<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 10日
ボトルデザインから作り出すもの
ジョニーウォーカーの赤を開けてみました。
このウイスキーはその昔に今のように飲み慣れていない時に買って来て、
あまりに予想と違って美味くないのでダメ出ししたものだ。

今日はまだちょっとだけですが、結果は飲めた。

むしろブレンデットとして完成度が高いというか、
安いウイスキーの場合、最近は少し上のウイスキーと混ぜたりするけど、
これはこのままでも飲めますねー
かえって下手に混ぜない方がいいかも、です。

その前に開けたサントリーの白角はキツかったので、
色々と混ぜてしまって元からほど遠いものになっているのですけど…

店頭価格はジョニ赤は価格のバラツキが大きいのだが、
安い店なら白角とほぼ同じなんで、
(もう少し飲まないとわからないですが)
これならジョニ赤になりますねー

+++++++++++

ところでウイスキーは香りも味に与える影響が大きいですが、
もうひとつは瓶のデザインが与える影響力があると思う。

飲む時はボトルを目の前に置いて飲む方が趣が出る。

そのジョニ赤のボトルは目でみても洗練されています。
味もそんな感じがしますねー
スコッチの有名銘柄はだいたいボトルに凝っているが、
これは広告の宣伝では作れないコトが生まれてくる。
無名スコッチのボトルは丸瓶でラベルだけのデザインだけというのが多い。










by anbsakura | 2016-03-10 23:12 | 飲む、食べる。
2016年 03月 06日
ノンアルコールビールにウイスキーを足す実験。
単価75円(税抜き)、500ml、麦芽100%、原産国ドイツ、
というのが「業務スーパー」で売っていたから1本買ってみた。
注)業務スーパーとは特に業者向けでもなく神戸物産が展開する安売り店です。


※写真は画像検索でお借りしました。

本来ならノンアルコールはアルコールゼロなので酒税がかからないから、
第三のビールよりも安く売れるはずなのですが・・・
でも国内メーカーのノンアルコールビールは、
ほぼ第三のビールと同じ値段ですねー

このドイツから輸入したノンアルコールビールが安いのは
この価格で売れるということだとおもう。
さて、これなら国産ノンアルコールやホッピーよりも安いので
焼酎で割っても第三のビールよりも高くならない。

ただここは焼酎ではなく
同じ麦を原料とするウイスキーで割ってみたい。
ウイスキーはブラックニッカクリアにします。

++++++++++++

まず何も足さずに少し飲んでみる・・
うーん、後味が少しビールより強い味わいというか…
やはり何となく物足りないと感じますねー

そこで少しウイスキーを入れて飲んでみます。
はい、これは狙い通りですねー
クリアはウイスキーでもウイスキー独特の癖は無く
甲類焼酎よりも味わいがあるため、
ノンアルコールビールにより旨味が増しますよ。

ただちょっと500は量が多いなぁー
使うウイスキーの量に制限を設けて考えると薄い割り方になります。
やはり薄すぎるよりも濃い方が美味くなりますからねー

この缶を開けた時は泡が多いのですが、
置いておくとすぐに弱くなってしまうので
なるべく大きなジョッキに全部入れた方がいいみたい。

さて評価としては…
麦芽100%のビール500mlと比べれば半分くらいの値段で飲めて、
炭酸を買ってハイボールで飲むのと同じと考えたら、
これは悪くはないのでは。
★★★☆☆












by anbsakura | 2016-03-06 22:22 | 飲む、食べる。
2016年 03月 05日
道の偏差値
政治家をみればその国の民度がわかるとすれば

道路をみればその国民の知的レベルを現しているのかもしれない。

写真はつくば市郊外で新しく造っている道です。
a0034181_17403634.jpg









by anbsakura | 2016-03-05 22:21 | BICYCLE
2016年 03月 03日
カタログに無いハンドルバーを調べてみた
主に画像検索でハンドルの型番を調べてみたものです。
調べればまだ出てきますが、とりあえず4タイプあげてみます。
いずれのハンドルバーも幅広のものとなるため、
元々小さめサイズのママチャリだと、どーかなぁ?って危惧はあります。
現物合わせしないと似合わない可能性があります。
ママチャリはハンドルバーにしても女性に合わせたサイズなんですよ・・

したがって男性に似合うような自転車にするには
このくらいのハンドルバーから合わせて全体設計すれば、
ゆったり乗れる自転車となるはず。


++++++++++++

NITTO B2522
街乗りバイク用プロムナードバー。
ハンドル幅570mm、ライズ(高さ)はゼロになるため少々前傾姿勢となる。
前に積載物を載せても安定するのでカゴ付きにピッタリ合う。
ただしクランプ径が26.0mmなのはママチャリの標準ステムでは合わないですねー

B2522
B2522 posted by (C)So

P-b2522
P-b2522 posted by (C)So


NTTO B352 アルバトロス
コミューターバイクなどの自転車に。
ハンドル幅は550mm、これもかなり広めのハンドルバー
ブラック仕様もあり。

B352
B352 posted by (C)So

N-B352
N-B352 posted by (C)So


NITTO B354
BLUE LUG(shop)依頼の別注ハンドルb354 heron bar(ヘロンバー)。
ハンドル幅は630mm

B354
B354 posted by (C)So


NTTO B356 M's Bar
素材(クロモリ)
上から見るとハンドルがMに見えるためM's。

B356
B356 posted by (C)So

詳しくは型番をGoogleで検索すれば
もう少しわかると思います。











by anbsakura | 2016-03-03 22:17 | BICYCLE
2016年 03月 02日
カタログに無いハンドルバー
前々回にママチャリのハンドルバーについて書いたあと、
偶然、ネットで中古のニットーのハンドルバーが出ていたので買ってみました。

自分が所有しているニットーのハンドルバー。
左から今回買ったB302のノースロード。
次がプロムナードのB603
そしてオールランダーのB206
同じくオールランダーでMTB向けにもなる少し幅広のB245。

※ジョブナやビアンキのハンドルバーはステンレスのもので、
おそらくニットー製ではない。
a0034181_17401390.jpg

ニットーハンドルのハンドルバーは
地味ながら実は定番ハンドルとして長い伝統があるんですよねー

で、これまで気づかなかったのですが
日東ハンドルのカタログに記載されているのは一部だってことです。
というのも輸出用とか特注品もあったんです。
(自分の持っているハンドルバーは4つともカタログに載っているもの。)

どうりで売っていないと思うわけです。

海外向けは少し大柄のハンドルバーになってくるのです。
自分が欲しいな、って思っていたハンドルバーも実は作っていたんですねー

では、なぜ国内で売らないかといえば
おそらく販売店からの需要が無い、
注文が来ないからだと思うんですねー

スポーツバイクショップの多くは、
こういうハンドルバーに興味が無いのです。
当地域の千葉東葛や茨城南部でも、
知っている限りこういった趣味のサイクルショップが無い。

都内ではあると思うんですが
それでも少ないはずです。
で、そういうショップにはあるんですねー


どんなハンドルバーなのか、
次回に更新します。











by anbsakura | 2016-03-02 20:49 | BICYCLE