人気ブログランキング |
2011年 05月 08日
シマノ過渡期の珍しいBBを外す
危なかったです。
外れないかもしれないと思ったことは二度ほどありました。
見たことがない構造なんで取り外しを考えてしまいました。

カンタンに言うと
カップ&コーン型+オクタリンクのシャフト構造になっていて
右クランクは2ピース構造、左のクランクと同じクランクにギア板となっています。

オクタリンクのクランクはコッタレス抜きで問題なく取れたのだが
BBがややっこしい!
普通のカップ&コーンタイプとはかなり違います。
まず左側のシャフトのネジを外さないとBBの左ワンも回らないのがわかった。
そのシャフトに付いたナットサイズが22と特殊で
ハブ調整と同じように2つのナットを使って固定してある。
外側はモンキーで掴めるが内側が問題です。
スパナがありません、
・・・・長くなるので略・・・
結局、右のクランクをもう一度付け直してテコにして外側のナットを回すと外れました。

ようやく解決かとおもったら、今度は右ワンを外せない問題が発生…
外側はネジ山だけで引っかけたりして回すことができません。
よく見ると中側がギザギザに切ってあるので
ここに工具を入れて回すのだろうというのが解った。
似たような径のスプロケット抜きがあったので、
これを入れて見たけど当然違うので合わない。
これは困ったなーって、
この工具がある専門店で外すしかないかとおもいました。

シリコングリスを吹いてしばし考えていました。
とりあえずタオルを巻いて上から可変プライヤーで時計まわりにまわしました。
最初滑ったのでもう一回…と、
するとスルッと回ったような気がしてタオルをどかして手で回してみる。
動きました!
ラッキーなことに固着していないので手で回して取れましたよ。

+++++++++

当然今までグリスアップはしていないので、
シャフトはグリグリ状態でした。
このBBはメンテナンス性を考えると最悪ですねー
自転車店でも知っていないと直せないかもです。

カップ&コーン型との互換性もありませんので一部を使うこともできません。

ようやくカセットBBを入れて
スギノのXDクランクを装着できるようになりましたョ…

by anbsakura | 2011-05-08 21:39 | BICYCLE


<< 余っていたステンレスカゴの嫁ぎ先      チェーンラインが若干ズレるかも >>