2006年 06月 06日
とまり木のように使えるITM製スピナッチバー
少し前のエントリーで、フラットバーにアシストバーを作ってみた。
グリップを持つ場所から内側を持つと風の抵抗も軽減して走りやすくなる。

さらにもうひとつ、フラットバーは手の位置が変えられないことが
ツーリングなど長距離の場合に辛くなるという問題である。
何かしら解決しないといけないテーマである。

そこでこういった観点からもフラットバーにアシストバーは必要と思えてきた。
少し前のロードにスピナッチというのが流行ったらしい。
らしい‥というのは、おいらはその関係は興味がなかったから知らないのだが、
このスピナッチに大いに興味を持って調べていた。
a0034181_22135671.jpg

写真ではこんな感じで(web内から借ります)、
ドロップの前に付けるのが標準のようだ。
少し前を上げてDHバーのような使い方をする。
これがレギュレーションでレースでは禁止ということになって、使われなくなった。

しかしレースに使えなくたって、普段のツーリングになら使って問題ないわけである。
おいらはロードのドロップよりフラットハンドルにこそ有用ではとおもった。
ところがそういった経緯があったので今は作られていない。
ほとんど中古とかデッドストック品を手に入れるしかない。
‥‥で、捜しましたが、何とか安いのをヤフオクで採りました。
a0034181_22153460.jpg

それで‥こんな感じで付けました。
カッコは‥まあ慣れもあるでしょうが‥実際は写真よりは小さく見えます。
走り出すとこれまでと違う圧迫感があります。
ハンドル周りが重たくなったようなイメージですが、でも実際は軽いので関係なし。
この位置になっているのは、このフレームが大きすぎるためです。
Lサイズで185cmぐらいの人が大きいからといって手放したフレーム。
逆に小さいフレームなら前に出せばいいだけです。

少し走った感想では、リラックスして走れました。
直線路はこのバーに手を添えて走ればいい。
ちょっと幅が狭いので若干神経は使うが、
長距離はこれがあるだけでとても楽だとおもうな。


ところでこのタイプをチネリはスピナッチと呼んでいたが、
他のメーカーも似たようなのを作った。
その名称の中でもっとも、このバーにふさわしい名前が
日東ハンドルがつけた「とまり木」
その他には3tが「ティラミス」、ITMは「フークス?」
おいらのはメジャーなスピナッチでなく、ITMのものです。
a0034181_22385998.jpg

*ロンドンタクシー
[PR]

by anbsakura | 2006-06-06 22:28 | BICYCLE


<< フラットハンドルって乗りやすい...      雨の中を走る自転車を考える_9 >>