2008年 01月 14日
名もなき自転車デザイナー_2
この続きを書くに当って思い当たる自転車を書こうとしたら・・
いつの間にか販売終了していたんですね。

a0034181_2311169.jpg

その自転車は自動車ブランドのローバー
かつて正体不明の自転車として書いたことがありますが、
終了理由というのが「MG ROVERNIPPONとの契約台数終了」とか。
しかしこれは表向きの説明でしょ
どう考えてもヒットしているブランドを止める理由として変です。
このまま継続していればまだ売れたのですから。
そういえば近くのホームセンターはローバーありませんでした。

この自転車ブランドはシボレーと並んでいわくがありますが、
マトモなメーカー車よりも一般の人には外車としてカッコよく映ったようです。
つまりはパッケージングのデザインが上手かった。
確かに外国車ブランドというものを利用しているけれど、
外見が国産メーカーより洒落ているように見えたことが売れた要因。
単に安いだけではないとおもう。

a0034181_2314864.jpg

そういう意味ではパッケージングのグラフィックデザイナー氏は
いい仕事をしたといえるでしょうね。
同じような外車ブランドにジャガーとかありましたが
明らかにこちらの方がセンスが良い。
特にローバーは<それらしく>装わせた。

たぶん外注のデザイナー氏で
自転車関係の業界の人ではないでしょう。
自転車の中身には全くタッチしていない。
でもデザイナーとしての能力は高い人なんでしょうね。

ミヤタが「湘南自転車」という安易な発想のシリーズを出しているが
そんな社内デザイナーよりも
コチラのデザイナーを使えばもっと見栄えのいい自転車が出来るかもしれない。

a0034181_2321465.jpg

[PR]

by anbsakura | 2008-01-14 23:07 | BICYCLE


<< 自転車パーツって売上げの2割?      名もなき自転車デザイナー_1 >>