
日本では冷蔵庫が普及して冷たい食べ物が急激に増えた。
これは確かにそうかもしれないという気が…
夏の暑い夜にビールとか冷たいものガンガンと飲む
これが新陳代謝を悪くさせていないだろうか。









[PR]

by anbsakura | 2015-06-05 20:42 | 飲む、食べる。
2015年 05月 24日
ドライゼロ4杯、カロリーゼロ
2日続けて自転車に乗る。
昨日は布佐まで往復、今日は柏のニッカ工場まで往復。

数年ぶりの布佐までの道は意外とロードが走っていた。
知っていれば走りやすい道だから、そこそこ増えたのだろう。

ニッカ工場までは裏道ルートをGoogleMAPで探して走ってみた。
手賀沼近くの船取線の危険なところを迂回して通らずして行けた。

ニッカ柏工場は今日が感謝デーで初めて工場内に入ってみた。
a0034181_1922529.jpg
a0034181_1924131.jpg
a0034181_193080.jpg
a0034181_1931127.jpg
柏工場はニッカウイスキーの瓶詰めをすべてここでやっているそうだ。
しかし少し前のドラマに結びつけたウイスキーに関連するものは全く無かった。
もう少し考えてよね~、惰性のイベントだな。。

試飲はニッカ製品でなく、なぜかアサヒビールの宣伝になっているw
ドライゼロが何杯でも飲めました。
これはアルコールゼロなので近年こういう傾向になっているのだろう。

ドライゼロ、意外に飲める味です。
外で飲むからなのか、新鮮だからなのか
イヤミもなくて4杯もいただきましたー
でもカロリーもゼロと聞いているので、0+0+0+0=0ですよね~w
ダイエット中には嬉しい、よかった(悦
でも4杯のんだら何故か酔ってきました。
アルコールゼロなんですが…










[PR]

by anbsakura | 2015-05-24 20:00 | BICYCLE
2014年 05月 13日
似たような問題
日曜日にミニベロで酒量販店の◯まやまで行ってみる。
この店が近くにあるのはウイスキーを飲み始めてから気づいた。
それまでビールぐらいしか買っていないですから…
ウイスキーなどはスーパーやDSではあまり置いてない
それにやや高いのですね、気づくと。

では何故高いのかというと…
ビールや発泡酒などの売れ筋は安くして利益が少ない。
だからそれ以外はあまり安く売らない…という構造になってるらしい。

その余波は小売店を廃業にさせていくわけです。
一番売れているビールや甲類焼酎などが安売りされると
いわゆる地酒などの銘酒を売っていても全体の利益が下がって
経営ができなくなってしまうのですねー

++++++++

これは自転車業界の事情と同じなのですね。

安いママチャリを大量に売られると
小売店は高級車だけ売っていても儲からなくなる。
やっぱりママチャリが下支えするわけですよ。

そうなると問題は豊富な知識を持っている店主がいなくなっていくと
消費者は選ぶときには自分で考えて選ばないといけなくなる。
それは正しい選択を得るのが難しくなってしまうのです。
分からないことを聞く相手がいなくなるのです。
(自分もGoogle先生に教えてもらうことが多い)

それは文化の劣化につながっているんでしょうね。
何もわからず適当に選ぶようになっている。
ゆえに安いのでいいからという悪循環になっていく。





[PR]

by anbsakura | 2014-05-13 21:00
2013年 07月 30日
ボトルクーラーをカゴに載せてみた
2日ほど空いたが一応使用してのレポを書かないとなー

まず図体が大きい、カゴの容積に対して大きすぎると他のが入らなくなる。
色はちょうど新しいグリップとコーディネートしたみたいになって合っている。

a0034181_20212771.jpg


冷蔵庫で冷やした(冷凍ではない)ペットボトルと
冷凍庫に入れてあった保冷剤をイン。
2時間ほど外周りしてから飲んでみたが、
まだ冷えている。
ペットボトルそのままよりずっと長持ちするが…

この後放置して忘れてしまったけど6時間ほどして飲むと
ほとんど保冷効果はなくなっているようだ。

実験データーとしては一回だけではよくわからないが
保冷効果は簡易クーラーとして考えると★★★☆☆ぐらいかなぁ。
予想を超えるものでもないようだ。
お水とかお茶ならいいけど炭酸とかだと温くなると飲めないのは残念。

あと、
これは外で補充しようとすると冷えた保冷剤が無いので役立たずになってしまいます。
そうすると一日使えるものではないのです。
用途としては限定されたものになるだろう。
[PR]

by anbsakura | 2013-07-30 21:39 | BICYCLE
2013年 07月 27日
カゴ付き自転車用の水筒を買ってみた
1.5リットルペットボトルのクーラー、
大きな図体しているのに安いから、つい買ってしまいました。(¥299)
考えたのは、ボトルケージのないママチャリのカゴに入れておくのにイイかもしれないと。

a0034181_19533076.jpg


大きいのに軽くできてます、それでも測ると620gあるんだ…
でもステンレスボトルは本体だけでもっと重いから
自転車のカゴに載せても負担が少なくなるはず。

内側はどうなっているか?実に簡易的な発砲スチロール!
それから下の方に保冷剤を入れるスペースができてます。
安いのも納得の作りですが、
鮮魚などの業務用でも発砲スチロールですからねー

a0034181_19541188.jpg



しかし考えてみるに日本の夏の気候の特質からすると、
あの自転車のボトルケージとボトルは対応できてない。
日本の夏の暑さは温度以上に暑いといわれ、日陰でも熱い。
猛暑日なら1.5リットルぐらい準備して出ないと熱中症になる。
だからヨーロッパなどと違う考えでないといけないはず。
こういった点を疑問視しないところが相変わらずだ。

水分補給においてコンビニとか自販機があるのは救いであるが
これは、たまたまそういった販売形態が存在してただけ。
しかし3回も利用すれば余計なお金の出費になるとおもう。
それにサイクリング道って案外何もない道である。
[PR]

by anbsakura | 2013-07-27 21:45 | BICYCLE